シグマ 14-24mm F2.8 DG DNとSONY 14mm 1.8 GMを比較レビュー

みなさんこんにちは。

・SONY 14mm F1.8 GM
・シグマ 14-24mm F2.8 DG DN Art

この2点を比較します。

(星も撮りたいけど風景も撮りたい。超広角単焦点か超広角大三元ズームにするか迷うな〜・・・)

Eマウントの超広角レンズで、星も昼間の風景も撮る方にとってSONY GMレンズとシグマ Artってとても迷いますよね。

渋たか
渋たか

両方使った僕がメリット・デメリット、どのような方におすすめかを解説するので是非最後までご覧ください。

スペック

        14mm F1.8 GM
        
14-24mm F2.8 DG DN
    
価格¥172,779¥135,500
重量460 g795 g
最大径x長さ83x99.8 mm85x133 mm
防塵防滴
最大撮影倍率0.1倍0.136倍
レンズ構成11群14枚13群18枚
最短撮影距離0.25m0.28m
絞り羽根枚数9枚11 枚
AFモーターリニアモーターステッピングモーター
レンズのスペック(仕様)の意味や見方を理解してレンズを選ぼう
レンズのスペックを見てて、「これってどういう意味?」と思う項目もあるかと思いますので、解説していこうと思います。 SONYの24-70mm F2.8 GMというレンズを参考にします。 焦点距離:24-70mm 開放F値:F2...

どちらも出目金レンズで、14-24mmはインナーズームです。

重量や大きさがかなりの違いになってます。

最近のSONYのレンズは本当にコンパクトですね。

外観

←から14-24mm.       14mm F1.8 gm.   16-35mm F4 G

←から、14-24 F2.8 DG DN、14mm F1.8 GM、16-35mm F4 G

いつもどおりのシグマの質感。一部金属が使用されており、ライバルのタムロンより質感が高い。

いつものGMレンズの質感。触った感じ金属感はないが、安っぽさは感じられない。

 

どちらも出目金レンズです。

14-24mm F2.8 DG DNをa7Riiiに装着

14-24mmは重さの割には小さいので、フロントヘビーになりすぎずバランスは結構いいです。

14-24mm F2.8 DG DNはどしゃぶりの雨の中で撮影しても無事でした。

星空写真でサジタルコマフレアを比較

GMはF1.8、シグマはF2.8で比較

a7 IV(3300万画素で撮影)

固定撮影で8秒露光しています。(200ルールでも約15秒露光していいことになるので、8秒でも速い方)

F値開放同士の比較ですが、GMレンズのほうが良いですね。
光の透過率がいいのか、同じ露出なのに若干明るいです。

両方、F2.8で比較

同じ露出で撮りましたが、周辺減光の影響を受けたF値開放のシグマは暗く写ってます。

F2.8まで絞ったGMの描写は開放のときと変わらないですね。(むしろ開放のほうが良い!?)

これなら安心して開放を使えます。

APS-Cクロップした状態の隅を比較

さきほどのはフルサイズで撮影していましたが、当初、別日の別場所でAPS-Cクロップしていることに気づかずに撮影してしまってました。
どうせならその写真も載せます。

a7iii(2400万画素)でAPS-Cクロップしてしまってたので、1032万画素の写真を拡大します

フルサイズの隅ほど差はないですが、僅差でGMレンズのほうがわずかに良いか?

