レンズにおける最大撮影倍率、最短撮影距離、ワーキングディスタンスとは?マクロ性能のこと。

どうも渋たかです。

レンズの仕様に最大撮影倍率最短撮影距離といった項目があると思います。

みなさんあれを意識していますか?

また、ワーキングディスタンスという言葉について、意外と重要なので解説したいと思います。

スポンサーリンク

マクロ撮影とは

マクロ撮影はみなさんご存知ですか?
恐らく初心者の方も聞いたことがあるかもしれません。

いわゆる接写のことです。

被写体に近づいて大きく写す撮影方法のことをマクロ撮影といいます。

どれだけ大きく被写体を写せるかはレンズによって違っていて、比較的被写体を大きく撮影できるレンズのことをマクロレンズといいます。

細かく分類すると
最大撮影倍率が換算1倍のレンズがマクロレンズ
換算0.5倍のレンズがハーフマクロレンズ
換算0.25倍のレンズがクォーターマクロレンズといったりします。

今回出てくる話は全てこのようなマクロ撮影に関してのことになります。

最短撮影距離とは

そのレンズがどれだけ被写体に近づいて撮影できるのか表しています。

タムロン35mmF2.8の最短撮影距離は15cm

例えばこの場合、15cmより近づいて撮影しようとすると、ピントがあわなくなるのです。

注意点
↑の写真の通り、最短撮影距離はレンズの先端からではなくカメラのセンサーからの距離のことを言います。

最大撮影倍率とは

最短撮影距離で撮影したときにどれくらい大きく写せるかの値です。

値が大きいほど大きく写せます

1倍とか0.5倍などのような○○倍といった表し方になります。

例えば1倍ならセンサーの大きさと比較して1倍(等倍)の大きさで表示されます。

詳しくは後述しています。

ちなみに、レンズの仕様には最大撮影倍率が1:21:2.9 など、このような記載がされてるときがあります。

これだと正直わかりにくいので、先程の ○倍といった表示に言い換えましょう。

例えば1:2なら1÷2をするだけです。 この場合0.5倍ですね。

1:2.9なら1÷2.9=0.34倍ですね。

最大撮影倍率の違いによる写る大きさの違い

最大撮影倍率換算0.34倍のレンズで撮影

24-70mmF2.8 最短撮影距離で撮影

最大撮影倍率換算0.5倍のレンズで撮影

35mmF2.8 最短撮影距離で撮影

最大撮影倍率換算1倍のレンズで撮影

105mmF2.8最短撮影距離で撮影

ここまで写る大きさが変わります!

最大撮影倍率が同じでもセンサーサイズによって実際写る大きさは変わる

最大撮影倍率が同じでも、センサーサイズによって写る大きさが変わってきます。

フルサイズが1倍としたときにAPS-Cは1.5倍マイクロフォーサーズは2倍の最大撮影倍率になります。

結局これではわかりにくいので、フルサイズ換算の撮影倍率が使われたりします。

これってなにかと同じだと思いません?

そう!焦点距離です!焦点距離でも35mm換算という言葉がありましたね。

レンズの仕様でよく見る35mm換算、フルサイズ換算とはなにか。画角の把握がしやすくなる。
みなさんこんにちは、渋たかです。 カメラ界隈でフルサイズ換算○○mmといった表記は、あちこちで聞くと思います。 35mm換算は、フルサイズ換算と言われたり、略して、換算と言われたりします。 全て意味は同じです。 結論を言...

例えばマイクロフォーサーズで最大撮影倍率0.5倍のレンズで撮影したときはフルサイズでいう最大撮影倍率1倍相当のレンズに匹敵します。

こういうときにこのマイクロフォーサーズのレンズは最大撮影倍率を0.5倍といわず換算1倍ということで、だれが見てもわかりやすくなります。

では実際どのように写るのか見ていきましょう

センサーごとによる最大撮影倍率の写り方の違い

フルサイズセンサー

まずはこちらをご覧ください。

フルサイズセンサーの実寸サイズ

フルサイズセンサーの大きさは縦2.4cm 横3.6cmなので、最大撮影倍率1倍のレンズで最短距離で撮影すると、1倍ということは、実際の長さが横3.6cm 縦2.4cmの被写体が画面いっぱいに写るということです。

つまりこのようになります。

フルサイズカメラに最大撮影倍率1倍のレンズで撮影した場合の大きさ

↑はシグマ105mmF2.8 DG DNで最短撮影距離で撮影しました。
このレンズは最大撮影倍率1倍です。
フォーカスブリージングなどで1~2mm誤差はありますが・・

計りを合成するとこのように、被写体のおよその長さがわかりますw

3cmの生物をこれだけ大きく写せるのが最大撮影倍率1倍(フルサイズ換算)

フルサイズカメラに最大撮影倍率0.5倍のレンズで撮影した場合の大きさ

↑はタムロン35mmF2.8で最短撮影距離で撮影しました。
最大撮影倍率は0.5倍になりますので、先程の1倍のときの半分の大きさで写るということです。

なので、実寸で縦幅4.8cm横幅7.2cmの大きさの被写体が画面いっぱいに写るということです。

APS-Cセンサー

APS-Cカメラに最大撮影倍率1倍のレンズで撮影した場合の大きさ

APS-Cセンサーはフルサイズより小さいセンサーになります。
最大撮影倍率が1倍のレンズを使用すると、横幅が2.36cmのものを画面いっぱいに写せるようになります。
より小さい被写体をクローズアップして撮影できるということです。

