一眼レフカメラとミラーレスカメラの違い。これからはミラーレスカメラが主流に。

どうもこんにちは。

一眼レフカメラ   ⇨  ミラーあり
ミラーレスカメラ  ⇨  ミラーなし 

その特徴がそのまま名前になっています。

具体的に解説します。

スポンサーリンク

一眼レフカメラとミラーレスカメラの違い


CANON 公式 参照

一眼レフカメラはセンサーの前にミラーがあり、その上部にはペンタプリズムがある。
つまり光をうまく反射させてファインダーを覗いた目に光が届いている。
これは紛れもない現実の光だ。

ファインダーを見てる時はセンサーに光が届いていない状態だがシャッターを切った瞬間にミラーが上がり、しっかりイメージセンサーに光が届くようになっていてデジタル写真が生成される。
ライブビューモニターを見て撮影する際はミラーが常時あがりっぱなしになっていて、シャッター幕も開いた状態だ。つまり、ミラーレスカメラと同じ状態。

一方ミラーレスカメラはミラーを省いてセンサーに直接が光が入るようになっている。
センサーに入ってきた光をデジタル信号に変換させてからファインダーやモニターに表示させている。
その際に見えているのは実際の光ではなくデジタル化された映像である。

一眼レフ⇨自分の顔を見るのに鏡を使う。
ミラーレス⇨自分の顔を見るのにスマホのインカメラを使う。こんなイメージです。
一眼レフのファインダーを光学式ファインダー(OVF)
ミラーレスカメラのファインダーを電子式ファインダー(EVF) といいます。

ちなみに画質はセンサーや画像処理エンジン、レンズに依存するためミラーがあるかないかは画質に影響を及ぼしません。

一眼レフカメラの優位点

バッテリー持ちが良い

ファインダーを見て撮影する場合、一眼レフカメラはアナログ(現実)の光を見ているのでバッテリー消費が少ない。

ミラーレスカメラでは特に寒いところでグングン残量が減っていきます。

ですがバッテリーも日々進化しており、ミラーレスのバッテリー持ちが今後解決されていくことが期待できます。

動きものを追いやすい。

実際の光がそのまま映し出されているため、実際の被写体の動きが光速で瞬間的に反映される。

ミラーレスカメラの場合は一度光がデジタル信号に変換されて映像になっているので
実際の動きよりもワンテンポ遅れる傾向がある。
そしてデジタル映像であるため1秒間に映し出されるコマ数が決まっていて映像がスムーズに見えない可能性も。
ファインダーの解像度、リフレッシュレート(秒間コマ数)など、カメラの性能によります。

最近のミラーレスカメラは一眼レフと遜色ない見え方にまでなってきました。

ミラーレスカメラの優位点

サイズが小さく軽い

一眼レフと違い、ミラーとプリズムが省かれている分ボディがコンパクトだ。
近年スマホの画質が向上していますので、一眼レフの重さに抵抗を感じているユーザーは多いので、今後もミラーレス人気は加速していくと思われます。

撮影前に撮影後のイメージが確認可能

ファインダーを見てる際も既にセンサーに光が届いているため、撮影後の明るさのイメージがリアルタイムで反映されます。初心者にとってはかなりありがたい仕様です。

ブレにくい。

一眼レフの場合は撮影時にミラーが上にあがるので、それが低速シャッターではブレになりやすい。(ミラーショック)

そして電子先幕シャッターやサイレント撮影ができないカメラが一眼レフには多いので、ミラーレスの方がブレに関しては少なくなる傾向にある。

瞳AFが利用可能

ミラーレスの場合は撮影前にすでにセンサーに光が届いてますので、カメラが人物や動物の瞳を検出することが可能。

あとはカメラによって瞳AFが搭載しているか変わりますので、スペックを参照ください。

今から買うならミラーレスがおすすめ。

最近発売されている新カメラはほとんどミラーレスカメラです。

メーカーの開発がミラーレスに集中しているため今後一眼レフは下火になることが予想される。

少し前までミラーレスにはまだレンズが少なく、数十年分のレンズが使える一眼レフにする方も多かったんですが最近では各社ミラーレスカメラ用のレンズが充実してきましたので気兼ねなくミラーレスを選べる状況にあります。
最悪、マウントアダプターを使えば一眼レフ用のレンズも使用可能ですしね。

「どうしても一眼レフがいい!」というわけではない限り、今後伸びていくことが確定しているミラーレスにしておくことが望ましいです!

ここまでお読み頂きありがとうございました!

カメラは高価なのでレンタルサービスを利用して使ってみたりすることをおすすめします。

コメント

タイトルとURLをコピーしました