しかし、14mmのSS10秒でも星は結構流れるもんですね・・

雲もあるので少しみづらいですが、参考になれば幸いです。

解像感を比較

近景の解像感を比較

撮影距離は2~3mほどで、比較的近景です。

←が中心で→が隅  (タップで拡大します。)

中心は若干シグマが優れている。

隅は明らかにシグマが優れている。ただ、周辺減光の影響を強く受けています。

遠景の解像感を比較

撮影距離は100m以上離れている遠景です。

←が中心で→が隅  (タップで拡大します。)

周辺減光は編集で取り除きました。

近景のときと同じで、
中心は若干シグマが優れている。

隅は明らかにシグマが優れている。

ちなみに14-24mm F2.8 DG DNと16-35mm F4の16mmでの遠景を撮り比べたときも、14-24mmのほうが描写がよかったです

逆光耐性を比較

今回の状況では14mm F1.8 GMの逆光耐性が一番高くなりました。
 
16-35mmの玉ボケのようなものは、レンズ表面についたゴミだと思います。

周辺減光

タップで拡大します。

同じF値で比べると、違いは明らか。

やはり、GMのほうが明るく感じます。

今回は14mm同士で比較していますが、シグマ14-24mm F2.8は16mmまでズームすると周辺減光がかなり弱まりますので、広角端だから目立つといった感じです。

フォーカスブリージング

SONY 14mm F1.8 GMのフォーカスブリージングはそれなりに発生し、接写で画角が狭くなる。

一方シグマ 14-24mm F2.8 DG DNはほとんどフォーカスブリージングが発生していないですね。

AF速度の比較

同じ比較はしていないですが、ぼくが使った感想はシグマ14-24mmのAF速度でも十分だなと思いました。

14-24mm F2.8 DG DN

↑を見ていただけると分かる通り、a7iiiとの組み合わせでも十分なAF速度です。

ただ、近距離で人物が素早く前後したときに、フォーカスが追いきれないということがありました。
a7IVだと大丈夫だったかもしれません。

超広角で動きの速い物を撮る方は少ないと思うんで、シグマでも十分だと思います。

 

a7 IV

↑は近距離でかなり激しく動いて瞳が端に行き、かなりAFが難しい局面です。
それなのに背景にピントが抜けるどころか、目を捉え続けている。
僕の経験上、この状況で他社のほとんどのカメラは合わせ続けれないと思います。

SONYの最新カメラと最新レンズは、高い次元のAFです。

アクティブ手ブレ補正の効き具合を比較

アクティブ手ブレ補正モードとは
設定で「手ブレ補正」を「アクティブ」にすることによって、人によってはジンバルがいらないレベルまで手ブレ補正が効きます。

アクティブ補正のデメリットもありまして、
サードパーティ製レンズでは効果を最大限に発揮できない
静止画では使用できない
約1.15倍クロップされるという点です。
SONYはマウント径に余裕がありませんので、クロップしないとセンサーシフト式の手ブレ補正を強力にできないということでしょう。
より広角の純正レンズをチョイスすることで対策可能です。

2022/10/14時点での光学式アクティブ手ブレ補正対応カメラは
a7 IV , a7Siii , a1 , FX3 , FX 30 の5機種です

14mmなのでシグマも手ブレは目立たないですが、やはりソニーのほうが効きがいい。

SONY 14mm F1.8 GMで自撮りしたときのボケ感。F1.8  F2.8  F4

これらの出目金レンズでNDフィルターを使う方法

sony 14mm F1.8 GMもシグマ14-24mmも出目金レンズのため丸形フィルターは使えません。

したがって
・角型フィルターを取り付ける
・リアNDフィルターを取り付ける
この2択になります。

角型フィルター

↓SONY GM用ホルダー
¥19,980 (2023/02/07 05:10時点 | Amazon調べ)
\お買い物マラソン開催中!/
楽天市場
↓シグマ用ホルダー フィルターは、ハーフNDフィルターもセットになった↓がおすすめ
\お買い物マラソン開催中!/
楽天市場

角型フィルターの始め方は↓の記事で解説してます。

KANI 角型フィルターシステムの取り付け方や選び方を解説。どれを買えばいいのか。
みなさんおはようこんにちは♪ しぶ 花子 角型フィルターかー・・・ 興味はあるけどなんか敷居が高いな〜。 ホルダーとかややこしそうだし。 渋たか 太郎 僕も初めはチンプンカンプンだ...

