Adobe Lightroomとclassicの違い。両方使えるフォトプランがおすすめ。

写真現像ソフトといえばLightroomが有名で利用者も多いソフトとなっています。

ひとくくりにLightroomと呼ばれていますが、実際には2種類あり、LightroomとLightroom Classicがあります。

それぞれの違い、メリット・デメリットについて解説し、個人的なおすすめの契約プランについて述べようと思います。

スポンサーリンク

Lightroomと、Lightroom classicの違い

 LightroomLightroom Classic
写真保存先クラウドストレージ(HDD、SSDなど)
端末スマホ、タブレット、PCPC
特徴いつでもどこでも簡単に。PCのみ、じっくり編集。
動画の色編集

Lightroomの特徴

メリット
①PC以外にも、タブレットやスマホでも編集することができる。
②意外にClassicにも負けない高機能。
デメリット
①インターネット接続が必要。
②読み込みが遅い場合がある。(インターネットの通信環境に依存)
③写真の管理のしやすさという点でClassicには及ばない。
④スマホでは編集操作が若干やりづらい。(画面が小さく、マウスがないため)

自動的にクラウドへ写真がアップロードされるのでお持ちの端末すべてで読み込むことができる。

これは想像以上に便利で、PCで読み込みだけしておいて、あとで時間が空いた時にスマートフォンで編集といったことができます。

その他にもPCがないという方にもおすすめですね。

編集機能的には一部分だけ選択したり、AIで空や被写体だけを選択したりして部分的に編集をかけるといったこともできるので、個人的には「意外と高機能だな〜」と思いました。

Lightroom Classicの特徴

メリット
①インターネット環境がなくても写真の読み込みができます。
②写真の管理がとてもしやすい。
③読み込みが早い。

デメリット
①タブレットやスマホでは使えない。
②動画の色編集が出来ない。
③クラウド機能はない。

SD、HDD、SSDなどのストレージに保管している写真を読み込むため、インターネット環境がなくてもOKです。そして、安定した速度で読み込みが可能です。

Lightroom classicの機能の特徴として、写真をただ編集するだけじゃなく、写真管理の点でも優秀ということがあげられます。

自分のお気に入りの写真や、あとですぐに見返したい写真には星やレーティングをつけることによって、その写真だけをあとから表示することができます。

自分が探している写真にすぐたどり着けるということです。

しっかりとパソコンで編集できる状況の場合は、Lightroom classicの方が時短できて優れていると感じます。

フォトプランを契約するのがおすすめ





Adobe PhotoshopとLightroomが月額わずか980円!(税別)

Adobeの公式ページにアクセスすると、様々なプランが表示されます。

Creative Cloudコンプリートプランは全てのAdobeの製品が使用できますが、Lightroomだけ使う場合には月6480円と高いので、おすすめしません。

したがって、フォトプランか、Lightroomのどちらかを選ぶことになります。

フォトプラン → ①Lightroom ②Lightroom classic ③Photoshop の3つが使える。
クラウドストレージは20GBで、1TBにする場合は月2178円になります。
Lightroom → Lightroomだけ使用できるプラン。
クラウドストレージは1TB使えます。

Lightroomフォトプランどちらがおすすめ?

→どちらか迷った場合は、フォトプランをおすすめします。

理由は、フォトプランでもLightroomが使える点です。
フォトプランのクラウドストレージは20GBですが、Lightroomは本質的には写真編集ソフトです。

編集したい写真だけを取り込むのなら20GBでも余裕で、編集が終了してから消せばいいわけです。

クラウドで保存しておきたいという方は、別でAmazon photoだったりGoogleフォトなどを契約すればいいのです。

特にAmazon photoはプライム会員であればなんと無料で利用できて、RAW写真もアップし放題です。

したがって、Lightroom ClassicとPhotoshopも使えるフォトプランを個人的にはおすすめします。

以上になります。ここまでお読みいただきありがとうございました。

Adobe Lightroom Classicの使い方、主な機能を解説
今回Adobeの写真編集ソフト Lightroom Classicの使い方について、読み込み〜書き出しまでを解説したいと思います。 マスクやレーティングなど、目玉機能の使い方についても解説します。 ダウンロード 「まだダウンロード...

コメント

タイトルとURLをコピーしました