コスパが高いフルサイズミラーレスカメラが欲しい方へ!SONY Eマウントで幸せにならん?

しぶ 花子
しぶ 花子

フルサイズカメラ使ってみたいけど高いな〜。

渋たか 太郎
渋たか 太郎

Eマウントであれば、APS-Cに毛が生えたくらいの価格でフルサイズ生活を始められるよ!

フルサイズミラーレスカメラは長らくSONYの一強状態が続いていて、最近は他メーカーにもかなりの選択肢が出てきてメーカーの勢力が拮抗してきましたが、今後も価格 : 画質のコスパがいいフルサイズミラーレスカメラが欲しいのであればSONY Eマウントのカメラ一択です。

その理由を解説していきます。

SONYのフルサイズカメラが今の地位を築いた理由

2008年10月にPanasonicから世界初のミラーレスカメラDMC-G1が発売された。

ミラーレスとは一眼レフに搭載されているミラーを省きコンパクト化されたカメラのこと。
一眼レフとミラーレスの違いについては↓の記事で解説しています。

一眼レフカメラとミラーレスカメラの違い。これからはミラーレスカメラが主流に。
一眼レフとミラーレスって何がちがうの??  一眼レフカメラ   ⇨  ミラーあり  ミラーレスカメラ  ⇨  ミラーなし  ※一眼レフの「レフ」は、英語で反射を意味するレフレックスを略した言葉です。 具体的に解説します。 ...

DMC-G1はマイクロフォーサーズというフルサイズより小さいセンサーを搭載していたのもあって、それまでの一眼レフのサイズでは考えられないサイズであった。
翌年オリンパスからもマイクロフォーサーズセンサーのミラーレスカメラが登場した。

2010年あたりになるとその他大手カメラメーカーが次々と参入。

投入されたカメラはAPS-Cのカメラばかりであったが、2013年10月にSONYからついに世界初フルサイズミラーレスa7が発売されました

ボディが500gを切っていて衝撃的なサイズにフルサイズセンサーが搭載され業界に衝撃が走った。

CANONやNIKONはそんなSONYを横目に従来通り一眼レフをメインに作り続けていましたが、SONYは早くからサードパーティメーカーのレンズ販売を公認し、フルサイズミラーレスの市場で独占して勢力を伸ばし続けていた。

それを見ていた他社メーカー。SONYの独走を止めるべく

2018年9月28日ついにNIKONからフルサイズミラーレスZ7が発売され

2018年10月25日にはCANONからEOS R

2019年3月23日にはPANASONICからDC-S1が発売されました。

渋たか
渋たか

時、既に遅し

 

5年も先行していたSONYは当時既に
動画に特化したa7Sii
オールマイティのa7iii
写真に特化した高画素a7Riii
連写やAFに特化したa9を発売していた。

特にa7iiiは20万円ほどで、最新AFとセンサーを搭載していたんですから、圧倒的でしたね。

2021年現在はCANONがR6.R5.R3と発売し猛追していて追い越そうかという勢い。
NIKONもZ9が発表され圧倒的性能を誇っている。

ですからSONY一強という時代は間違いなく終わりかけてはいるのですが・・・。

各社スタンダードモデル

コスパが優秀な各社スタンダードモデルを並べてみる。
結論を言いますと、どれも一長一短で、ボディ価格だけで見るとそこまでコスパの差は開きません。
強いていうならば、やはりa7iiiがバランスがいいか。

    a7iii(SONY)S5(Panasonic)Z6(NIKON)EOS R(CANON)
有効画素数2420万画素2420万画素2450万画素3030万画素
AF測距点693点像面位相差,425点空間認識AF空間認識(コントラスト)AF225点像面位相差&空間認識273点最大143分割
カードスロットダブルスロット1.UHS-I/II 2.UHS-Iダブルスロット1.UHS-I/II 2.UHS-Iシングルスロット、XQDカードシングルスロットUHS-II
連写最高約10コマ/秒AF-S約7コマ/秒 AF-C約5コマ/秒約5.5コマ/秒・最大約12コマ/秒(拡張)AF-S8コマ/秒.AF-C5.5コマ/秒
重量565g. 650g(総重量)630g.714g(総重量)585g.675g(総重量)580g.660g(総重量)
EVF236万ドット約236万ドット369万ドット369万ドット
モニターチルト3.0型 / 約92万ドットバリアングル3.0型/184万ドットチルト3.2型/210万ドットバリアングル3.15型/210万ドット
シャッター1/8000-30秒メカ1/8,000~60秒 電子先幕:1/2,000秒〜60秒1/8000~30秒1/8000~30秒
手振れ補正5.0段5.0段(Dual I.Sレンズ使用で6.5段)5段
動画4k30p (1.2倍クロップ)4k60p(1.5倍クロップ).FHD120p4k30p FHD120P4k30p(1.7倍クロップ)
シャッター耐久20万回不明20万回20万回
シグマ、タムロンの参入○(シグマのみ)
価格(2021年12月)¥197,444¥205,466¥164000¥174800
a7iii

