単焦点レンズと高倍率ズームレンズの画質、解像力を比較

みなさんこんにちは。

単焦点レンズ(シグマ 105mm F2.8 DG DN)

高倍率ズームレンズ(タムロン 28-200mm F/2.8-5.6 Di III RXD)

焦点距離を105mmに合わせ、解像力を比較しました

高倍率ズームは画質を犠牲にし利便性を追求して作られている。
反対に単焦点レンズは利便性を犠牲にして画質を追求して作られている。

正反対のレンズの比較であるがタムロンの28-200mmは高倍率ズームにしては画質がいいと話題だ。

シグマの105mm F2.8は単焦点レンズらしく解像力に定評がある。

果たして結果はどうなるのか!?

スポンサーリンク

中心


↑の写真の中心の箱がある部分を拡大して比較します。

※拡大した写真はすべて2400万画素の写真を、9万画素まで拡大しています。

中心F4.5

まずはF4.5同士で比較していきたいと思います。

←28-200mm F2.8-5.6   →105mm F2.8

中心は差がでにくいですが、さすがに単焦点レンズである105mm F2.8のほうが解像していますね。

F4.5は28-200mmを105mmまでズームしたときの開放F値になります。

105mm F2.8はF2.8→F4.5まで絞っているのでレンズの性能をフルに活かせる。

F値開放はその名の通りレンズがフルオープン(最大限光を取り入れることができる)状態のこと。
レンズの隅は光が通りにくいので開放で撮った時は絞った時と比較して解像感が落ちたり周辺減光につながります。

中心F6.3

続いて、少しでもフェアな戦いにすべく、F6.3に絞って比較します。

28-200mmにとってもF4.5からF6.3に絞ることになるので画質の向上が期待できます。

←28-200mm F2.8-5.6   →105mm F2.8

少し差はなくなりましたがそれでも105mmのほうが解像している。

次に、隅の解像力を比較します。

箱が隅に写るように移動させました。

隅F4.5

先程と同じようにF4.5から比較します。

←28-200mm F2.8-5.6   →105mm F2.8

とてつもない差となりました。
露出設定は合わせていますが28-200は開放F値ということもあり周辺減光の影響があります。

隅F6.3

F6.3だと少しは差が縮むのか。

←28-200mm F2.8-5.6   →105mm F2.8

周辺減光は収まりましたが、解像感は全然違いますね。
28-200の周辺は絞ってもほぼ改善しないですね。

まとめ

ズームレンズは広角端と望遠端の画質が低下しやすいが中間域は比較的良好。
そんなはずですが、高倍率ズームレンズと単焦点レンズでは明確な画質の違いが見えることになった。

当然の結果か。

2400万画素レベルなら28-200mmで十分かと思っていましたが、それでも単焦点レンズとは明確な解像力の違いがあるのだなぁと思いました。

拡大せずに比べた場合
←28-200mm F2.8-5.6   →105mm F2.8

よく見れば単焦点レンズのほうがハッキリした描写ですが、パット見では大きな違いになりません。

拡大して見ることのない方やトリミングをあまりしない方は、解像力という点においては高倍率ズームレンズでも問題ないでしょう。

以上になります。
ありがとうございました。

レンズレビュー記事一覧

コメント

タイトルとURLをコピーしました