 

リアNDフィルター

↓SONY GM用 ↓シグマ用

ちなみに14-24mm F2.8 DG DN用に購入したリアNDが、14mm F1.8 GMにも流用できました。 ただ、↓のフィルターホルダーが必要でした。

フィルター自体は共通でおなじものということです。

シグマのリアNDフィルターホルダー(標準搭載)

14mm F1.8にHAIDAのフィルターホルダー(別売り)を装着

リアNDと角型フィルター、両方使った僕の感想

 

角型フィルターのメリットデメリット
メリット
・重ね付けができる。
・ケラレの心配がない
・ハーフNDもCPLフィルターも使える

デメリット
・150mmのホルダーともなるとかなり大きい。
・ジンバルに載せるとバランスが変わる
・レンズに傷がつく(気をつけたら大丈夫かも)

 

僕の使い方が悪いかもですが、何回も使用しているうちにフードに傷が付いてしまいました。フードが固定されているので取り替えることができず、ショックです。

150mmホルダーなら、シグマ14-24mmの14mm側でフィルター3枚重ねてもケラれませんでした。
100mmホルダーはケラレが起きやすくなることが想像できますので、14mmで使用する方は150mmがおすすめです。

リアNDフィルターのメリットデメリット
メリット
・かなり小型
・角型フィルターよりは安い。
・ケラレの心配がない
・ジンバルに乗っけても重量が変わらない。

デメリット
・扱いに気遣う。(屋内でも気遣うのに屋外ならなおさら)
・重ね付けができない(ND1000までしか得れない)
・リアNDシステムではCPLやハーフNDを使えない。(当然だが)

出目金レンズで動画撮影する方は、リアNDフィルターがおすすめです。

角型フィルターでもできなくはないですが、重いので長時間の撮影では疲れますね。あと、積載重量が増しますのでジンバルのパワーもいります。

リアNDフィルターを装着してます。RS2なら14-24mm F2.8の重量でも余裕でした。(角型フィルターを付けたとしても)

写真撮影の方には角型フィルターを、
動画撮影の方にはリアNDをおすすめしたい。あと荷物を減らしたい方も。

14mm F1.8の作例

14 mm15.0 秒 (f – 2.8) APS-Cクロップなので約21mm

14 mm8.0 秒 (f – 1.8)

14 mm1-320 秒 (f – 8.0)

14mm F1.8 GMは買ったばかりなのでまだまだこれからといったところです。

14-24mm F2.8の作例

14 mm1-6 秒 (f – 5.0) トリミング

14 mm1-8 秒 (f – 8.0)

14 mm1-20 秒 (f – 2.8)

14 mm1-25 秒 (f – 4.0)

14 mm1-80 秒 (f – 5.0)トリミング

14 mm1-100 秒 (f – 4.0)

14 mm1-125 秒 (f – 14)

14 mm1-160 秒 (f – 2.8)

14 mm1-160 秒 (f – 14)

14 mm1-400 秒 (f – 13)

14 mm1-2000 秒 (f – 2.8)

14 mm1-8000 秒 (f – 2.8)

14 mm4.0 秒 (f – 7.1)

14 mm30.0 秒 (f – 13)

14.6 mm15.0 秒 (f – 2.8)

22.9 mm6.0 秒 (f – 10)

24 mm1-50 秒 (f – 9.0)

24 mm1-80 秒 (f – 2.8)

このレンズはかなり使いましたが、シグマのズームレンズでは一番気に入っています。

14-24mm F2.8 DG DNは24-70mmよりも1段階上の描写に感じます。
実際に24mmで比較したときは14-24mmのほうがよかったです。

シグマ14-24mm F2.8 DG DNと24-70mm F2.8 DG DNを比較!24mmでの解像性能など
みなさんこんにちは。 シグマのミラーレス用レンズの14-24mm F2.8 DG DNと24-70mm F2.8 DG DNの特に24mmでの描写を比較していきたいと思います。 外観の違い 使われている素材はほぼ同じになります...