AF性能が高く、連写性能も高い。
モニター,ファインダーの解像度はイケてなく手振れ補正もおまけ程度の効き具合、グリップが小さい,操作性が悪い,などのデメリットはありますが
価格,AF,画質,連写が高次元でまとまっている
S5

唯一4K60pが撮れる。
動画性能はいいんだけども、AF性能と連写性能が微妙。
Z6

ボディ性能はあらゆる点で優秀で、際立ったデメリットはないがAFの測距点の数が心許ない。
実際にAF-Cの性能がイマイチ。
EOS R

他の3社はほぼ同じセンサー性能ですが、EOS Rに搭載されているセンサーは、ダイナミックレンジや高感度耐性が少し劣る模様。
AFの測距点が多く、モニター,ファインダーはいいんだけども、AF-Sでしか瞳AFが使えなかったり、連写が遅かったり、手振れ補正がなかったり、4k1.7倍クロップだったりデメリットも目立つ。

このように、全てにおいて完璧なカメラはないんです。

これらよりも安いフルサイズミラーレスカメラはあります。

 a7(SONY)α7 II(SONY)EOS RP(CANON)Z5(NIKON)
新品価格(2021/11/30)なし¥128,520¥106,800¥135,556
中古参考価格(2021/11/30) ¥50,000 ¥79,000¥90,000 ¥130,900
Amazon
楽天
Yahoo
Amazon
楽天
Yahoo
Amazon
楽天
Yahoo
Amazon
楽天
Yahoo
しかし、メーカーによって極端に価格は変わりませんよね。

そこで、Eマウントの圧倒的レンズの選択肢、高性能レンズのコスパが光ることになります。

SONY Eマウントの圧倒的コスパの秘密はレンズにあり

標準レンズを比べてみましょうか。
黄=大三元ズーム(F2.8) 緑=高倍率ズーム
青=小三元ズーム(F4.0) 桃=軽量ズーム

 最安価格(2021/11/30)メーカーマウント
RF24-105mm F4¥138,105
CANON

CANON RFマウント
RF24-70mm F2.8 L IS USM¥272,250
RF24-240mm F4-6.3¥118,800
RF24-105mm F4-7.1¥56,000
RF28-70mm F2¥374,220
NIKKOR Z 24-70mm f/4 S¥104,800NIKONNIKON Zマウント
NIKKOR Z 24-50mm f/4-6.3¥46,980
NIKKOR Z 24-120mm f/4 S¥125,478
NIKKOR Z 24-70mm f/2.8 S¥260,884
FE 28-60mm F4-5.6¥42,800

SONY







SONY Eマウント
Vario-Tessar T* FE 24-70mm F4¥97,060
FE 24-105mm F4 G¥134,708
FE 24-240mm F3.5-6.3¥113,263
FE 24-70mm F2.8 GM¥214,700
FE 28-70mm F3.5-5.6¥34,480
28-75mm F/2.8 Di III RXD¥75,466タムロン
28-75mm F/2.8 Di III VXD G2¥93,980
28-200mm F/2.8-5.6 Di III RXD¥68,000
28-70mm F2.8 DG DN¥79,998シグマ
24-70mm F2.8 DG DN¥106,753
24-70mm F2.8 DG DN¥110,097Panasonic Lマウント
LUMIX S PRO 24-70 mm F2.8¥266,500Panasonic
LUMIX S 20-60mm F3.5-5.6¥73,260
LUMIX S 24-105mm F4¥137,520
※価格は2021年12月5日時点での実売価格を参考にしました。
尺の関係で標準ズームだけ取り上げましたが、広角レンズ、望遠レンズ、単焦点レンズの全てのレンズがこのような状況にあります。

渋たか
渋たか

SONY Eマウントはレンズの選択肢が豊富にある上に安く抑えられる!!

