シグマ 85mm F1.4 DG DNという史上最強のレンズをレビュー。E・Lマウントユーザーへ告げる。これだけは持っておけ。

渋たか
渋たか

僕はEマウントレンズを8つ使っていますがその中でも

このレンズは一番凄いレンズだと思います。

そう思う理由を話していきたいと思います。

そのほかにもこのレンズの長所と短所も伝えていければと思います。

スポンサーリンク

仕様

レンズ構成枚数11群15枚

画角28.6°

絞り羽根枚数11枚 (円形絞り)

最小絞りF16

最短撮影距離85cm

最大撮影倍率1:8.4

フィルターサイズφ77mm

最大径 × 長さL マウントφ82.8mm × 94.1mm
ソニー E マウントφ82.8mm × 96.1mm
※ 長さはレンズ先端からマウント面までの距離です

質量L マウント630g
ソニー E マウント625g

シグマさんのHPより引用。

特筆すべきは重量。
なんと630g以下だ。
このレンズは85mmF1.4というスペックでARTレンズだぞ!?!?

一眼レフ用より大幅に軽量化してきたが写りはどうなのか?

結論としましては全く問題ないどころか自分の持つレンズで最高レベルの描写でした。

それでは外観から見ていきます。

外観

ドンっ!

んあぁぁぁぁぁぁあ、し、シグマさん!!フードでかすぎなんですけどおおおおおお
これではせっかくのコンパクトなボディーも台無しです。

つけてみたらまぁ、、

でも無駄にレンズフードをここまで大きくしているわけではあるまい。

レンズフードはでかいに越したことはないとメーカーさんが語りかけてきているみたいですね。
広角レンズなどはケラれますのであのサイズですが、中望遠のこのレンズは画角の邪魔にならない程度に最大限にでかくなっている。

ですが僕は82mmのNDフィルターで揃えていてステップアップリングを常に付けていますので結局フードを常用できないのです。

そのステップアップリングを7枚重ねてフードにしてみました。↓

ステップアップリング7枚重ね付け

しかし、これにもデメリットがあり、逆光〜反逆光時にステップアップリングを光が反射し、写真にフレアのようなものが映り込んでしまうことがありました。

これの原因を考えてあるある程度わかりました。
レンズフードの内側って必ずラインが引いてあって凸凹になっていると思います。
これはおそらく光を分散させうまく逃し反射しにくくするためにされている加工であって、
ステップアップリングは本来の用途が違うのでそういった加工はされていない。
このステップアップリングは金属でできていて、反射しやすいのも相まって目立つのだと思う。

サイド光はうまく遮断するが半逆光ではなにも付けない方がマシです。
傷汚れの防止にはなりますね。

なにか解決策がないかと調べていたところ最強のフードを見つけました。
↓の記事でレビューしていますので気になる方はどうぞ

KUVRD ユニバーサルレンズフードをレビュー。ステップアップリングと共存する!
みなさんこんばんは。 ステップアップリングをつけた状態で取り付けることができるレンズフードを見つけてしまいました! その名はユニバーサルレンズフード! (function(b,c,f,g,a,d,e){b.MoshimoA...

いつものシグマの質感

絞り羽根11枚の豪華仕様。レンズって感じがするーー。

11角形になる。

ん?このアングルいるか?

これはいるか。

ん?このスイッチはなんだ?

裏にあるので存在感かなり薄いスイッチです。
色々いじっていた結果、絞りリングがAの位置と行き来しないようにするための制御スイッチということがわかりました。

逆にAの位置にしている状態で、先程のスイッチを下にスライドすると絞りリングはAの位置から全く動かなくなります。つまり、絞りをレンズ側で操作、カメラ側で操作と決まっている場合には意図しないF値の変化がなくなります。

個人的には絞りリングが付いていれば確実にレンズ側で操作したほうが楽しいし楽です。
なので僕は常時、Aじゃない位置でスイッチを下にスライドさせて使っています!

このスイッチは35mmF1.2DG DNには搭載されていなく、本レンズや105mmF2.8DG DNには搭載されていますので最近付け始めたということでしょうね。

いやーこれは便利です!合った方がいいと思います!

あとはいつも通りのスイッチ。

シグマレンズには当たり前のようについていますが、タムロンレンズにはないことが多いのでありがたいんですよね。

そして絞りリングはなんと金属製。
シグマのミラーレスARTレンズはズームレンズは、ズームリングとフォーカスリング両方ゴム製ですが、単焦点の絞りリングは金属製です。フォーカスリングはゴム製ですが・・

ゴム製はほこりが取れにくいので個人的には金属製がいいです。

いつものレンズケース。かなり頑丈そうだが何故か使ったことはない。

玉ボケ

タップ or クリックして拡大してみてくださいね〜

開放はレモン型になっていて、まぁこんな物でしょうという感じです。
F4くらいまで絞ると気にならないと思います。

シグマ35mmF1.2はF2でほぼ収束していましたので、それと比べると収束が少し遅い。

中望遠でこれだけサイズが小さいので仕方がないのかもしれませんね。

玉ボケの中はスッキリしていて心地いいです。

ボケ量、ボケ質


もう少し離れてもよかったかもしれないですね。 ちょっとF2.8でもボケすぎ〜

まぁそれだけフルサイズの85mm F1.4はすごいボケ量を得れるので、105mmとか135mmの単焦点は必要性を僕は感じませんね。それらの焦点距離は85mmより強い圧縮効果が得れるのは良いポイントなのですがね。

