シグマ 35mm F1.2 DG DNをレビュー。あなたがF1.2とF1.4の違いに価値を見出せるかで選択が変わる。

みなさんこんにちは。

35mm F1.2 DG DNはシグマがフルサイズミラーレス用に設計した初めての単焦点レンズだ。
2019年7月26日に発売されました。

このレンズを使用した上での感想と、メリットデメリットを語ります。

E、Lマウントの35mm単焦点レンズの選択肢が豊富な今、このレンズを選ぶべきなのか?

この記事は今このレンズを検討している人や、すでに持っている人など、様々な人にとって相当参考になると思います。

F1.2とF1.4の違いを知りたい方も是非見てくださいね。

スポンサーリンク

このレンズを購入した最大の理由と比較したレンズ

35~50mmくらいの画角に単焦点レンズが欲しいなと思い検討を始めました。

そして35mmの単焦点に決定した。

50mmではなく35mmにした理由
①僕にとって50mmは標準レンズとして使うにあたり少し狭い。②広い画角でもボケ感を表現したかった。
③いざAPS-Cクロップすると、52.5mmとして使えるので汎用性が高い。
④すでに85mmF1.4を持っており50mmでは画角が近い。

APS-Cの35mmF1.2として使える。
明るさは紛れもないF1.2で、ノイズレスの速いシャッターを切れる。
フルサイズ換算の画角とボケ量的には52.5mm F1.8相当だ。
52.5mmF1.8って普通に強くないですか??つまり2面的な使い方が可能なのである。

ちなみに35mmF1.4でAPS-Cクロップした時は52.5mm F2相当のボケ量。

最近発売されたSONY 35mm F1.4 GMとシグマ35mm F1.4 DG DN Artと迷いました。


 35mm F1.4 GM35mm F1.4 DG DN35mm F1.2 DG DN
径x長さ76mm×96mm75.5mm×109.5mm87.8mm × 138.2mm
重量524g645g1090g
最短撮影距離27-25cm(MF)30cm30cm
最大撮影倍率0.23-0.26倍(MF)0.185倍0.185倍
フィルター径67mm67mm82mm
絞り羽根枚数111111
最安価格(2021-11月)¥160000¥85000¥140000

35mmF1.4GMの方がマクロ性能が高くサイズもかなり小さい。

最短撮影距離や最大被写体倍率がなに?という方は
こちらをご参照ください。
簡単にいうとどれだけ被写体を大きく写せるかのことです。
倍率が高い方が大きく写せるということです。

35mm F1.4 DG DNはなんと現在¥85000で買えてしまう。
それで11枚絞りでARTレンズだから一番コスパがいいのはこのレンズになってしまう。

SonyAlphaBlogの比較によると、解像感はGM >1.2art >1.4artだ。

GMはコンパクトに関わらず解像力もすごくて称賛に値する。

だがa7RIVで比較して拡大して初めて気付くレベルですのでどれを選んでも解像力で不満は出ないと思います。

僕が35mmF1.2にした理由は重さはあまり気にしないこと。
どうせなら最高スペックのものが欲しいからです。
F値は、やはり一番重要。

結局35mm F1.4 DG DNも購入しましたw

シグマ35mm F1.4 DG DNを購入したのでF1.2 DG DNと比較した。
みなさんこんにちは。 以前35mm F1.2 DG DNをレビューしましたが、同じくシグマの35mm F1.4 DG DNも購入しましたので比較していきたいと思います。 ボディはa7Riiiを使用しています。 外観やサイズ ...

