a7iiiとa7Riii 実機で徹底比較!気になる画素数の違い!どう?解像度。

みなさんこんにちは。

SONYの人気ミラーレスカメラ
a7iiia7Riii

迷われる方も多いのではないでしょうか。

無印a7iii

画素数(解像度)に特化したRシリーズであるRiii

スポンサーリンク

外観の違い

a7iii

a7Riii

モードダイヤルがa7Riiiの方が若干高級感がある。
光沢がある質感。おそらくRiiiはアルミ素材。そして何故か厚い。

あとRiiiのモードダイヤルにはロックボタンもありますね。

a7iiiでも簡単に動くほど軽い回し心地ではないから、別にいらないです。😅

a7iiiの文字に光沢なし

a7Riiiの文字に光沢あり

必死に探してやっとわかるレベル。

ここくらいしか見つけられませんでした。

スペックの違い

早速差異があるスペック箇所を比較します。

 a7iiia7Riii
有効画素数2420万画素約4240万画素
AF測距点693点像面位相差,425点空間認識AF399点像面位相差,425点空間認識AF
ファインダー236万ドット368万ドット
モニターチルト3.0型 / 約92万ドットチルト3.0型 / 約144万ドット
手ブレ補正5.0段5.5段
シャッター速度1/8000-30秒1/8000-30秒
シャッター耐久20万回50万回
重量565g. 650g(総重量)572g.657g(総重量)
シャッター音Rと比較して大きくて高い音無印と比較して低くて小さい音
1枚あたりのJPEG容量(最大画質)およそ5〜30mb およそ15〜50mb
2021年5月新品最安価格192000円287000円
2021年5月中古相場175000円185000円

センサー性能

 GX7MK2a7iiia7iva7Riii
Overall Score
(RAWによる
センサーの総合点)
719697100
Color Depth
(色の再現域と分離)
22.92525.426
Dynamic Range
(ダイナミックレンジ)
12.614.714.714.7
ow-Light ISO
(DxOの基準で許容できる
最高のISO感度)
662373033793523

以下捕捉

・電池持ちはa7iiiのほうが若干いいみたいです。

・体感上モニター輝度は明らかにRiiiのほうが明るいです。
(a7Riiiは可視光透過率17%のサングラスを着用時でもモニターが確認できますが
a7iiiは暗すぎて見えない。)

・瞳AFは両機種とも対応

・a7Riiiには4枚撮影してSONY純正ソフトに取り込み
高精細な一枚の写真にするピクセルマルチシフト機能があります。

・a7Riiiの実はすごい点は、データが大きいのにも関わらずa7iiiと
まったく同じ高速連写ができること。これはa7RIVにもいえることです。

・APS-Cクロップしたときの残る画素数はRiiiが約1844万画素、7iiiが約1075万画素です。
(有効画素数から2.25を割れば求められる)

Riiiのほうが上位機種の位置付けですが

7iiiに負けているところがあります。それはAFの測距点ISO感度耐性です。

測距点とは

被写体を検出するためのAFセンサーがどれだけあるかのこと。
多ければ多いほど広範囲、高密度に測距点があるため、小さい被写体や画面の隅に被写体がある場合でもピント合わせがしやすくなる。

ISO耐性は拡大して見比べるとはっきりとはわかりますが、拡大しないとわからないレベルには高画素のRiiiが健闘していると思います。

a7iiiとa7Riiiの実際のISO耐性については、こちらで比較してますので是非ごらんください。

フルサイズ マイクロフォーサーズ ISO感度ごとの比較!
フルサイズとマイクロフォーサーズでどれだけISO感度耐性が違うのか検証しようと思います。 センサースコアの違い パナソニックGX7MK2(マイクロフォーサーズ) ソニーa7iii(フルサイズ) ソニーa7iv(フルサイズ) ソニー...

そして、注目すべきは中古価格です!
おいおいまじか!!
買うならa7iiiの場合は新品、Riiiは中古がおすすめということになりますね〜

a7iiiとa7Riiiの写真の解像感を比較

約2400万画素と約4200万画素での比較写真が↓です。
(レンズはタムロン70−180mmF2.8の180mm側で撮影しています!)