高性能レンズである大三元ズーム(黄色)を見てください。

タムロンとシグマが異常なほどの安さです。

安ボディと大三元ズームを買うにあたりカメラメーカー別のコスト

CANON EOS RP + RF24-70mm F2.8 L IS USM
¥379050

NIKON Z5 + NIKKOR Z 24-70mm f/2.8 S
¥396440

SONY a7ii + FE 24-70mm F2.8 GM
¥342950

SONY a7ii + 28-75mm F/2.8 Di III RXD
¥203716

SONY a7ii + 28-75mm F/2.8 Di III VXD G2
¥222230

SONY a7ii + 28-70mm F2.8 DG DN
¥208248

SONY a7ii + 24-70mm F2.8 DG DN
¥235003

Pana DC-S5 + 24-70mm F2.8 DG DN
¥315563

Pana DC-S5 + LUMIX S PRO 24-70 mm F2.8
¥471966

こんな感じになり、圧倒的にSONY Eマウントの選択肢が多く、安く買いやすい。

SONYのコスパは現在もこれからもフルサイズミラーレス最強

ここまで見てきた通り、SONYを選択するメリットは、タムロンやシグマといった国内大手サードパーティメーカーのレンズを使用できることが一番大きい。

このタムロンとシグマといったレンズメーカーは非常に優秀で、同じくらいのスペックの純正レンズの半額ほどで買えてしまうというメリットがあります。

それでいて描写性能は純正レンズに匹敵する(レンズにもよるが大きく差はない。)

僕はこれまでサードパーティのレンズのレビュー記事を様々書いてますので↓にまとめます。

SONY フルサイズEマウント レンズレビュー記事一覧
単焦点ズーム比較記事
35mm F2.870-180mm F2.824-70mm F2.8 DG DN
14-24mm F2.8 DG DN
85mm F1.4 DG DN150-600mm F5-6.335mm F1.2 DG DN
35mm F1.4 DG DN
35mm F1.2 DG DN16-35mm F4 G105mm F2.8 DG DN
28-200mm F2.8-5.6
24-70mm F2.8 DG DN35mm F2.8
24-70mm F2.8 DG DN
14mm F1.8 GM
14-24mm F2.8 DG DN
24-200mm F4-6.3 VR Z
28-200mm F2.8-5.6
24-105 F4 G
28-200mm F2.8-5.6

高くてもいいから純正レンズを使いたい人にもレンズの選択肢がEマウントには豊富にある
純正レンズだけでも大三元レンズ、小三元レンズ、単焦点レンズ、大量に販売されている。

このマウントはありとあらゆる人でも満足できるような状態になっている。

そら売れる。

SONYのフルサイズミラーレスEマウントが売れているからこそ、タムロンやシグマがどんどん新レンズを投入するという好循環。

品質や写りも全く問題がない。
強いていうならタムロンは少し安っぽく海外生産です。↓

←はシグマ24-70mmF2.8
→はタムロン70-180mmF2.8

パナソニックのフルサイズ(Lマウント)はシグマのレンズは使えますが、パナのカメラはコントラストAFのため、シグマ製のレンズを使うと余計にAFが安定しなくなるそうです。静止物撮影では問題にならないですね。

サードパーティ製レンズを使ったときのデメリット

AF性能

AF性能はボディ側の性能にもよりますので一概には言えませんが、同じボディで純正レンズとサードパーティ製レンズを使用すると、確かに純正レンズの方がピントが合いやすい。特に暗所のAF-S性能。

AF-Sの時は何故かサードパーティ製を使うとフォーカス速度が遅くなります。(詳しくはこちらで比較しています。)

しかし、AF-Cであれば、特に最近のタムロンのVXDレンズであればフォーカス速度に大きく差は出ません。

連写性能の低下

a1
純正レンズ → 最高30コマ/秒
サードパーティ製 → 15コマ/秒

a9シリーズ
純正レンズ → 最高20コマ/秒
サードパーティ製 → 10コマ/秒 に制限されます!

