タムロン 70-180mm F/2.8 Di III VXD (Model A056)をレビュー。間違いなくゲームチェンジャーだがデメリットも把握しておく必要がある。

みなさんこんにちは。

タムロンがSONY Eマウント向けに販売している70-180mmF2.8のレビューをしていきます。

これを使いたいがためにEマウントにする方もいると思います。

このレンズのいいところと悪いところ、使用感を書いていきます。

スポンサーリンク

仕様

最短撮影距離 AF時 0.85m (ズーム全域)
(MF時 0.27m (WIDE)/0.85m (TELE))*
最大撮影倍率 AF時 1:4.6
(MF時 1:2 (WIDE) / 1:4.6 (TELE))*
フィルター径 Φ67mm
最大径 Φ81mm
長さ** 149mm
質量 810g
絞り羽根 9枚 (円形絞り)***
最小絞り F/22

※タムロンHPから引用

特筆すべきはサイズとMF時の最短撮影距離

810gは本当に恐ろしく軽い。
他社レンズは1500gくらいが当たり前になっている。
望遠端の20mmを削って手ぶれ補正機構を省いただけで、ここまで軽量化できてしまうものなのか。

そしてMFにすると寄れるので汎用性が高いレンズですね。

ただし接写したときの隅の描写はかなりソフトになりますので、メインの被写体を中央付近に置くのが望ましい。

外観

←はシグマ24-70mmF2.8 830g

70-180mmF2.8は長いが径が小さいので長細いという感じ。
重さはシグマ24-70mmが20g重い。

あ、僕の70−180mmF2.8は67mm⇨82mmのステップアップリングを装着してますので若干長くなっています。


質感は全く違いますね。

ベトナム製

シグマは全て日本製だがタムロンの製品はほぼ海外製。

a7iiiに取り付けたイメージ

玉ボケの形

大三元望遠といえばボケ。
中でも玉ボケについて詳しくみていきます。

85mmF2.8

140 mm1-50 秒 (f – 2.8)

180mmF2.8

玉ボケは開放で撮ると隅は円形を保つのが非常に厳しいですね。

70mmと85mmと180mmの玉ボケを検証しました。

70mm

口径食の影響を受けやすい4隅(右下)を拡大しています。

※わかりやすくするためにそれぞれピント位置変えてますのでボケ量を調節してます。
玉ボケの形のみご覧ください。

70mm 玉ボケ

F2.8ではレモン型の玉ボケであるが、F4.5では余程隅ではない限り円形。

F8では絞り羽根の影響を受けてボケが角ばりはじめているが、F8以上で玉ボケを表現する機会はそんなにないと思うのでそこまで問題はない。

85mm

85mm玉ボケ

85mmはポートレートに使う焦点距離なので少し細かく比較しました。

70mmと同じような感じですね。F4.5まで絞るとほぼ気にならない。

180mm

180mm 玉ボケ

他の焦点域よりレモン型のボケが顕著だ。
F5.6に絞っても隅の方は改善していない。

このサイズでF2.8を達成している弊害なのかもしれない。

別レンズ85mmF1.4 DG DNの玉ボケと比較

85mmF1.4でF1.4で撮影した玉ボケがこちらです。↓

1-125 秒 (f – 1.4)

F2.8同士で比較

比較するためにF2.8に合わせます。

同じ85mmですがピント位置が違いますので玉ボケの大きさに差がでています。
玉ボケの形状のみをご覧になってください。
見ての通りシグマは2.8まで絞ってますので隅ギリギリ以外は円形になっています。
タムロンは開放なので口径食の影響がすごいですね。

