カメラの設定の「ISO感度、シャッタースピード、F値」とは?

カメラを始めるにあたり最初にぶち当たるのは、カメラの設定だと思います。

特にカメラを初めて間もない方がマニュアルで撮ろうとすると失敗写真になってしまうと思います。

明るさを決める上で覚えるべきものはたった3つです。
それは絞り(F値)、シャッタースピード、ISO です。

この3つについて今回はわかりやすく解説します。

そして、ホワイトバランス(WB)と露出補正に関しても重要なので解説します。

マニュアルで撮影することで↓が可能になります。

明るさをコントロールしてノイズが少ない高画質な写真が撮りたい。
・ボケの大きさをコントロールし、背景がボケた写真が撮りたい。
・なるべく高画質に撮影したい。

 

スポンサーリンク

絞り(F値)とは

絞り羽根のイメージ。F値を低くするとこの羽根が開く。

絞りはレンズの中に入っている光量調整用の絞り羽根という部品のことです。

上の写真ではF1が最も低いF値(開放F値)のため絞り羽根が全て開いていますが、例えば開放F値がF4のレンズの場合は、F4のときに絞り羽根が全て開いている状態になります。

つまりレンズの中の絞り羽根をすべて開いている状態にすることを開放F値といいます。

F値が低いほど光を多く取り入れることができますので、開放F値が低いレンズほど高性能です。

ズームレンズでは開放F値がF2.8のレンズ、単焦点レンズではF1.2やF1.4のレンズが高性能と言われています。(それより低く設定できるレンズもあります。)

F値は部品ではなく絞り羽根をどれだけあけるかといったカメラの設定になります。

カメラの設定のF値を上下させることで、絞り羽根が開いたり閉じたり操作することができます。

 F値を高くするとF値を低くすると
絞り羽根閉じる開く
写真暗くなる明るくなる
ピントが合う部分多くなる少なくなる

実際のレンズ内のF値による絞り羽根の動き

こちらは開放F値が1.2のレンズの中を撮影しました。

人間の瞳孔も同じ働きをしていて、明るい屋外では瞳孔が閉じ、暗い室内では瞳孔が開くってことを自動でやってます。

カメラの場合これを手動で制御することができるので様々な表現が可能になります。

F値が小さくなるほど絞り羽根が開くので光の量が増える。そして、背景にピントがあわなくなる(ボケる)

先程の写真の撮影状況

F値を小さくするとその羽根がより開いてる状態になり光を多く取り込めますので明るい写真になります。

逆にF値を高くすると羽根が閉じて暗い写真になります。

F値を小さくすることを絞りを開ける。反対に大きくすることを絞るといいます。

F値を小さくすればするほど、被写界深度が浅くなり(ピントが合う所が少ない)背景がボケやすくなります

暗い場所で単焦点レンズが有利と言われるのは、よりF値が低く明るい写真が撮れるようになるためです。

しかし三脚が使える場所の場合は単焦点レンズでも結局F値を高くして利用することになりますので、開放F値が暗いズームレンズでも問題ありません。

F値をF8などにして高くするとピントが合う部分が多くなるので、風景写真では絞りこんで撮影することがおすすめになります。

※F値を11以上に高くしてしまうと回折現象といって写真の解像感、精細感が劣化していきますので、理由もなくF値を上げすぎることには注意です。

シャッタースピードとは

シャッターはカメラのセンサーの前にあり、写真を撮る時にはシャッターが開き、光を取り入れてからまた閉じ、その光の情報がデジタルデータになり写真となります。

そのシャッターが開いてる時間をコントロールすることで、明るくしたり、動きの速いものを止めて撮影したりできます。

シャッタースピードを遅くすると、それだけ光を取り入れることができる時間が増えますので、写真は明るくなりますが、ブレやすくなります

とまっている風景などの被写体の場合でもカメラを持ってる手がわずかに動いているため、ある程度シャッターを速くする必要があり、1/焦点距離(秒)でとれば手ブレしない目安になります。

例えば焦点距離70mm(フルサイズ換算)で撮影する場合はシャッタースピード1/70は確保しましょう。

手ブレ補正がついているカメラを選ぶと多少上記よりはシャッタースピードを速くできます。

三脚を使い手ブレしない対策をすれば数十秒、数分といったシャッタースピードになり幻想的な写真が撮れるようになります。

シャッタースピードを速くすると写真は暗くなります!