サードパーティ製の購入を検討する層はa7iiiなどをお使いの方が比較的多いと思います。

a7シリーズもa7Rシリーズも、どのみち最高は10コマ/秒であるため、サードパーティでも問題がない。

アクティブ手ブレ補正の効きが悪い。

アクティブ手ブレ補正とは、

アクティブ手ブレ補正モードとは
SONYのa1 , a7siii , a7iv , FX3 , FX30にのみ搭載される動画撮影時限定の強力な手ブレ補正モード

設定で「手ブレ補正」を「アクティブ」にすることによって、人によってはジンバルがいらないレベルまで手ブレ補正が効きます。

アクティブ補正のデメリットもありまして、
サードパーティ製レンズでは効果を最大限に発揮できない
②静止画では使用できない
③約1.15倍クロップされるという点です。

サードパーティ製と純正レンズのアクティブ手ブレ補正比較
↓はシグマ14-24mm F2.8 DG DNとソニー14mm F1.8 GMのアクティブ手ブレ補正を撮り比べました。

これは14mmなのでまだ差がわかりづらい方です。

サードパーティの方がアクティブ手ブレ補正の効きが悪い原因は意図的にSONYが制限していると思われます。

三脚やジンバルを使用する方だったり、静止画しか撮らない方は影響はありません。

手持ちでVLOG撮影するという方にとっては、純正レンズをチョイスしたいところ。

純正小三元(F4)ズームレンズとサードパーティ大三元(F2.8)ズームはどちらの方がいいのか。

NIKON ZマウントやCANON RFマウントでコストを抑えたい場合は、F4のズームレンズやF1.8の単焦点レンズシリーズならまだお安く入手可能です。

例えば各社純正24-105mm F4と、シグマ24−70mmF2.8 DG DNだとほとんど価格は変わらない。

NIKON以外の各社24-105mmF4は手振れ補正を搭載しているので、サードパーティ開放F2.8のレンズをF4に絞った時手ブレ補正が搭載された24-105 F4で撮り比べるとなると、よりシャッタースピードを抑えられる24-105の方が高画質に撮れたり使い勝手がいい場面もあります。(ただし静止物に限る。)

しかし、そういった場合でも、ノイズ以外の解像感などはF2.8のレンズをF4に絞ったほうが高画質が得やすい。

開放2.8のレンズをF4に絞って撮った時開放F4のレンズをF4で撮った時は、開放F2.8のレンズをF4に絞った時の方が画質がいいです。
レンズの隅は光が通りにくいので開放で撮った時は、絞った時と比較して解像感が落ちたり周辺減光につながるからです。

もう一つ注意したい点は、F4のレンズはどうあがいてもF2.8の明るさもボケ感も得れない。
↓被写体の大きさを揃えてボケを比較してみました。

←スライドできます→
2.8の方は口径食の影響を受けますのでライトを中心に寄せています。(それでも若干形が変形しています)

ライトの玉ボケ部分を拡大しました。↓

←スライドできます→

確かに70mmF2.8と105mm F4はほとんど同じくらいのボケですが、105mmの方は背景が圧縮されますので別の表現です。

24-70mmの70mm側F2.8をAPS-Cクロップすると、105mm F4とほぼ同じ画になりますが、24-105mmで24-70mmF2.8の表現はどうあがいてもできません。

ボケというのは解像感などと違い、拡大しなくてもわかりやすい違いになります。

ただし僕は、F2.8レンズでも明るさとボケが足らない時があるので、ズームレンズはF値が高くてもズーム比を伸ばすという使い方はありだと思っています。本来ズームレンズは便利にすることが目的ですしね。

全てを満たすレンズはありませんので、自分がなにを優先するかで選択が決まってきます。

単焦点レンズもサードパーティ製レンズの方が安く高性能レンズを入手できますので、EマウントやLマウントをチョイスするのがおすすめになります。

Eマウントのマウント径小さすぎ問題


「SONY EマウントはAPS-C用の径だからフルサイズだとセンサーの隅がギリギリすぎて、光がしっかりと入るのか?」と思われる方もいらっしゃると思います。

 CANON RFNIKON ZPana LSONY E
マウント径54mm55mm51mm46mm

ニコンZマウントとSONY Eマウント

SONY Eマウント

NIKON Zマウント

Eマウントのレンズは根本のクビレがすごい

同じようなスペックのレンズですが、後ろ玉の径が全然ちがう

こう見ると、かなりEマウントは厳しいように見えます。

↑2つのレンズを実際に比較しましたが、光学性能はニコン24-200mmの圧勝でした。

タムロン28-200mmとニコン24-200mm VR Zを実写徹底比較. 光学性能はZの圧勝
みなさんこんにちは。 ・タムロン 28-200mm F/2.8-5.6 Di III RXD ・ニコン 24-200mm f/4-6.3 VR この2つを比較します。 タムロンは昔から高倍率ズームを作っているメーカーで、ニコンはZレ...