よりボケを大きく写していて粗が目立つはずのシグマの方が玉ボケの中がスッキリしています。
タムロンの方は玉ボケの中がかなりざわついていますね。

F4同士で比較


シグマは完全に円形、タムロンはほぼ円形

F5.6同士で比較


シグマは開放が明るい分、すでにF5.6で絞り羽根の形状が微かに見え始めている。
タムロンは2段絞ったF5.6。ここが本領発揮といったところだ。

F9同士で比較


ここまでくるとタムロンも絞り羽根の形状が見え始めている。
なんとシグマはF5.6のときとほとんど変わっていない。

絞り羽根枚数がタムロンより2枚多いということが絞った時に目に見えてわかる差になってくるのです。

GOOD

望遠側の20mm切り捨ては大きな問題ではない。

←180mm →200mm

通常は大三元レンズの望遠ズームは望遠側200mmですが、タムロンのこちらのレンズは20mm削られた180mmになっています。

20mmと聞くと人によってはかなり違うんじゃないかと思われるかもしれません。

例えば焦点距離20mmと40mmの差は20mmで、めちゃくちゃ画角が変わりますよね。

ですが画角の差は引き算で計算すべきではなく、割算で計算するのです。

したがってこのようになります。
40mm➗20mm=2倍
200mm➗180mm=1.1倍

2倍だとかなり画角がかわりますが、1.1倍だとそこまで画角がかわらないです。解像度でいうと1.1倍はクロップしても全然大丈夫です。

180mmで焦点距離が足らない被写体はそもそも200mmでも足らない気がします。そんなレベルです。

しかし、光学的に200mmまでズームしたボケ量はどうあがいても得れませんのでそこは注意が必要です。

解像性能

a7Riiiで使用していても解像性能に不満を感じたことはありません。
望遠端でもシャープなため、例えば28-200mm(高倍率ズーム)の200mmよりもこのレンズで180mmクロップして200mmにした方が解像性能高いんじゃないかな?と思います。

ボケがまずまず


どうですかね。普通に滑らかじゃないですかね。

ざわつきやすい木の枝

複雑な柄や前ボケは後ろボケに比べざわつきやすい。

ざわつきやすい状況でもうまくいなしていると思います。

AF-Cが速すぎる

a7iiiでも瞬殺で鳥にフォーカスが合い、追い続けることができました。

a7iiiに鳥瞳AFがあればもっとよいのだが、、

このレンズはタムロンの中でも最新のフォーカス駆動VXDが使われていて、今までにない速さになっています。ステッピングモーターを採用している、シグマ85mmF1.4 DG DNと比較しました。

安すぎる

これだけの性能がわずか約12万円で手に入ってしまう。

普通に考えると高価ではありますが、純正ならば約27万円ほどとなってしまう。それでいてAFも解像感もほとんど同じとのレビューもあります。

ただ、2021年9月30日に発売された純正の新型70-200mm F2.8 GM IIには解像感は負けてしまいます。
もはや、軽さ以外太刀打ちできないって感じになってますので、予算がある方は純正をチョイスしたほうがいいと思います。

軽すぎる

このレンズあまりにも軽いです。シグマ24-70mmF2.8 DG DNより軽い。

望遠レンズの常識を覆す。

これだけの安さと軽さなので純正F4を買うよりこちらをチョイスするのもありだと思います。

風景は絞るからF2.8はいらないと思われるかもしれませんが、奥行き感がある風景の場合は、F2.8で撮ることによって立体感が出せて表現の幅が広がるんですよね。

立体感が出る。

あとは人が映り込む場面でF2.8を使うことでいい感じに顔をぼかしてくれます。

人混みで人の顔をぼかせる

自動でプライバシーに配慮できます。

ちなみに全然ポートレートでも使えると思います。

「衝撃」被写界深度の深さとと背景ボケの大きさは必ずしも比例しない。
このことに気づいたとき、「白米が実は健康に良くない」と同じレベルの衝撃でした。 よく望遠ほど被写界深度が浅いといわれていて、尚且つ被写界深度が浅い=背景がボケると言われていますが、果たして本当なのでしょうか。 そこに疑問を持った...

こちらの記事で以前解説しましたが、例えば85mmF1.4と180mmF2.8で背景のボケ量はほとんど変わらないと思いますが、被写界深度はF2.8の方が深いため、両目や身体全体にピントが合いやすくなります。

180mm F2.8

背景はボケボケなのに身体はそこまでボケボケではないと思います。

大三元望遠レンズを使うことで、より被写体が浮き出たような表現が可能です。

BAD

質感

タムロンのミラーレス用レンズの質感ですが、ライバルのシグマと比べてもあきらかに劣る質感です。
タムロンは軽さを優先するという設計でコンセプトがそもそも違うので仕方がないかもしれませんが・・