だがF1.2とF1.4の違いはわずかなので、重さと引き換えに本当に必要なスペックなのかは検討が必要。

では詳しく見ていきましょう。

外観

驚異的なサイズ

いつも通りのボタン類。

35mmF1.2DGDNは⇨から2番目

↑の写真は. ←から
1. 85mm F1.4 DG DN(シグマ)
2. 105mm F2.8 DG DN(シグマ)
3. 24-70mm F2.8 DG DN(シグマ)
4. 本レンズ(シグマ)
5. 70-180mm F2.8(タムロン)
  です。

本レンズは径87.8x長さ138.2 mmと24-70mmF2.8をも超えてしまう圧倒的サイズ


24-70mm F2.8 DG DNは830gに対し、こちらは1090g

僕個人的には撮影時にはバランスがいいのかそんなに重たいと感じないし、この重厚感が逆に撮影の楽しさを駆り立てる。そして筋トレになるや!くらいにしか思っていない。

ただ運搬時には間違いなくのしかかってくる重さで、バッグの隙間にとりあえず放り込めるという大きさでもない。

これ一本で外出!的な趣味的な撮影ならまだしも、旅行などに気軽に持っていけるサイズではない。

F1.2のボケ量や明るさ。F1.4と比較

一番気になるのはここではないでしょうか。

35mmF1.2とF1.4の違い

F1.4との差はほとんど感じられない。この少しの違いで重さは倍近いので迷うところだろう。

ちなみにF1.2とF1.4は1/2段の差です。
実際にa7iiiで絞り優先オートで撮影しシャッタースピードの違いをみたのですが、↓のようになりました。
測光モード/F値F1.2F1.4
マルチ1/10001/1000
中央重点1/10001/800

測光モードをマルチにすると周辺減光の影響を受けるからです。

シャッタースピードという点においてもほとんど違いがないなと思いました。

35mmF1.4とF2.8の違い

F2.8とは明確に違いがありますので、ズームレンズをお使いでボケが欲しい方は、単焦点レンズを検討する価値はある。

85mmF1.4とボケ量を比較


←が35mmF1.2 ⇨が85mm F1.4 dg dnだ。
そらもちろん85mmの方がボケる。
85mm以上の圧縮効果+ボケの表現はみなさんもう見慣れていると思いますが
35mmの広角でこれだけボケが得れるのは中々独特の絵だと思います。

周辺減光


開放では周辺減光が顕著。
F2.2でだいぶ収まり
F2.5ではもうほとんど気にならない。

F2.8ではもうこれ以上絞る必要がないくらいに改善している。

玉ボケ

F1.2

F値ごとに隅を拡大した↓

F1.2は相当レモンだがこれは致し方ないと思う。

SONY 50mm F1.2もF1.2はレモンボケだ。(このレンズよりかは少しマシw)

その他、NIKON Z50mm F1.2やCANON RF 50mm F1.2の作例をみましたが、やはり大口径レンズで開放で撮ったときの隅のレモンボケは仕方がないといった感じだ。

レモンボケを目立たないようにするにはF2まで絞りたい。
F2.2までいくと完全に収束している。

解像番長

a7Riiiにこのレンズを付けるとえげつない描写を得られた。

35 mm1/4000 秒(f 1.2)

この写真のハチ部分を拡大してみる↓

35 mm1/4000 秒(f 1.2)

接写にも関わらず開放から凄まじい解像力

F2.2の写真↓

35 mm1/1000 秒 (f2.2)

この写真の中央を拡大してみる↓

35 mm1/1000 秒 (f2.2)

このレンズはかなり寄れるわけではないが、そこまで問題にならない。
この解像力を加味すると安心してクロップできるからだ。
また、その方が被写界深度を確保できるのでそういう意味ではメリットです。

色収差


35mmF1.2はそれなりに色収差が目に付く。

色収差
光の波長の違いにより、前ボケがパープルに色付き、後ろボケが緑に色付く。
あとからソフトウェア補正すると必要な色まで消してしまうので
最初から発生しない(光学的に補正)状況が望ましい。

24-70mmF2.8は開放のF2.8でも収差はほとんどない。

少しわかりにくかったですね。わかりやすい例が↓です。



←が35mmF1.2 ⇨が85mm F1.4 dg dnだ。

85mmはかなり軸上色収差が抑え込まれている。

35mmの方はF1.2だから仕方ないというところか。
(明るいレンズほど収差の補正が難しいとされています。)

フォーカスブリージング

フォーカスブリージングとはピント位置によって画角が変化してしまうこと。
どのレンズでも変化するがレンズによって変化量に大小があります。
静止画ではあまり影響はありませんが、動画だとブリージングが少ない方がいいと言われています。