だがシグマとSONYからF1.2レンズが出ましたし、最近発売されたFE 70-200mm F2.8 GM OSS IIに関してはNIKON Z 70-200mm F2.8の隅の解像力を超えているということだから、マウント径はほぼ関係ないんじゃないかと思います。

関係ないというよりは、レンズ開発技術者が苦労しながらもカバーできる範囲内かと。

ただ、手ブレ補正に関してはSONY フルサイズEマウントは結構厳しいんじゃないかと思いますね。
ボディ内手ブレ補正は、ブレた方向と逆方向にセンサーを動かして補正するが、マウント径に余裕がないEマウントはセンサーを動かすと光がケラれてしまいやすいと思います。

実際に30万円ほどのCANON R6ですらレンズと協調で最大8段分の手ブレ補正なのにも関わらず

80万円ほどのSONY a1は5.5段どまり
この先も余程の技術革新がない限りキツいでしょう。
a7R Vには8段分の手ブレ補正が搭載されました。が、SONYは手ブレ補正段数を盛る傾向があるので過信は禁物です

※動画撮影においては、先ほど紹介したセンサーをクロップして使用するアクティブ手ブレ補正モードによって、強力な手ブレ補正が可能になっています。

予算が潤沢にある方は、SONYである必要はない。

例えばSONY a1や600mmF4などを買える方であれば、純正レンズの価格でも問題がないと思います。

その場合は、ボディのメーカーやマウントなど気にせず、自分に必要な性能だけで決めてしまってOKですね。

例えばCANON R3やNIKON Z9にするなど。この2台のカメラはSONY a1より魅力的な部分もたくさんありますしね。

コストを抑えて近年流行りのフルサイズカメラを入手したいという方は、Eマウントをチョイスするのが無難かなと思います。

個人的なおすすめボディはa7iii。

¥253,890 (2023/02/07 21:27時点 | Amazon調べ)
完成されたコスパ高き一台。1世代古くなりましたが大半の方にとってまだまだ現役として戦っていける性能を秘めています。

カメラやレンズは高価なのでレンタルもおすすめ。

カメラ機材は高価なので購入するハードルが高い・・

  • 購入前に実際に使ってから検討したい
  • お子様の行事や旅行など、イベントで一時的に使用したい
  • 人気の機材をお試しで使用してみたい 
  • サブスクで色々なカメラを使いたい
渋たか
渋たか

そんな方はカメラレンタルサービスを利用するのがおすすめです。

個人的にはカメラレンタルのサブスク「GooPass」がおすすめです。

例えば今回紹介した a7iiiは、レンズセットでも
Lv4パス:月額 税込19,580円で1ヶ月借りることが可能(その間、別の機材に取替放題。)
1週間であれば、なんとLv2パス:月額 税込10,780円で借りられます。(残りの3週間はRank1~2の機材を自由に取り替え放題)

僕はこれまでGooPassを何回も利用しましたが、カメラレンタルサービスの中で最強だと思いました。

GooPassをおすすめする理由 

①品揃えが他社よりも多い。
 ・「借りたいときに在庫がなく借りれない・・」
 ・「借りたい機材の取り扱いがない・・」
このようなことがGooPassでは、ほぼ起こりません。

②1weekパスを使用すると業界最安
  GooPassには契約ランクよりも上位ランクの機材を1週間借りることができるサービスがあり、高い機材も格安で借りることができます。

③契約期間中機材を取り替え放題
  通常は一度借りたら期間終了まで機材を変更できないですが、GooPassの場合はなんと、契約ランク以下の機材なら取替放題なので色々な機材を試せます。

④注文から受け取りまでがAmazon並に早い。
  僕は実際に14時に頼むことも何回かありましたが、その日のうちに発送され、翌日午前中に受け取れました。(東京→大阪)

⑤サポートが充実
  ・機材を破損させてしまったときのサポートが充実しています。
  ・10:00-21:30(年中無休)でチャットサポートで対応して頂けます。

以上の理由からGooPassは大変おすすめです。

\税込み6380円からレンタル可能/
GooPass 公式ページ

GooPassについて詳しく知りたい方はこちら↓
{GOOPASS}料金と注意点。登録〜審査 、レンタル 〜返却 流れ
もう少し競合他社のサービスと比較して検討したい方はこちら↓
カメラレンタルサービス4社を徹底比較!選び方を解説

コメント

タイトルとURLをコピーしました