撮れる写真には関係がないのですが、シグマのレンズを付けた時の方がテンションが上がります。

また、このレンズはベトナム製です。これに関しては価格を安くできている理由であるだろうし筆者としてはそのほうがありがたい。

絞り羽根が9枚

11枚であることがおおいシグマARTやSONY GMに比べると玉ボケに絞り羽根の形状が影響するF値において不利である。

ライバルのシグマでさえミラーレス用ARTレンズはほぼ11枚なので、タムロンが大三元も9枚で作っているのは少し残念。

逆光耐性が平凡

F2.8で撮影

F16で撮影

F2.8で左上あたりが紫っぽくなっているのが気になりますが、ゴーストは少なめです。

と、思いましたがゴーストが出る場面もあった。

180 mm1-500 秒 (f – 14)

ん〜微妙ですね。

テレコンが使えない。

テレコンをつかって360mmF5.6で使えたら風景やちょっとした野鳥用途に最高の選択肢になったはず。

手ぶれ補正がない。

手持ちで撮影するとなると、とくに180mm側ではブレやすい。

昼間でも絞るとシャッタースピードが意外に低下するため注意が必要です。

手ぶれ補正を搭載すると価格と重量が嵩むため、このようなコンセプトになったのでしょうし仕方がありません。

このレンズで撮影すると結構ブレた写真を量産してしまっています。やはり手ぶれ補正は重要だなという印象。
ですが僕の腕不足というか、ブレの認識の甘さでもありますw
SNSに載せる分には問題ありませんのでうまくごまかしてます。

AF-Sで迷う時がある。

コントラストが低い被写体をAF-Sで撮る時に迷うことがあります。
遠景の空でも迷いました。同じ状況でシグマ24-70mmDGDNのAF-Sはすぐに合いました。

あ、それと暗いところでは本当迷いますよ。サードパーティ製のレンズを使う欠点といったところか。

AF/MF切替スイッチがない。

個人的にこれはかなりのマイナス点です。

カメラ側でMFにするのがめんどくさかったりして、なかなか70mmのハーフマクロ撮影をしていません。

ある程度解決しました。

SONYのカメラには押している間AF/MF切替(押している間だけ)や再押しAF/MF切替(押すとAF/MFが永久に切り替わる。)という設定がありますので、それをご自身がお好きなボタンに登録するとかなり使い勝手がアップします。

写真にパンチがないと感じるときがある。

完全に主観ですが、コントラストが低いからか、写真にパンチがないと感じるときがあります。

コントラストが低い曇りの日は余計コントラストの低さが強調されると感じます。

曇りの日

晴れの夕方

太陽が色づきはじめている夕方に撮りました。
このような状況ではしっかりとしたコントラストでのり過ぎなくらい色がのっていますね。
この写真は編集ソフトで彩度をおとしているくらいです。
光の状況がよかったため、いい描写になっていますが、全体的に撮った写真を見ると抜け感が単焦点には一歩及ばないかなと思います。

シグマ85mmF1.4DG DNとコントラストを比較してみた。
他社70-200mmと比較したいところですが持っていませんので、少し比較対象としてはナンセンスかもしれませんが、単焦点と比較させていただきます。

どちらも撮って出しで、ある写真の一部分を拡大しています。


若干明るさが違いますが、85mmF1.4の方がコントラストが高いことがわかります。

そして自分が両方のレンズを使っていて思うことは、やはり単焦点である85mmF1.4の方が一段階クリアな写真が出てくるイメージです。

85mmF1.4で撮影。かなりクリア

85mmF1.4で撮影。ぬけ感というか透明感というか。

ですが僅差ですし、多分写真だけをみてどちらで撮ったとかは当てれないと思います。
いや、どうだろあてれるかもしれないw

85mmF1.4

このクリアさが70-180mmF2.8から出てくることは相当珍しいですが85mmF1.4なら容易に出てくる。そんなイメージです。

まとめ

三脚座がないことはデメリットにあげませんでした。
軽いので三脚座の必要性は全く感じません。
雲台にベースプレートを取り付けるで対応可能。

BADの方が多くなりましたが、機能性とか細かい部分ですね。
フルサイズの望遠大三元がこの価格と軽さは唯一無二です。
写りも全然問題ありません。(ですがズームの域を出ていない感はある。)

僕はこのレンズをなんだかんだ使い続けると思います。

レンズレビュー記事一覧

コメント

タイトルとURLをコピーしました