M1 MACBOOK PROでRAW現像するにあたっての使用感について話します。

こんにちは渋たかです。

M1 MacBookPRO 13インチを使った時のLightroomでの各動作の速度を測りましたので是非最後までご覧ください。

以下が結論になります。

・LightroomのカタログはSSDに置いたほうが動作が速くなる。
・RAW現像用にMACBOOKを購入される方は、16GBメモリPROがおすすめ。
スポンサーリンク

M1 MacBookPro Lightroomでの各種速度

※全て2021年10 月リリース(バージョン 11.0)のLightroomでの情報となります。

M1 MACBOOKのスペックはメモリ16GB ストレージ1TB 13インチの 2020年モデルです。

外付けHDDにカタログを置いた場合

写真表示速度

ここでの「写真表示速度」とは次の写真に移ったときの表示速度と思ってください。

4200万画素のa7Riiiで写真表示速度を確認頂ける動画を撮りました。
6秒で終わる動画なのでよろしければご覧ください。

わざとキーボードは強めに叩いてますので音と実際の反応速度でもっさり具合を体感していただければ。

↓は7秒の動画(フルスクリーン状態の写真表示速度)

フルスクリーン状態だと次の写真に移るのにもっと時間がかかるようになる。
尚、↑の動画の4秒付近から前の写真に戻っていますが、直近に表示した写真に戻るときは割と速いことがわかります。

拡大速度

同じく4200万画素のa7Riiiで拡大したときの様子を撮りました。
6秒の動画なのでよろしければご覧ください。

 HDD内写真拡大速度SSD内写真拡大速度
GK7MK2(1600万画素)3秒2秒
a7iii(2400万画素)3秒3秒
a7Riii(4200万画素)4秒3秒

※わずかな誤差はあるかと思います。
写真がSSDにあるかHDDにあるかは関係ないと思って大丈夫そうですね。

書き出し速度

SSDにあるRAWファイルを100枚
JPEG最高画質で書き出した時の速度

 HDDへJPG書き出しSSDへJPG書き出し
GK7MK2(1600万画素)1分20秒1分31秒
a7iii(2400万画素)2分4秒2分14秒
a7Riii(4200万画素)5分43秒5分22秒
HDDにあるRAWファイルを100枚
JPEG最高画質で書き出した時の速度

 HDDへJPG書き出しSSDへJPG書き出し
GK7MK2(1600万画素)3分01秒3分07秒
a7iii(2400万画素)4分42秒4分26秒
a7Riii(4200万画素)10分28秒9分44秒

SSD内にあるRAWファイルを書き出した時の方が半分ほどの速度で書き出しがおわりました。

この結果を踏まえたとしても僕は外付けHDDにRAWファイルを置きます。

どうしても内臓SSDは容量の限界がありますし、容量満タンになるのはよろしくない。

MACBOOKを購入する際も内臓SSDの容量を抑えて別途でSSDやHDDを用意した方が安く済みます。

内蔵SSDにカタログを置いた場合

外付けHDDにカタログを置くときより全体的に速くなりました。

写真表示速度

↓はフルスクリーン状態

拡大速度

書き出し速度

書き込み速度は、先程とは別の4200万画素の写真をHDDに50枚を書き出してみました。
結果は、以下になりました。

・カタログを外付けHDDに置いたとき → 4分26秒
・カタログを内部SSDに置いたとき → 3分35秒

つまり、SSDに置いたときのほうが約20%速かったということです。

したがって、カタログはSSDに置いたほうがいいです。

Lightroomを使用している時のメモリ消費量

↓の写真はLightroomを開く前と開いて写真を表示させている時のメモリ使用状況

たまに↓の画像のような表示も出ます。

Lightroomはかなりメモリを食うソフトであることがわかります。
ですので16GBモデルの方が無難かなとは思いますね。

RAW現像用のMACBOOKはAIRではなくPROがおすすめ。


あちこちでAirで十分という話がありますが、個人的には、MacbookをRAW現像用に購入を検討されている方はAirではなくPROをお勧めします

書き込み中にファンが回るほど熱くなるからです。

編集中でも、大きいサイズのRAWファイルでヒストリーがいっぱい残るようなスポット編集などをしていると、ファンが回り出すことは普通にあります。

M1 MACBOOKairが熱くならないというレビューが多かったのは発売日直後なので寒い時期です。そして、恐らくRAW現像などしてないんじゃないかなと思います。
夏の方が圧倒的に熱は持ちやすいためそのときを見越して購入する必要があります。

Airはファンレスなことがメリットとして考えられていますが、僕はデメリットだと思います。
PROですら熱くなりファンが回りますので、「Airだともっとひどいのか・・」と思ってしまいます。

価格差がほとんどありませんのでPROにしておくことをおすすめします。
AmazonでMacBookを探す

YahooショッピングでMacBookを探す

楽天市場でMacBookを探す

Apple公式でMacBookを探す

今回も最後までご覧いただきありがとうございました。





Adobe PhotoshopとLightroomが月額わずか980円!(税別)

コメント

タイトルとURLをコピーしました