シグマ14-24mm F2.8 DG DNと24-70mm F2.8 DG DNを比較!24mmでの解像性能など

みなさんこんにちは。

シグマのミラーレス用レンズの14-24mm F2.8 DG DN24-70mm F2.8 DG DNの特に24mmでの描写を比較していきたいと思います。

¥120,000 (2023/02/07 22:08時点 | Amazon調べ)

外観の違い

使われている素材はほぼ同じになります。

14-24mm
最大径x長さ 85.0×133.0mm 重量 795g

24-70mm
最大径x長さ 87.8×124.9mm 重量:830g

24-70mmの方が35g重たいわけですが、この差は使っているとかなり大きい違いに感じます。

14-24mmは出目金レンズのため丸型フィルターはつけれない。

フードを装着。14-24mmはフードは固定されていて取り外し不可能。24-70mmの方が太い。

14-24mmはインナーズームのため全長が変化しない。

フォーカスリングとズームリングはゴム素材のため滑りづらく操作はしやすいが、ゴミが付着しやすい。そして、とりにくい

MTF(解像力を数値化したもの)を比較

LensTip 様のMTFを参照

←スライドできます→
←スライドできます→

↓まとめました

F/lpmm14-24mmの24mm(中央)24-70mmの24mm(中央)14-24mmの24mm(隅)24-70mmの24mm(隅)
F2.871634539.5
F4726545.545
F5.669684749
F862594950
F1152504644
F1640383736
F2230292727

F8でみると大きな差がないように思います。

実際に24mmをF8で撮影しましたので比較します。

撮影時の設定

・三脚使用
・絞り優先オート
・ISO100 F8
・14−24mm → SS 1/80
・24-70mm → SS 1/100
(マニュアルモードで撮るべきでした。)

ピントは「咲くやこの花館」の文字のところです。

今回は尺の関係で全てF8での比較になります。

全体写真  歪曲、周辺減光など全く補正なしの状態。

貼る写真は全て←が14-24 →が24-70です。

←スライドできます→
24−70mmは歪曲が目立ちます。

全体写真  歪曲、周辺減光を補正した状態。

←スライドできます→
補正すると全体写真での違いはほぼわかりませんね。

左上拡大  歪曲、周辺減光など全く補正なしの状態。

←スライドできます→

それでは拡大していきます。

あわわわわわ。

24-70mmは解像していない上に木の淵にパープルフリンジ、色収差がでていますね。

色乗りも14-24mmの方が良いですね。

左上拡大  歪曲、周辺減光を補正した状態。

←スライドできます→

色収差をライトルームの補正で消しました。
ただ、この方法は本来ある色まで消してしまうので、できれば使いたくありません。

中央拡大  歪曲、周辺減光を補正した状態。

←スライドできます→

若干24-70mmの方が解像しているように見えます。
大きな違いはないですね。

右上拡大  歪曲、周辺減光を補正した状態。

←スライドできます→

二つのレンズともに窓に盛大なモアレが発生しています。

これはローパスフィルターレスのボディの問題ですね。
高画素のa7Riiiは、解像性能に振り切るためにローパスフィルターレスになりました。

逆光耐性を比較

←スライドできます→

どちらがいいか判断するのは難しいですが、個人的には24-70mmの方がふんわり感は出しやすいかなと思います。

おわり

MTFでは大きな差はなかったですが、隅に近づくにつれ、14-24mmのほうが優秀でした。

14−24mm → 1.7倍ズーム
24-70mm → 2.9倍ズーム

以上の観点から24mm始まりの標準ズームは無理をしているというのが僕の印象です。

それでも標準ズームは基本中の基本レンズなので最も売れる焦点域。そこに「スマホで定番画角の広角域いれちゃいました!」って感じなのだと思います。

以上になります。
ここまでお読みいただきありがとうございました。

¥120,000 (2023/02/07 22:08時点 | Amazon調べ)

カメラやレンズは高価なのでレンタルもおすすめ。

カメラ機材は高価なので購入するハードルが高い・・

  • 購入前に実際に使ってから検討したい
  • お子様の行事や旅行など、イベントで一時的に使用したい
  • 人気の機材をお試しで使用してみたい 
  • サブスクで色々なカメラを使いたい
渋たか
渋たか

そんな方はカメラレンタルサービスを利用するのがおすすめです。

個人的にはカメラレンタルのサブスク「GooPass」がおすすめです。

例えば今回紹介した24-70mm F2.8や14-24mm F2.8 DG DNは
Lv2パス:月額 税込10,780円で1ヶ月間借りられます。(その間、別の機材に取替放題。)

僕はこれまでGooPassを何回も利用しましたが、カメラレンタルサービスの中で最強だと思いました。

GooPassをおすすめする理由 

①品揃えが他社よりも多い。
 ・「借りたいときに在庫がなく借りれない・・」
 ・「借りたい機材の取り扱いがない・・」
このようなことがGooPassでは、ほぼ起こりません。

②1weekパスを使用すると業界最安
  GooPassには契約ランクよりも上位ランクの機材を1週間借りることができるサービスがあり、高い機材も格安で借りることができます。

③契約期間中機材を取り替え放題
  通常は一度借りたら期間終了まで機材を変更できないですが、GooPassの場合はなんと、契約ランク以下の機材なら取替放題なので色々な機材を試せます。

④注文から受け取りまでがAmazon並に早い。
  僕は実際に14時に頼むことも何回かありましたが、その日のうちに発送され、翌日午前中に受け取れました。(東京→大阪)

⑤サポートが充実
  ・機材を破損させてしまったときのサポートが充実しています。
  ・10:00-21:30(年中無休)でチャットサポートで対応して頂けます。

以上の理由からGooPassは大変おすすめです。

\税込み6380円からレンタル可能/
GooPass 公式ページ

GooPassについて詳しく知りたい方はこちら↓
{GOOPASS}料金と注意点。登録〜審査 、レンタル 〜返却 流れ
もう少し競合他社のサービスと比較して検討したい方はこちら↓
カメラレンタルサービス4社を徹底比較!選び方を解説

マイクロフォーサーズ レンズレビュー記事一覧
単焦点ズーム比較記事
20mm F1.712-32mm F3.5-5.615mm F1.7
42.5mm F1.7
 

コメント

タイトルとURLをコピーしました