シャッタースピードを速くしないと人物などの動いている被写体の撮影は不可能になります。

人物を撮る場合には人物が止まっている状態でシャッタースピード1/60(とまっていても人物はわずかに動くため)
歩いている状態では1/200
走っている状態では1/500
最低必要になってくる目安になります!

そうなると写真が暗くなりF値を低くしないといけない状況が発生します。

昼間ならいいのですが、暗い場所ではシャッタースピードを速くすることは困難で、F値を低くしても対処できない状況ではISOを上げるといったことが必要になってきます。

 シャッタースピードを速くするシャッタースピードを遅くする
写真暗くなる明るくなる
ブレ少なくなる多くなる
被写体動くモノ向き静止物向き

夜間や室内の撮影などは暗く手持ちではISO感度があがりすぎるため、必要に応じて三脚を利用しISOをさげたノイズが少ない写真を撮りましょう^^!
動いてるものを撮る場合は三脚を使用しても被写体が動くため、三脚を使ってもブレになります!

京都府七谷川
14.6mm ISO500 25秒露光 F16

シャッタースピード25秒。三脚にカメラをのせ、シャッターをきり25秒間放置です。

シャッターを開け光を取り入れてる状態のことを露光といいます。
そしてこのように25秒などの長い露光のことを長秒露光といいます。

上記の写真では25秒の間に川に浮かんでる桜が移動しているため、幻想的な仕上がりになっています。

手前から奥までピントをあわせるためにF値を16まであげたため、25秒露光しても暗い写真となりましたので、ISOを500まであげました。

ISO500くらいならどんな一眼カメラでもそこまでノイズは目立ちません。

25秒より遅くしなかった理由はあまり長すぎても現地で退屈になったり、時間がもったいないからです。

それとa7iiiの場合、30秒より遅くするのにはレリーズという別商品が必要になります。

レリーズは持ってはいるのですが中々面倒くさいのであえて30秒以上の露光をしたい時にしか使いませんw

ISOとは

 ISOを下げるとISOを上げると
写真暗くなる。明るくなる。
ノイズ少なくなる。多くなる。

アイエスオーと言われたりイソと呼ぶ人もいたりするISO。

ISOはセンサーの受光感度のことです。

つまり、ISOをあげる=センサーに入ってくる光に対する感度を上げる

ということになります。

ISOを上げると受光感度が高まる=明るい写真になります。
デメリットとしては、あげればあげるほど写真にノイズが発生することです。少ない光なのに無理やり明るくしているからです。

このノイズは後処理でも取り除くことが難しく、撮影したときになるべくノイズを抑え込むことが重要になってきます。

ですのでF値、シャッタースピードでなるべくその場に応じた明るい設定で撮る必要があります。その設定は慣れればコツをつかんできます!

それでもまだ写真が暗いという止むを得ない場合にISOをあげるようにしましょう。

つまりISOは最終手段です。

ホワイトバランス(WB)とは

実際の色味に近づけるように、色合いを調節する機能のことです。例えば黄色い蛍光灯の場所にいるときは、写真全体が黄色っぽくなってしまうので、カメラのホワイトバランスの設定を青に振ることで適正な色に戻さないといけません。

基本的にはAWB(オートホワイトバランス)で大丈夫です。特にRAWで撮ってあとで編集する方は。

ただJPEGで一発撮りで済ませるという方は、自分で調節しましょう。

クールな雰囲気にしたければ青へ、温かい雰囲気にしたければ黄色へ。

ただ、基本的には撮影時に目で見たままの色に近いWBを選べばOKでしょう!

↑の電球の実際の色は太陽より少し黄色っぽい暖色です。
ですので太陽を選ぶと、すこし青みが足りない。
曇天を選ぶと、寧ろ黄色が足されます。
やはり、AWBが無難です。

ちなみに、おわかり頂けたかと思いますが、曇りの日は写真が青っぽくなるから、曇天を選択すると黄色に補正してくれるということです。
曇天にすると青が足されるということではありません。

露出補正とは

カメラがマニュアルモードの時は仕上がりの写真の明るさの目安として参考にできます。↓

その他のモードの場合は、仕上がりの露出を設定することができるため、便利です。
逆に言うと、露出補正の設定が最終的な明るさになりますので、非常に重要です。
僕は初めこの機能を知らないまま撮影していました。それでは、撮影後に写真を見るまで露出がわからない状態です。当然暗すぎる写真と明るすぎる写真が量産されましたw


露出補正ダイヤルがあるカメラの場合はこちらで設定できます。
+側に振ると写真が明るくなり、−側に振ると写真が暗くなるということです。
特に理由がない場合、±0に設定しておくのが無難ではあります。

Panasonicの露出補正ダイヤルのないカメラの場合。タッチパネルで操作

露出補正ダイヤルがない場合は、↑のように、設定画面で調整可能です。

カメラをマニュアルモードにして撮影しよう!