↓タムロン35mmF2.8

↓35mmF1.2

見ての通り35mmF1.2はほとんど画角が変化しないので優秀である。

AF

35mm F1.2 DG DNのAFは遅めで駆動音がそれなりにします。

駆動方式はシグマが一眼レフ用レンズに採用していたのと同じ超音波モーターHSM駆動。

ちなみにタムロン前玉繰り出しDCモーター駆動の35mmF 2.8よりも動画AFが遅い。

駆動音も聞いて欲しいです。
↓AF速度(a7Riii 撮影時の設定4K24p)

↓AF追従(a7Riii 撮影時の設定フルHD60p)


※35mm F1.2のF値を2.8に合わせてたかどうかがうろ覚えなので、あくまで参考程度にお願いします。

24-70mm F2.8 DG DNの方が無音で追従もスムーズ。
だが手前から奥へ移動するときはいずれのレンズももたつきやすい。

スチルではAF速度や精度にほとんど問題を感じません。

35mm F1.2の使い道。

F1.2は一体どういう被写体で使えるのか?
どんな表現ができるのか?

このレンズを購入検討する方は恐らくF1.2が気になる人でしょう。

ですので今から作例を載せますがすべてF1.2で撮影しています。

バイクを撮影

バイクと風景を一緒に撮影されたい方。

車を撮影


もう少し離れれば
背景も相当広く写ると思います。
それでいてボケますので結構かっこいいと思います。

花を撮影

僕は14mmの超広角や150~600mmくらいの超望遠域で花を撮ることが多いですが、このレンズで花を撮影しても唯一無二の表現が可能だ。
かなりふわふわに撮れますのでかなり気に入っている。


人物撮影



非常にピントがシビアだ。
35mmは被写体に近づいて撮影しますので被写界深度が半端なく浅い。
F1.2で両目にピントを合わせる時は僕はできる限り正面から撮影している。

風景スナップ


35 mm1-1600 秒 (f – 1.2)

前ボケをいれたりして立体感を出すことができる。

風景=遠景だ。
たとえF1.2だとしても35mmだと遠景ではボケを表現しにくい。

だが普通F値をあげて撮るはずの風景をいかにF1.2で表現するか?
それを考えながら撮るのが非常に楽しい。

2度といけない場所への旅行などで撮る風景はズームレンズで撮影しています。

しかし桜や紅葉を含めた花の写真はこのレンズで撮ることが多いですね。

35 mm1-250 秒 (f – 1.2)

夜の風景スナップ


風景ともなれば遠景なのでF1.2で常用できる。
F1.2からa7Riiiでも解像感は十分だ。

一番このレンズにふさわしい被写体かもしれない。

星の撮影


↑は結構光害が受ける状況でした・・

僕はあまり星を撮りませんが、F1.2という明るさなのでそういう用途にも全然使っていただけるかと。

料理を撮影



割と適当にF1.2に撮っただけですが、かなり独特な表現です。

前後のボケは非常に滑らか。

中にはピントあってなさすぎて失敗写真だ!という方もいらっしゃるでしょう。

たしかに万人受けする表現ではないのかもしれませんね。

この写真だけF2.2で撮影。

例えば開放F値がF2.8のレンズでF1.2はどうあがいても使えませんので、表現力としてF1.2で使える状況にあるという付加価値はこのレンズ特有だ。

スナップ


僕はこのレンズをスナップに使うのがめちゃくちゃ好きです。

このレンズのいいところ。

①F1.2の解像感
開放から非常にシャープなレンズだ。
絞るともっとシャープになる。②30cm~数mの近距離で普通じゃ考えられないボケを表現できる。
遠景では前ボケを取り入れたりする創意工夫も楽しいだろう。③F1.2という明るさ
暗いところに強い。曇りでもISO100のまま1/1000確保できることが多い。④テンション、楽しさ。
このレンズは重さや質感からかなり「撮るぞ〜!」っていう気分にさせてくれる。
撮っていて楽しいというのは個人的にはかなりのメリットだ。⑤APS-Cモードで52.5mmF1.2として使える汎用性
冒頭で申し上げた通り広角標準域からガチ標準域へと変貌できる汎用性は大きい。⑥ボケが綺麗
前後のボケが非常に滑らかで綺麗です。