14mm F1.8 GMと14-24mm F2.8 DG DN両方使って感じたメリット・デメリット

14mm F1.8 GMのメリット
・軽すぎる
14mm F1.8の重量としてはかなり軽く感じます。

・同じ設定でも、なぜかシグマ14-24mmより明るく撮れる
暗所ではかなりのメリットですね。

・星を撮影したときに14-24mmよりも安定した描写
暗所で開放F値が低いことは正義だなと思いました。

・APS-Cクロップしたときに21mmとして使える
4Kモニターで見るレベルなら14mmと21mmの単焦点2つ持ってるのと同じ感覚で使えます。

・AF速度が速すぎる
恐らく不満が出る方はいないと思います。

・アクティブ手ブレ補正が効く
SONY純正レンズの強みです。

14mm F1.8 GMのデメリット
・特に隅の解像力がシグマ14-24mmと比べると甘い。
小型軽量の弊害かもしれません。

・フォーカスブリージングがそれなりに発生する
14-24mm F2.8と比べると結構違います。
ただ、純正レンズなのでa7IVなどのカメラでブリージング補正が使えます。

・使い所の難しさ
14mmの単焦点の出どころは想像以上に少ないです。
ただ、APS-Cクロップすると21mmで使いやすいので、クロップしたあとの画素数が許容できる方は使い勝手がいいと思います。

 

14-24mm F2.8 DG DNのメリット
・解像力が高すぎる
GM単焦点を打ち負かすシグマの大三元ズーム。あっぱれ。
解像力だけじゃなく、かなりきれいな描写

・汎用性が高い。
これだけの高解像力なら24mmをAPS-Cクロップして36mmにしてもカメラによっては平気

・フォーカスブリージングが少ない。

14-24mm F2.8 DG DNのデメリット
・サードパーティ製であること。
アクティブ手ブレ補正の効きが悪いことは人によってはデメリットです。
ジンバルを使うなら問題ありませんが、RS2やRS3などのパワーがあるジンバルが望ましい。

・AF速度がSONYレンズよりも遅い
ただ、致命傷になるくらいの差があるわけではないです。
このレンズの使用が想定される状況では恐らく多くの状況で問題になりません。
超広角は被写界深度が深いですし。

・重たい
とはいってもスペックを考えると普通で、SONYレンズが軽すぎるといった感じです。

14-24mm F2.8 DG DNはインナーズームなので、ジンバルとの相性はいいです。
パワーがあるジンバルをお持ちで体力に自信のある方はぜひ。(NDフィルターの脱着がめんどくさいが・・)

背景ボケはどちらのレンズも綺麗だなと思いました。

14-24mm F2.8 DG DNの24mmの写真を80mm相当までクロップしたBefore After↓

←スライドできます→

14mm F1.8 GMを選ぶべき人

  •  荷物を軽くしたい方 
  •  星の撮影を行う方 (明るい)
  •  動画撮影を行う方 (AF,手ブレ補正,軽量)

動画撮影ではAPS-Cクロップしても画質は変わらないのでおすすめですね。

ただ、a7SiiiではAPS-Cクロップできないので、どちらかというとa7iiiやa7IVなど、クロップが可能な機種におすすめです。

14-24mm F2.8 DG DNを選ぶべき人

  •  コンパクトより画質を重視する方
  •  風景撮影をする方
  •  写真撮影をする方 
  • 星も風景もレンズ1本で済ませたい方

14-24mm F2.8 DG DNでも星は撮れますので、写真撮影の観点では14-24mm F2.8 DG DNのほうが実用的です。

渋たか
渋たか

ところで、僕は最近14mm F1.8 GM(460g)と16-35mm F4 G(353g)を組み合わせていますが、この方法はとてもおすすめです。

・両方合わせても815gと軽量
・星のような暗所と風景用で使い分けられる。

ただ、合わせると30万円近くになってしまうため、「予算が限られているよ!」という方にはやはり14-24mm F2.8 DG DNがおすすめです。

SONYのアクティブ手ブレ補正が純正のみに限定されていなかったら、14mm F1.8 GMと16-35mm F4 Gは購入せず、14-24mm F2.8 DG DNを使い続けていたと思います。

それくらい14-24mm F2.8 DG DNは汎用性が高く素晴らしいレンズですので、安いから劣っているというわけではありません!