元画像

しかしここまで拡大してやっとこの差っていうのも事実です。

ズームレンズのテレ端ということで解像性能が一番落ちやすいという状況です。

a7Riiiの解像力を活かせているのか微妙だったので、高解像単焦点レンズ、シグマ35mm F1.2 DG DNで比較しました。↓

赤枠の2箇所比較していきます。


F4で同じ設定で撮っています。

たしかにa7Riii(4200万画素)のほうが解像している。
文字部分はより差が目立つ形となる。

a7Riiiの4200万画素とオリンパスのE-M1MK2という約2000万画素の解像性能比較もしてますので、興味ある方は↓の記事へ。こちらではa7Riiiが圧倒しています。
マイクロフォーサーズのE-M1 Mark iiとフルサイズのa7Riii&a7iiiを比較&使用した感想
みなさんこんにちは。 マイクロフォーサーズとフルサイズを比較するという記事自体は今回で三記事目なのですが、前回まではマイクロフォーサーズでもローエンドモデル寄りのGX7MK2と比べていました。 マイクロフォーサーズとフルサイズのIS...

動画の解像感の比較

一応僕が調べてまとめたのが↓です。

 a7iiia7Riii
4K24P全画素読み出し
2.4倍(約2000万画素)から
オーバーサンプリング
約1050万画素から
画素加算で読み出し。
4K30P全画素読み出し
1.8倍(1500万画素)から
オーバーサンプリング
約1050万画素から
画素加算で読み出し。
4KAPS-Cクロップドットバイドット
約1100万画素から
そのまま読み出し
全画素読み出し
約1900万画素から
オーバーサンプリング

難しい用語ですがわかりやすく言うと、4K → a7iiiの方が高画質
4KをAPS-Cクロップした場合 → a7Riiiの方が高画質だということです。

このような用語について、詳しく知りたい方はこちらの記事を御覧ください。

ミラーレスカメラで高画質で動画を撮るためのスペック{動画を始めたい方へ}
みなさんこんにちは。 写真と動画では見ないといけないスペックがかなり違います。 そこで、動画性能が高いカメラが欲しいけど、スペックのどこを意識してみたら良いの?という悩みを解決します。 ※今回は動画に重点を置いた記事になります...

実際の解像感はどうなるのか、フルHDも加えて撮り比べてみました。

↓の動画の1コマを比較していきます。


←がa7iii →がa7Riii

このままでは解像感がわかりませんので拡大していきますね。

設定について。

フルHD → 1/125 F2 ISO400
4K → 1/50 F2 ISO160

全てレンズは35mm F1.4 DG DNで撮影。

フルHDとは? → 1920 x 1080(約207万画素)の動画のこと。

4Kとは? → 3840 x 2160 (約829万画素)の動画のこと。

フルHD120Pでの比較

←a7iii (85×50) →a7Riii (85×50)


a7Riiiのほうが明らかに解像しています。

なぜかa7Riiiで撮影した動画はa7iiiで撮影した動画より若干暗く写ります。
もちろん、全く同じ設定で撮ってます。
写真撮影では全く同じ明るさになるのですが・・

フルHD120PでAPS-Cクロップでの比較

←a7iii(134×79)→a7Riii(130×77)


クロップしているので、先程より解像感はあがります。(今回の検証は全て同じ位置から三脚を使い撮影していますので)

だいたい同じ大きさに揃えて拡大しているのですが、なぜかa7iiiの方が画素が残る形となりました。
拡大する際に生じた誤差なのかもしれませんが、a7iiiの方がクロップ率が高い可能性があります。

それでも、a7Riiiのほうが解像しています。

4K24Pでの比較

←a7iii(170×100)→a7Riii (170×100)


明らかにa7iiiの方が解像しています。

しかし、さすが4Kですね。先程のAPS−CクロップしたフルHDよりも解像しています。

4K24P APS-Cクロップでの比較

←a7iii(268×158) →a7Riii(260×153)