それでは僕が使っていて気付いたこのレンズの良いところ悪いところを見ていきます。

GOOD

軽すぎる

基本的に焦点距離が長くなればなるほどサイズが大きくなりますが、このレンズは85mmでF1.4というスペックなのになんと630g。サイズもかなり小さいです。

シグマすごいじゃん!と思い、最近発売した35mm F1.4にも期待しましたが、645gでした。35mmなのにこのレンズより重たい・・・
85mmは何故こんなに小さくできたのか謎ですね。

開放から目の覚めるようなクリアな描写

もうこれにつきますね。

85mmF1.4 1/500 ISO2500

85mmF1.4 1/500 ISO2500

85mmF1.4で撮影。かなりクリア

4Kピクセル等倍

ピント面のキレはいうことがありません。
キッレキレです。
他のレンズで2段絞ったくらいの解像感が開放で引き出せる感じです。

そしてピント面から後ろは急激にボケていくこの描写は素人が撮影しようがパンチの効いた写真が簡単に撮れる。

ISOを上げてノイズをがのってもクリアさは健在

ISO2000+Lightroomで露光量+1.1

ISO2000ですがLightroomで露光量を+1.1にしてますのでISO4000や6400くらいのノイズはのってると思います。露光量以外はなにも編集せず書き出しした写真です。

4k解像度、横構図

タップorクリックして拡大してみてください。

ノイズはのっているんですが、クリアな写真だと思います。

開放でも色収差が少ない。


シグマ35mmF1.2の開放は本当に色収差が目立つんですよね。F1.2なので仕方ないのかもしれませんが。F1.4に絞ってもほぼかわりません。

それに比べ85mmF1.4は実写でもほとんど目につくことがありません。


35mmF1.2は普通にこれくらい色づくことも珍しくない。
85mmF1.4は色収差が目立つ写真を探しましたが↑の写真で最大でした。

色収差はあとから補正が困難なので光学で補正してほしいところ。

85mmF1.4は見事と言わざるを得ません。

開放から解像して色収差はなくコントラストが高い。
なんだ?このレンズ。

ボケが大トロ

とてもボケが綺麗。

ぬけ感というか透明感というか。

F2.8

F1.4

BAD

逆光耐性

かなりゴーストが発生しています。

F8

画面外に太陽がある。

F1.4

F1.4

F2.8

F16

あまりよろしくない結果だ。

この時と同じ状況で撮影したタムロン70−180mmF2.8で撮影した写真がこれだ。↓

F2.8で撮影

↑は少し上部に変な色がでてしまっている。

F16で撮影

どっちもどっちといった感じだが、ズームレンズである70-180mmF2.8の方がまだマシか。

夕日ポートレートで厳しいんじゃないかって思われるかもしれませんが、結構このフレアがいい感じに柔らかさをだしてくれるんですよね。

F1.4

いい感じじゃないでしょうか?

さすがにゴーストが出てしまったら人によっては邪魔に感じるかもしれませんが。

AFは実用上十分な速度だが純正品やタムロンVXDよりかは遅い。

シグマのミラーレス用レンズのほとんどはフォーカス駆動にステッピングモーターを採用していて、最近のタムロンのVXDという名を与えられたレンズやSONYのGMは大体リニアモーターを採用している。

実際にぼくも70-180mmF2.8 VXDと85mmF1.4 DG DNのフォーカス速度を比較しました。

VXDのほうが一段階速いですね。
VXDが「ッスッス」と合うのに対しシグマは「ジワー」っと合う感じです。

動きものを撮影したり、動画でスイスイ ピントが来て欲しいと思う方はタムロンVXDや純正品をチョイスするのが良さそうです。

ちなみに静止画のAF-Cは動画AFよりかはまだ速いです。

そしてこのレンズのAFは24-70mm F2.8 DG DNや150-600mm F5-6.3 DG DNよりも間違いなく遅い。同じステッピングモーターだがレンズによって差があるようです。
シグマの単焦点のAFは遅いイメージしかない。

まとめ

文句がほとんど出ないレンズですね。

85mmの単焦点。なかなか使い所は限られるかもしれませんが、使いたい時もあるのも確か。

AFが許容できるのであれば十分に購入する価値はあります。写りに関して文句は出ないと思いますね。

この最高画質がこのサイズに収まっていて、かばんの隙間に放り込んで外出し、必ず出番があるレンズです。

みなさんにもぜひおすすめしたいレンズになります。

レンズレビュー記事一覧

SONY Eマウント
①タムロン 70-180mm F/2.8 Di III VXD (Model A056)をレビュー。間違いなくゲームチェンジャーだがデメリットも把握しておく必要がある。
②85mmF1.4 DG DNという史上最強のレンズをレビュー。E・Lマウントユーザーへ告げる。これだけは持っておけ。←本記事

③シグマ 35mm F1.2 DG DNをレビュー。あなたがF1.2とF1.4の違いに価値を見出せるかで選択が変わる。

④タムロンのEマウントレンズ 35mm F2.8 di iii OSD M1:2 (Model F053)をレビュー。デメリットも多いが面白い選択肢。

⑤シグマ 150-600mm F5-6.3 DG DN OS sportsをレビュー。他SONY Eマウント超望遠ズームとも比較

レンズ比較記事一覧

コメント

タイトルとURLをコピーしました