マニュアルで撮影するためには、まずカメラのモードダイヤルをMに合わせましょう!
他のモードはなんなの?といったことも解説しておきます。

 AUTOPA(AV)S(TV)M
シャッター速度自動自動自動手動手動
絞り(F値)自動自動手動自動手動
ISO自動手動手動手動手動
露出補正自動手動手動手動手動
ホワイトバランス自動手動手動手動手動
難易度超簡単簡単普通普通難しい

ISOに関しては手動で設定できるモードにおいてもISOAUTOにすることは可能です。
そのままISOAUTOにしたままでは「ISOが上がりまくってノイズまみれの写真になった!」という失敗写真になることがありますので、上限を設定しておきましょう。

設定でISOの上限を定めることができます。おそらくどのカメラでも設定できるんじゃないかと思います。

 

では、モード別に詳しく解説していきます。

AUTO →ISO感度、ホワイトバランス、露出も含め 全てカメラで設定を決めてくれます。

渋たか 太郎
渋たか 太郎

いわばスマホのように、シャッターボタンを押すだけで写真が撮れます。

プログラムオート(P) → 絞りとシャッタースピードが自動

渋たか 太郎
渋たか 太郎

明るさに関しての設定をカメラに任せたい!といった方はPモードを使いましょう。ただし、カメラをより深く理解したい方にはおすすめしません。

絞り優先モード(A)→ 絞りだけを自分で設定して、シャッター速度は自動

渋たか 太郎
渋たか 太郎

F値を設定すると、あとは決めた露出に向けて、シャッター速度が自動で連動しますので非常に便利です。ボケをコントロールしたいときに便利なので、カメラに慣れた人でもよく使うモードです。

SONYのカメラであればISO AUTOにすることで、更に便利な撮影が可能になります。

SONYのカメラはISO AUTOの低速限界を設定できる。

というのも低速限界というのを設定できるんですよ。

絞り優先オートにしている時、通常であればシャッタースピードはつけてるレンズの焦点距離以上には下がらない仕様になっていたりします。低速限界を自由に決めることができないんですよね。

これを決めれることで何が可能になるのか。
あらゆる状況別に絶対に手ブレ、被写体ブレしない最低のSSで撮ることができます。

絞り優先オートでありながら、シャッタースピード優先オートのメリットさえも奪おうかという勢いです。

シャッター速度優先モード(S) → シャッター速度は自分で設定して、絞りは自動

渋たか 太郎
渋たか 太郎

シャッター速度だけを設定するとF値が自動で動きます。このモードは動物撮影で1/1000は確保したい!といったときなどに便利です。
注意点は、F値が限界まで下がるとそれ以上に写真が明るくなりませんので、ISOをAUTOにしましょう。

 

 

マニュアルモード(M)→ 全て自分で調節。

渋たか 太郎
渋たか 太郎

全てを自分で設定します。一見難しそうですが、慣れると簡単です。カメラを理解するためにも、是非マニュアルモードをマスターして頂きたいです。

おわり

今回解説したことさえ理解すればマニュアル撮影できます!カメラが急激に楽しくなりますのでぜひ覚えてくださいね^^

初心者の方は、露出補正±0で撮っておくのが無難です。ある程度マニュアルで撮影できるようになった方は↓の記事をご参考ください!

カメラの露出はヒストグラムを見て決めよう。露出補正やモニターの明るさを参考にしすぎると良くない。
みなさんこんばんは。 一眼カメラでマニュアル撮影をするにあたり露出(写真の明るさ)はかなり重要です。 こちらの記事で写真の明るさをマニュアルで調整する方法を解説しましたが、どの明るさにするのかゴールがわかっていないといけませんよ...

コメント

タイトルとURLをコピーしました