APS-Cクロップすると、a7Riiiの方が若干解像しているように見えます。

4k30Pでの比較

←a7iii(204×120)→a7Riii (170×100)


a7iiiは4K30Pの場合1.2倍クロップされますので、解像感は上がっています。
ただ、しっかりと1.2倍の焦点距離のレンズで撮った4K24Pよりかは、解像感は落ちると思われます。
(24P=2.4倍オーバーサンプリング 30P=1.8倍オーバーサンプリングのため。)

a7Riiiは設定で「APS-Cモード」を「オート」から「マニュアル」にしていると、4K30Pでもクロップなしで撮れます。

解像感は4K24Pのときとそこまで大きくかわりませんね。

4k30P APS-Cクロップでの比較

←a7iii(268×158) →a7Riii(260×153)


やはり、a7Riiiの方がAPS-Cクロップしたときは解像感が高いですね。

動画解像度まとめ

・フルHDの場合a7Riiiの方が解像感が高い。

・4Kの場合a7iiiの方が解像感が高い。

・4K APS-Cモードの場合a7Riiiの方が解像感が高い。

・4KとフルHDの解像感の違いはかなり大きい。

・a7Riiiで撮影した動画はなぜか露出が暗くなる。

・APS-Cクロップは約1.5倍であって、ピッタシではない。
以下のようになりました。

 a7iiia7Riii
写真 1.5243倍クロップ1.538倍クロップ
動画約1.575倍クロップ約1.53倍クロップ

写真は実際の解像度から、計算しましたので正確ですが、動画のクロップ率は僕が計測したため、誤差があるかもしれません。

個人的には動画撮影がメインの方はa7iiiでいいんじゃないかなと思います。
比較してみると、a7Riiiは暗く写ってるせいか絵がパッとしないですよね。

ただa7Riiiは4k30pをノンクロップで撮れますので便利です。確かに4Kの土俵の中では高品質というわけではありませんが、フルHDより明らかに高画質で撮れます。

AF比較

実際にAF速度を比較しましたが、ほとんど変わらなかったので割愛します。
しかし、測距点の数がそれなりに使い勝手として表れます。

a7iii → 693点像面位相差,425点空間認識AF

a7Riii → 399点像面位相差,425点空間認識AF

a7Riiiの場合測距点が少ないため、AF-Cで「フォーカスエリア」の設定を「ワイド」にしたときに被写体が画面の端に行くとフォーカスが外れます。

この枠内が位相差AFがある範囲で、この枠内の被写体しか追えません。
AF-SであればコントラストAFで、枠のもう少し外でもピントを合わせることができます。

画面の端の人物に瞳AFを使用ということも難しくなりますので、AF-Cはa7iiiの方が使いやすい印象です。

a7RiiiのSDカードへの書き込みは時間がかかる

a7Riiiは4200万画素ある上にUHS-ii SDカードまでしか対応していませんので、バッファメモリからメモリーカードへの書き込みが時間がかかります。
↓はa7iiiとa7Riiiの書き込み速度の違いです。UHS-ii SDを使用

これら2機種の連射速度は同じですが書き込み速度が変わってきますので、バッファ容量を超える連射をされる方はa7iiiのほうが優位です。

ただし、野鳥撮影の場合はトリミングしたときにディティールが多く残っている方がいいので、Riiiが優位です。悩ましいところですね。

M1 MacBook Pro 16GBメモリでLightroomで編集した時の動作

編集中はそこまで大きくはかわりません。

ただ、書き出し時間を検証した結果、a7Riiiの方が2.2倍ほど遅かったです。

例えば、a7Riiiの写真だと50枚を書き出したときに3分30秒ほどかかるとすると、a7iiiだと1分30秒ほどで終わります。

詳しくはこちらを御覧ください。

M1 MACBOOK PROでRAW現像するにあたっての使用感について話します。
こんにちは渋たかです。 M1 MacBookPRO 13インチを使った時のLightroomでの各動作の速度を測りましたので是非最後までご覧ください。 以下が結論になります。 ・LightroomのカタログはSSDに置いたほう...