F3.5で撮影

 

このレンズの悪いところ

①周辺減光
あとから補正できるといっても無理やりソフトウェアで明るくしているだけなので
ノイズがのってしまうので、周辺減光はないに越したことはない。
だが僕は自ら周辺減光を好んでかけるくらいなのでそんなに気にならない。
現にこの記事に載せている写真も意図的に周辺減光をかけている写真が結構ある。
歪曲に関してはソフトウェア補正でいいんじゃないですかね。②色収差
軸上色収差が目についてしまう。個人的にマイナスポイントだ。
というよりか85mmF1.4の色収差の少なさとどうしても比較してしまう・・あとから補正しようとすると、紫や緑色のもの全ての彩度をおとしてしまうから結構厄介。このレンズはこの大きさと重さなのにもう少し収差を抑え込むことができなかったのか?と思います。だがこのレンズはF1.2なので、少し望みすぎなのかもしれない。
(明るいレンズほど各種補正が大変)

絞って撮影すると目立たなくなりますので色収差が目立つ状況では絞るなどしましょう。

③AF(それなりに駆動音がし、速度が遅め)
先程検証動画あげましたが、遅めの部類。
ネットの評判ではそんなことはなかったのですが、個体差か?
が、スチルではそこまで問題にならない。速い物を追いかける焦点距離ではないので個人的にはそこまで気にしていない。
瞳AFの精度については完璧とは言えなく、
a7RiiiでF1.2で取るとピンボケ写真はそれなりに発生しました。
a1やa7ivなど最近のカメラに装着するともう少し精度は上がると思われます。

④大きさ
個人的には筋トレにしか思ってないが、運搬中はかなりずっしりくる。
F1.4がF1.2になるだけでとんでもない重量アップだ。

あともうひとつ。このレンズが悪いというわけではないが、35mmというと物撮りや人物撮影などの場合、ある程度被写体に寄る必要があるが、寄った時にフルサイズのF1.2で撮影するとピントがシビアすぎる。
ピント部に奥行きを持たせたら相当キツい。
例えば人物で目にピントをしっかり合わせたいなら正面から撮るなどの工夫が必要。

そういった試行錯誤が楽しいし上達に繋がると僕は思っています。

ちなみに被写界深度と背景ボケは別物です。

ただ単に背景をボカしたい人は中望遠以降でF2.8〜F4あたりを使う方が、被写体全体にピントが来ているのに背景はボケているという写真が撮りやすいです。

まとめ

このレンズ、ネットでのレビューでは重さ以外はみんな満足しているみたいだが、僕はそうはいかなかった。
AFや収差などに妥協が必要でスペックを解像性能だけに全振りした感じだ。
そして、その解像性能ですらかなり小ぶりの35mm F1.4 GMに負けてしまうという失態っぷり。

F1.2とF1.4の違いは明るさ的にもボケ的にも僅差なので、実用性は微妙だ。

個人的には、同じシグマのフルサイズミラーレス用DG DNシリーズの35mm F1.4 DG DNの方が、大半の人には向いているんじゃないかなと思います。

35mm F1.2 DG DNは重さの割に説得力のない写りに感じましたので、僕は35mm F1.4 DG DNに買い替えました。

シグマ35mm F1.4 DG DNを購入したのでF1.2 DG DNと比較した。
みなさんこんにちは。 以前35mm F1.2 DG DNをレビューしましたが、同じくシグマの35mm F1.4 DG DNも購入しましたので比較していきたいと思います。 ボディはa7Riiiを使用しています。 外観やサイズ ...

35mmという広角でF1.2という明るさはかなり設計が難しいのかもしれない。

ここまでを読んでそれでもF1.2が欲しい方は是非ともこのレンズを手に入れて欲しい。

F1.2はもはや男のロマン的な領域だと思いましたね。

以上。すべて主観的な意見でした。ありがとうございました。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました