撒き餌単焦点と高級ズームレンズはどちらが高画質?タムロン35mm F2.8(Model F053)とシグマ24-70mmF2.8DG DNの35mmを比較してみた!

みなさんこんにちは渋たかです。

今回はタイトルの通り、タムロン35mmF2.8シグマ24-70mmF2.8 DG DNの比較をしていきたいと思います!
24-70は高級というほどでもないかもしれませんが、一応シグマのART(ハイエンド)レンズです!

とるならさんのブログを参照すると、35mmF2.8の方は片手で買える金額にも関わらず、a7RIVの解像に耐えるとの信じられない記載があります。

24-70mmF2.8と14−24mmF2.8を24mm同士で以前に比較しましたが
そこでは14-24mmに敗北した24-70mmさん。

今回は35mmF2.8と24-70mmの焦点距離35mmでの画質を比較したいと思います!

35mm F2.8に関してはレビュー記事も書いていますのでよろしければご参考ください。

タムロンのEマウントレンズ 35mm F2.8 di iii OSD M1:2 (Model F053)をレビュー。デメリットも多いが面白い選択肢。
みなさんこんにちは。渋たかです。 結論から言いますとこのレンズ半端ないです(°_°)色んな意味でw かなり個性的なレンズで万人に受けるレンズとは思えないですが、一部の人にはグサッとささるようなレンズだと思います。 自分の使...

スポンサーリンク

外観の比較

フードを外してズームしたときの大きさ。タムロンはフード付いてます!シグマにはAF/MF切替スイッチがある。

シグマは金属 タムロンはプラスチックでできている。(マウントは金属製)

まぁこのように全然大きさは違いますw

タムロン35mmF2.8のフードは小さいので付けっぱなしにしている。


35mmF2.8はレンズにもフードにもネジ山がついています。
フードをつけたまま、レンズフィルターもレンズキャップもできますので、自分は常にフードをつけっぱなしにして運用しています。

スペック比較

 タムロン35mmF2.8シグマ24-70mm F2.8 DG DN
フィルター径φ67mmφ82mm
最大径x長さ73x64mm87.8x124.9mm
重量210g830g
最短撮影距離15cm18-38cm
最大撮影倍率1:2(0.5倍)広角端 1:2.9(0.34倍) - 望遠端 1:4.5(0.22倍)
絞り羽根枚数 7 枚11 枚
2021年5月現在の最安¥36,373¥111,600
防塵防滴は両方とも対応しています!!

いや〜比べる対象としてどうかとは思いますが
何から何まで全然違いますね。

接写性能

最大撮影倍率が0.5倍のレンズはハーフマクロレンズと呼ばれ、1倍のレンズはマクロレンズと呼ばれます。

タムロン35mmF2.8は最大撮影倍率0.5倍のハーフマクロレンズです。

24−70mmF2.8は広角側で0.34倍 望遠側で0.22倍です。

24−70mmF2.8は一応18cmまで寄れますがそれは24mmのとき。

ズームしていくと最大撮影倍率が小さくなっていきます。

しぶ 花子
しぶ 花子

それなら接写する時は24mmで利用したらいいのね^^

渋たか 太郎
渋たか 太郎

そうじゃのぉ。しかし、注意点がある。そう単純にはいかないのじゃぉぉ〜

解説します。

これはセンサーから18cmまで寄れるということです。

レンズの先から被写体までは2.7cmほどしかありません。

つまり!!フードをつけると、被写体にぶつかりますし、つけていなかったとしてもレンズ自体が影になって、失敗写真になってしまいます!

24-70mmF2.8 最短撮影距離で撮影.
光源はサイドにある(遮光)。影になる。

反逆光から逆光気味に撮ると影になりませんが、逆光なので結局被写体には光があたりにくい状況になります。

そもそも物撮りってたいてい小さいものを撮影しますが、24-70mmF2.8は巨大(最大径8.78cm)のため影も大きくなってしまいます。

ワーキングディスタンスについてはこちらの記事でも解説しています。

レンズにおける最大撮影倍率、最短撮影距離、ワーキングディスタンスとは?マクロ性能のこと。
どうも渋たかです。 レンズの仕様に最大撮影倍率、最短撮影距離といった項目があると思います。 みなさんあれを意識していますか? また、ワーキングディスタンスという言葉について、意外と重要なので解説したいと思います。 マクロ...

なので24-70mmF2.8の接写はおまけ程度にとらえたほうがいいです。
後述するのですが4隅の解像がめちゃくちゃ甘い上にひん曲がってます。

35mmF2.8 最短撮影距離で撮影。 ここまで寄れる

絞り羽根枚数

羽根の枚数が多い方がボケの形が○に近づきますが、光芒がうるさくなるという欠点もありますね(^^)
欠点というか人それぞれ好みによりますねw

一応高級なレンズほど絞り羽根は多い傾向にあります。

ちなみに、絞り羽根がボケの形に影響するのは主に絞り込んだときです。

ボケを狙う場合、開放付近でボカして撮ることが多いと思いますが、その場合口径食のほうが影響してきます。

サイズ

タムロンはほんと軽くて小さい

お手持ちのバッグのサブポケットに入れて持ち運べると思いますよ〜w

価格

すんごい差・・・
シグマは重さも価格も約4倍w

AF性能

自分が感じた主観で軽く話させていただきます。

タムロン35mmF2.8のAF

前玉繰り出し式という、前玉が動いてピントを合わせる仕様になっていて
動くパーツが多い分フォーカスは非常に遅いです。

Lumix20mmF1.7のようなAF。

ハーフマクロレンズやマクロレンズは、接写域から無限遠までの広範囲をピントを合わせる必要があるので、ただでさえAFは遅くなりがちです。

AF-SからAF-Cにすると何故か合焦速度が速くなるレンズがありますが、
このレンズもその特徴を持ったレンズで、大幅に改善します。

しかし個人的には静止物をAF-Cで撮るのなんか気が引けます。

シグマ24-70mmF2.8のAF

インナーフォーカス式というレンズの内部機構でAFが完結する仕様なので
今どきのAF速度で素早く合焦します。

AFはシグマ24−70mmF2.8の圧勝です。

遠景写真! 解像感を中心に比較

全体写真

F2.8で撮影

タムロン35mmF2.8

シグマ24−70mmF2.8

撮影時の設定はISO100 F2.8 1/1600で全く同じ、

現像で少しハイライトを下げシャドウを持ちあげるという全く同じ編集をしています。

歪曲、周辺減光の補正はしていませんので参考にしてくださいw

歪曲はどちらのレンズもあまり目立たなく、これくらいは補正できちんと直るでしょう。

タムロン35mmF2.8の周辺減光が顕著で、なぜか全体も暗く写ります。

画角も広く写るんですけどこのレンズフォーカスブリージングがすごくて、遠景の時は広くなり、近景(接写)に近づくにつれ狭くなっていくという癖のあるレンズです。

フォーカスブリージングとは
ピントが合う位置によって画角が変わることです。

これを見てしまうとタムロン35mmでF2.8を遠景で使いたくありませんね〜

周辺減光のような写真も時にはいいのですが、もし周辺減光を除去する場合は暗い部分を無理やり明るく補正するわけですから、ノイズが入ってしまうのです。

周辺減光が少ないレンズなら、あえて周辺減光をかける補正も自由にできるわけですので、やはり周辺減光は少ないに越したことはありません。

暗い場所では開放を使うしかないですが、ここまで暗いとなると実質F3.2とかなのではと思いますw

シグマは広角端の24mmはもう少し周辺減光があるのですが、35mmまでズームすると少なくなります。

ズームレンズは広角端や望遠端より、間の焦点域の画質が一番優れることが多いです。

F8で撮影

タムロン35mmF2.8をF8に絞って撮影

シグマ24−70mmF2.8 をF8に絞って撮影

周辺減光の差は少なくなりましたが、まだ若干タムロンのほうが残ってる感じはします。

中心を拡大

F2.8で撮影

中心拡大35mm F2.8

中心拡大24-70mm F2.8

画角が違うので少し誤差がありますが、
概ね差がないと言った感じです。

様々なF値で撮影

←タムロン →シグマ(タップ、クリックすると拡大します!)

この領域だともはやどっちでもいいですね。

塔の右上を拡大

F2.8で撮影

塔の右上拡大35mm F2.8

塔の右上拡大24-70mm F2.8

シグマの方が解像していて色のりもいいですね。

先程の中心部では気になりませんでしたが、少し右上にいっただけで、明るさの違いが現れています。

つまりこれはタムロンの周辺減光がここまで影響していていると考えられます・・

色収差がシグマに出ています。

様々なF値で撮影

←シグマ 右タムロン(タップ、クリックすると拡大します!)

どうみてもシグマの方が描写がはっきりとしていますね。

右下を拡大

F2.8で撮影

右下拡大35mm F2.8

右下拡大24-70mm F2.8

解像感はそこまで変わらない印象ですが、周辺減光の影響がすごいです。

様々なF値で撮影

←シグマ →タムロン(タップ、クリックすると拡大します!)

もし周辺減光部分を編集で明るくしたとしてもノイズがのってしまい
シグマ優位になると思います。

遠景の比較は以上になりますが、遠景は24-70mmF2.8の勝利ということで間違いない!

接写! 解像感を中心に比較

接写での作例は全てISO100で撮影していて、24−70mmF2.8の35mmでの最短撮影距離(約20cm)にて撮影しています。

最短撮影距離付近の描写は甘くなりがちです。

タムロン35mmF2.8はその気になればあと5cm寄れるという余裕を残した状態での検証です。

全体写真 歪曲周辺減光補正なし

F2.8で撮影

35mm F2.8

24-70mm F2.8

明らかにわかる差ですね。
24-70mmF2.8は端が甘い上に歪曲が目立ちます

F8で撮影

35mm F2.8をF8に絞って撮影

タムロン35mmF2.8は文句なしの描写になってきます。

24-70mm F2.8をF8に絞って撮影

24−70mmF2.8はF8まで絞ると隅が少し改善しましたが、それでもまだひどいですね。

ちなみに室内で手持ちでF8を使うのは現実的ではありません。
暗すぎますので、三脚かストロボがほしいところです。

他のF値でも比較

←がシグマ →がタムロン 補正なし(タップ、クリックすると拡大します!)

全体写真 歪曲と周辺減光補正あり

F2.8で撮影

補正あり35mm F2.8

Lightroomでゆがみを調整。完全に補正することは不可能で
これでもまだ歪曲はあるのですが、目立たないレベルだと思います。

開放から安定した描写ですね。

補正あり24-70mm F2.8

歪みはマシになりましたが、描写が甘いのは当たり前ですがそのままです。

F8で撮影

補正あり35mm F2.8をF8に絞って撮影

ビューティフォー!

補正あり24-70mm F2.8をF8に絞って撮影

なんとか見れる描写ですね!

左上の70-180の文字部分を拡大

F2.8で撮影

補正あり左上拡大35mm F2.8

正あり左上拡大24-70mm F2.8

拡大したらわかるのですが、ここまでの差があります。

F8で撮影

補正あり左上拡大35mm F2.8をF8に絞って撮影

補正あり左上拡大24-70mm F2.8をF8に絞って撮影

少し差は縮みましたが、、

もう一度言いますが、F8で撮る場合は暗いのでそれなりに光量対策する必要があります。いかなる場合も絞って撮れるわけではありません。

他のF値でも比較

左シグマ 右タムロン 補正あり(タップ、クリックすると拡大します!)

タムロン35mmF2.8は終始安定しています。

接写部門はタムロン35mmF2.8の圧勝でした。

逆光耐性

35mm F2.8をF8まで絞り

24-70mm F2.8 DG DNをF8まで絞り

タムロン35mmF2.8の方がゴーストが少ないですね。

逆光耐性もタムロン35mmF2.8が勝利

総評

今回は解像性能を中心に検証してきましたが、

遠景はシグマ24−70mmF2.8 DG DNの勝利
拡大したときにはっきりとわかる差

接写はタムロン35mmF2.8の勝利
拡大しなくてもはっきりとわかる差

35mmF2.8は24−70mmF2.8でカバーできるのですが、ここまで特徴が違いますので、何を重視するかで変わりますね。

あとはサイズやAF速度をどこまで許容できるかですね。

筆者はどっちのレンズをよく使う?

35mmF2.8 と24−70の使用割合は8:2くらいです。

タムロンの35mmF2.8のサイズはどこへでも持ち出したくなります。

特に飲食店で使うことが多いです。

料理が来るまでに35mmF2.8にレンズ交換しておいて、35mmの割と広めな画角で、全体の雰囲気や友人などを撮影。

料理がこれば周りからも目立たないサイズ感で接写も可能。

35mmF2.8 F2.8で撮影

接写するにあたり、F2.8より明るい必要はないんです。

接写になればなるほどピントが合う部分が狭くなるからです。

そして、寄れば寄るほど画角が狭くなるんです。このレンズ。

パースを効かせたマクロは難しいですが、物撮りならかなり使い勝手がいいです。

24-70mmF2.8を持ち出す時は風景撮影、夜景撮影ですね。

重いので、車移動のとき以外にあまり持ち出したくありません・・

以上参考にしていただけると幸いです^^

レンズレビュー記事一覧

②85mmF1.4 DG DNという史上最強のレンズをレビュー。E・Lマウントユーザーへ告げる。これだけは持っておけ。

③シグマ 35mm F1.2 DG DNをレビュー。あなたがF1.2とF1.4の違いに価値を見出せるかで選択が変わる。

④タムロンのEマウントレンズ 35mm F2.8 di iii OSD M1:2 (Model F053)をレビュー。デメリットも多いが面白い選択肢。

⑤シグマ 150-600mm F5-6.3 DG DN OS sportsをレビュー。他SONY Eマウント超望遠ズームとも比較

レンズ比較記事一覧

コメント

タイトルとURLをコピーしました