あまりスペックに余裕がないPCだと、編集するときもa7Riiiの方が重たくなる可能性は高いので注意が必要です。

シャッター音の違い

ついでにa7ivも加えて比較しました。

個人的には7iii>Riii>7IVの順で好きです。

結論

a7Riiiを選ぶべき人

・APS-Cクロップや、トリミングを頻繁にする

・大きく印刷する。

・PCがハイスペック

・容量が大きくて転送速度が速い記憶媒体を買うことに金銭的抵抗がない.

・動きものよりも、風景を撮ることが多い

a7iiiを選ぶべき人

基本的にはRiiiを買うべき人の項目と真逆の人です。

そのほかには、

・少しでもバッテリーが持つほうがいい

・現像時間を少しでも短縮したい。

・暗い場面で撮影することが多い
(この場合はa7Siiiという高感度耐性に特化したカメラも視野にいれてください。)

・動画撮影に利用したい。

などがあります。

あと動物を撮る場合ですが実は、飛んでいる飛行機や野鳥などを追わない場合は、Riiiの方が優位になる場面も多くあります。

トリミング耐性があるので、それは望遠力があがることに繋がるからです。

動画撮影でa7iiiの方が良い理由は、4K動画は約800万画素のためa7Riiiの高画素が全く生きないからです。

1ピクセルあたりの大きさが大きいa7iiiの方が色表現、ノイズ耐性がよくなります。

そして、4Kの撮影の場合、APS-Cクロップしないときにa7iiiの方が解像感が高くなるという点も大きいです。
クロップ前提で動画撮影したい方はいないと思いますので。

以上です。

筆者はどっちのカメラをよく使う?

8割型Riiiで撮ります。
どちらか一つを残せと言われたら僕はRiiiを残します。

何故なら風景がメインだからです。

7iiiで撮る時は人を撮る時です。

測距点が広いのは被写体が画面端にあっても認識しやすいので、瞳AFの時に楽ですね。

そして、相手に写真を渡すときにも2420万画素の方が現実的です。

あともう一つのパターンとして暗い場面はa7iiiで撮ります。
高感度耐性がa7iiiの方が優勢のためです。

Riiiを好む筆者の最大の理由。実は僕、バイクに乗ってツーリングへ行くことがある。

ここからは完全に僕の場合の話なんですが!w

滋賀県の名所 メタセコイア並木

後ろのシートバッグに以下の物が入っています。

1、a7Riii

2、14−24mm F2.8 DG DN(風景用)

3、ストロボ、LEDライト

4、85mmF1.4DG DN(バイクメインで撮影する日) or 70-180mmF2.8(風景メインの日)

5、タムロン35mm F2.8(室内、ご飯などの物撮り用。かなり寄れる)

6、KANI角形フィルター14−24mm用150mm幅ホルダー

7、KANI角形フィルター2枚くらい


Amazonベーシック カメラバッグ スリングバッグ 一眼レフ用 7.7L ブラック

実際にはストロボとLEDライトはケースにいれます。

35mmF2.8はサブポケットに入る脅威的なサイズ。

35mmF2.8はレビュー記事もあります。

タムロンのEマウントレンズ 35mm F2.8 di iii OSD M1:2 (Model F053)をレビュー。デメリットも多いが面白い選択肢。
みなさんこんにちは。渋たかです。 結論から言いますとこのレンズ半端ないです(°_°)色んな意味でw かなり個性的なレンズで万人に受けるレンズとは思えないですが、一部の人にはグサッとささるようなレンズだと思います。 自分の使...

この時に標準ズームを持って行かなくて済むのはRiiiのおかげだと思っています。

14−24mmの24mm側をAPS-Cクロップすれば36mmになりますし、それでも足らなければ35mmF2.8をRiiiに装着しAPS-Cクロップすれば52.5mmになります。

70mmからはタムロンの70−180mmがカバーしているので 標準域はなんとかなることが多いです。

35mmF2.8は軽くて小さいのでサブポケットにも入ります。

24-70mmF2.8はかなり巨大なので持ち出すのがきついです。

このようにクロップ多用する僕はRiiiの恩恵をかなり受けているという話でしたw

ではおさらば! また今度〜

コメント

タイトルとURLをコピーしました