カメラやレンズは高価なのでレンタルもおすすめ。

カメラ機材は高価なので購入するハードルが高い・・

  • 購入前に実際に使ってから検討したい
  • お子様の行事や旅行など、イベントで一時的に使用したい
  • 人気の機材をお試しで使用してみたい 
  • サブスクで色々なカメラを使いたい
渋たか
渋たか

そんな方はカメラレンタルサービスを利用するのがおすすめです。

個人的にはカメラレンタルのサブスク「GooPass」がおすすめです。

例えば今回紹介した14mm F1.8 GMと14-24mm F2.8 DG DNは、
Lv3パス:月額 税込15,180円で1ヶ月借りることが可能(その間、別の機材に取替放題。)
1週間であれば、なんとLv2パス:月額 税込10,780円で借りられます。(残りの3週間はRank1~2の機材を自由に取り替え放題)

僕はこれまでGooPassを何回も利用しましたが、カメラレンタルサービスの中で最強だと思いました。

GooPassをおすすめする理由 

①品揃えが他社よりも多い。
 ・「借りたいときに在庫がなく借りれない・・」
 ・「借りたい機材の取り扱いがない・・」
このようなことがGooPassでは、ほぼ起こりません。

②1weekパスを使用すると業界最安
  GooPassには契約ランクよりも上位ランクの機材を1週間借りることができるサービスがあり、高い機材も格安で借りることができます。

③契約期間中機材を取り替え放題
  通常は一度借りたら期間終了まで機材を変更できないですが、GooPassの場合はなんと、契約ランク以下の機材なら取替放題なので色々な機材を試せます。

④注文から受け取りまでがAmazon並に早い。
  僕は実際に14時に頼むことも何回かありましたが、その日のうちに発送され、翌日午前中に受け取れました。(東京→大阪)

⑤サポートが充実
  ・機材を破損させてしまったときのサポートが充実しています。
  ・10:00-21:30(年中無休)でチャットサポートで対応して頂けます。

以上の理由からGooPassは大変おすすめです。

\税込み6380円からレンタル可能/
GooPass 公式ページ

GooPassについて詳しく知りたい方はこちら↓
{GOOPASS}料金と注意点。登録〜審査 、レンタル 〜返却 流れ
もう少し競合他社のサービスと比較して検討したい方はこちら↓
カメラレンタルサービス4社を徹底比較!選び方を解説

SONY フルサイズEマウント レンズレビュー記事一覧
単焦点ズーム比較記事
35mm F2.870-180mm F2.824-70mm F2.8 DG DN
14-24mm F2.8 DG DN
85mm F1.4 DG DN150-600mm F5-6.335mm F1.2 DG DN
35mm F1.4 DG DN
35mm F1.2 DG DN16-35mm F4 G105mm F2.8 DG DN
28-200mm F2.8-5.6
24-70mm F2.8 DG DN35mm F2.8
24-70mm F2.8 DG DN
14mm F1.8 GM
14-24mm F2.8 DG DN
24-200mm F4-6.3 VR Z
28-200mm F2.8-5.6
24-105 F4 G
28-200mm F2.8-5.6
マイクロフォーサーズ レンズレビュー記事一覧
単焦点ズーム比較記事
20mm F1.712-32mm F3.5-5.615mm F1.7
42.5mm F1.7
 

コメント

タイトルとURLをコピーしました