Photoshopで写真にレターボックス(黒枠)をつける方法。

シネマティック風の写真に仕上げる方法の一つとして、レターボックスをつけるという方法があります。


少し暗めに現像し、レターボックスをつけるだけでかなり雰囲気がでます。

この記事ではPhotoshopを使いレターボックスをつける方法を解説します。

今回はアスペクト比3:2の写真にレターボックスを入れ、見えてる部分が16:9にする場合で解説します。

かなり簡単ですので覚えて帰ってくださいね〜^^

スポンサーリンク

Photoshopで写真にレターボックス(黒枠)をつける方法。

Photoshopで写真を開く。

Photoshopでレターボックスを付けたい写真を開きます。

長方形選択ツールで残したい部分を選択し、ベタ塗りを押す。

選択する際、指定したアスペクト比で選択することもできます。
スタイルを「標準」から「縦横比を固定」に変更すると可能です。
今回は16:9にしましたが任意で設定可能です。

黒でベタ塗りする。

選択部分を反転させてから位置を調整して終了。

CommandはMACの場合です。Windowsの場合はCTRLです。

見せたい写真の位置をずらしたい場合。


例えばこの写真とこの写真。見えている部分が違うと思います。

このように写真の見せる位置を変えたい場合は

背景を右クリックし、「背景からレイヤーへ」を選択。


Command+Tを押すと自由に位置を変更できます。
(WindowsはCTRL+T)

作例紹介!レターボックスを表現の一つとして取り入れよう!

レターボックスを使うだけで何気ない写真も雰囲気がかわり、様変わりしますので、みなさまも是非取り入れてみてくださいね^^





Adobe PhotoshopとLightroomが月額わずか980円!(税別)

レタッチやRAW現像に関する記事。超簡単に写真の出来栄えを一段階上げる「オートン効果」「ティール&オレンジ」写真をシネマティックな色にするLightroomでカラーグレーディング。色使いで写真の雰囲気が変わる!!Photoshopで写真にレターボックス(黒枠)をつける方法。Lightroomで天の川を目立たせる星空写真のRAW現像方法。

コメント

タイトルとURLをコピーしました