フルサイズで最大撮影倍率1倍のレンズを使うより1.5倍大きく写せます。

2.36×1.5をすると3.53cmでフルサイズになります。(多少誤差はありますが)

ですので、APS-Cで1倍の場合フルサイズ換算で1.5倍になるということなんですね〜

マイクロフォーサーズカメラに最大撮影倍率1倍のレンズで撮影した場合の大きさ

ここまで来るともう簡単ですね。
マイクロフォーサーズのカメラで最大撮影倍率1倍のレンズで撮影すると、フルサイズ換算で最大撮影倍率2倍相当の大きさで写せることになります。

マイクロフォーサーズで最大撮影倍率1倍のレンズは実際に存在しますが、フルサイズで最大撮影倍率2倍のレンズは存在しなかったはずです。

それだけセンサーサイズが小さくなるほどマクロ撮影や望遠撮影において有利になります。
(実際には画素数、レンズの解像性能なども加味する必要はありますが)

ワーキングディスタンスとは

意外と盲点だと思います。
今回は3つレンズをご用意しましたのでわかりやすく解説します。

35mmF2.8のワーキングディスタンス

35mmF2.8ワーキングディスタンス

シグマ24-70mm F2.8 DG DNのワーキングディスタンス

24-70mm F2.8ワーキングディスタンス

シグマ105mmF2.8のワーキングディスタンス

105mmF2.8ワーキングディスタンス

まとめると

 タムロン35mmF2.8シグマ24−70mmF2.8シグマ105mmF2.8
最短撮影距離15cm18(広角時)~38(望遠時)cm29.5cm
最大撮影倍率1:2(0.5倍)24mmで1:2.9(0.34倍) - 70mmで 1:4.5(0.22倍)1:1(1倍)
ワーキングディスタンス6.8cm2.7cm(24mm撮影時)13.8cm

もうなんとなくわかったのではないでしょうか?

ワーキングディスタンスって適当に和訳してもわかるとは思うのですが、レンズの先から被写体までの距離のことです。

ワーキングディスタンスは長い方がいい

理由1 被写体に光が当たらなくなる。

冒頭でも添付した写真ですがもう一度ご覧ください。

24-70mmF2.8 最短撮影距離で撮影

↑ワーキングディスタンス2.7cmで撮影

35mmF2.8 最短撮影距離で撮影

↑ワーキングディスタンス5.7cmで撮影

105mmF2.8最短撮影距離で撮影

↑ワーキングディスタンス13.8cmで撮影

全て同じ写真ですが、ワーキングディスタンスが長くなるにつれ、写真が明るくなっていると思います。

この距離が短すぎるとレンズで影になって被写体に光があたりづらくなりますので、ライティングに工夫しないといけなくなり、大幅に表現が狭まります。

24−70mmは比較的撮影倍率は大きいレンズなのですが、マクロを目的としたレンズではないため、ワーキングディスタンスが短すぎて、被写体が陰で暗くなっていますね。

撒き餌単焦点と高級ズームレンズはどちらが高画質?タムロン35mm F2.8(Model F053)とシグマ24-70mmF2.8DG DNの35mmを比較してみた!
みなさんこんにちは渋たかです。 今回はタイトルの通り、タムロン35mmF2.8とシグマ24-70mmF2.8 DG DNの比較をしていきたいと思います! 24-70は高級というほどでもないかもしれませんが、一応シグマのART(ハイエ...

こちらの記事でもこれについて取り上げていますのでご参照ください。

理由2 昆虫撮影で昆虫に逃げられる

昆虫を撮影してる場合だと、レンズ先端から昆虫までの距離が近すぎると逃げられる可能性が増えるでしょう。

もし私たち人間が、巨人に得体の知れないバズーカーを横から至近距離で向けられていたとしたら、怖くて逃げませんか?w

そんな感じで羽根があり飛べる昆虫ほど、警戒心が強くすぐ逃げ出すのは想像ができるでしょう。

長いワーキングディスタンスのレンズを選ぶには
1.焦点距離が長いレンズを選ぶ
2.レンズの全長が短いレンズを選ぶ
3.レンズの径が細いレンズを選ぶ。
焦点距離は長すぎるとテーブルフォトには使いづらくなりますし汎用性は低くなります。例えば空を入れたマクロ撮影などは難しくなります。
悩みどころではありますがそこはみなさんがどのような被写体をどんなイメージでマクロ撮影したいかによって、選択していただく必要があります。

35mmF2.8 最大撮影倍率0.5倍。まだもう少し近づける余力があったと記憶。

105mmF2.8で撮影(最大撮影倍率1倍)。確か最短撮影距離で撮ったと記憶。

 

以上です。

みなさんもぜひマクロ撮影にチャレンジしてくださいね♪
ありがとうございました!

今回使用したレンズ

コメント

タイトルとURLをコピーしました