マイクロフォーサーズとフルサイズのダイナミックレンジはどれくらい違うのか

フルサイズはマイクロフォーサーズの約4倍センサーサイズが大きいが故に、ノイズ耐性ダイナミックレンジに余裕があると言われます。

フルサイズとマイクロフォーサーズの比較シリーズ

フルサイズ マイクロフォーサーズ ISO感度ごとの比較!
フルサイズとマイクロフォーサーズのダイナミックレンジの違い⇦本記事
a7Riii VS E-M1MKii

今回はダイナミックレンジでどれほどの差が出るのか検証します。

パナソニックGX7MK2とソニーa7iiiで明暗差が激しいシチュエーションで撮影してきましたので、ダイナミックレンジ、レタッチ耐性を比較したいと思います。

使用したレンズは
SIGMA 24-70mmF2.8 DG DN ART
PANASONIC LUMIX G VARIO 12-32mm/F3.5-5.6で値段と大きさがかなり違うレンズとなってます。

真ん中が24−70mmF2.8
右が12-32mm/F3.5-5.6

今回使用するカメラとレンズの価格を合計すると
マイクロフォーサーズ約7万円
フルサイズ約30万円といった感じです。

重量差も大きく、1480g430gとなっています。

そしてa7iiiとGX7MK2のセンサー性能はこちら

 GX7MK2a7iiia7iva7Riii
Overall Score
(RAWによる
センサーの総合点)
719697100
Color Depth
(色の再現域と分離)
22.92525.426
Dynamic Range
(ダイナミックレンジ)
12.614.714.714.7
ow-Light ISO
(DxOの基準で許容できる
最高のISO感度)
662373033793523

マイクロフォーサーズでも上位機種のG9などはもっとセンサー性能が高いので、a7iiiとの差は少なくなります。

スポンサーリンク

マイクロフォーサーズとフルサイズのダイナミックレンジを比較

今回の写真は全てRAW写真を編集しています。
そして←の写真がマイクロフォーサーズ、→の写真がフルサイズです。

一つ目の作例

↓の写真。かなり明暗差が激しいシチュエーションです。
ピントは太陽に合わせて比較しています。


−2
−1
±0
+1
+2
  の計5枚撮り比べしました。

−2EVで撮りハイライト、シャドウを調整


なぜかマイクロフォーサーズの方がカラーノイズまみれになっていて、ダイナミックレンジどころではありません。
この時点で勝負あり!と思いましたが後々の写真ではカラーノイズは発生しませんでした

なぜだろう。
この写真だけ1/8000で電子シャッターという状況ですが、電子シャッターで撮ったからといってノイズはでなかったはず・・
今回の比較では-2EVが一番シャドウを持ち上げるのが、辛いシチュエーションになっているからでしょうか。

a7iiiの方は電子先幕シャッターで撮ってしまってます。

ハイスピードシャッターで電子先幕で撮ると、玉ボケがかけたり露光ムラが発生する恐れがありますのでメカシャッターで撮りましょう。

−1EVで撮りハイライト、シャドウを調整


ほとんど変わらない気がする、、むしろ壁にもピントが合っているマイクロフォーサーズのほうが綺麗という印象w

±0EVで撮りハイライト、シャドウを調整


絞り羽根枚数が←の写真が7枚、→の写真が11枚なので
光芒の出方が違いますね。
太陽の形が綺麗なのは11枚の方ですが、長い光芒がしっかり出ているのは7枚ですね。

+1EVで撮りハイライト、シャドウを調整


マイクロフォーサーズの方はゴーストが大きくなってきましたが、これはほぼほぼレンズの問題かとw

マイクロフォーサーズの写真はシャドウよりもハイライトの余裕がない感じがあります。

+2EVで撮りハイライト、シャドウを調整


ここまでくると、マイクロフォーサーズは太陽の大きさが大きくなってきました。

フルサイズのほうは−2〜+2EVまで太陽の形が安定していますね。

これはやはりフルサイズのほうがダイナミックレンジが広いからなのかなと思います。

±0EVを拡大して比較


同じF値で撮影しましたので被写界深度がフルサイズの方が浅くなっています・・

それくらいの違いしか感じませんね。

今回の作例では騒ぎたてるほどフルサイズが優位と思えませんでした。

2つ目の作例

↓の写真を使って比較します。


今回は同じような被写界深度になるようにF値を調整しましたw

青空でしたが白く飛びかけていて、手前の物体は黒潰れしています。

それではハイライトを下げシャドウを持ち上げてみます。


若干背景の状況が異なっていまして、マイクロフォーサーズの写真にだけ
アルミパーツに太陽が反射して白飛びしていますのでここはノーカウントとします。

注目すべきは暗部ですね。
ダイナミックレンジというよりは、ノイズがかなりマイクロフォーサーズの写真にあります。

マイクロフォーサーズはシャドウよりもハイライトの方が厳しい。

GX7MK2で撮影していると、「え!この露出で撮って白飛びしてるの?」っていう時があります。

例えば↓の写真。結構露出アンダーで撮っている。

ハイライトを下げ、シャドウをあげてみた↓

シャドウはこれくらいあげても全然気にならないが、まさか、ハイライト・・白飛びしてる??

拡大↓


やはり飛んでいた。

撮り比べたわけではありませんが恐らくフルサイズであれば白飛びしていない。

条件が悪くなければ差はほぼ出ない。


これを見て違いがわかりますでしょうか?
レンズはパナ45−175mm(約3万円)とタムロン70−180mm(約10万円)です。

一応拡大します。

解像感に差がありますが、レンズの解像性能よりも1600マン画素と2400マン画素による違いの方が大きいと思います。

しかし、ここまで拡大しなきゃでないくらいの差です。

あと、同じF値で撮影しているためフルサイズの方がボケていますね。

最後に

冒頭に申し上げた価格差やサイズ差を考えると、趣味でやる層にとってはマイクロフォーサーズでも十分に楽しめると思います。

ただ、全ての状況でマイクロフォーサーズとフルサイズがほぼ変わらないというわけではなく、フルサイズにだけ出せる繊細感や透明感といったものが存在しているのも事実です。
(少しでも画質がいいほうがよくて、お金に余裕のある方はフルサイズにしておくのが無難ではあります。)

逆光や暗所で撮る機会が多い方は上位機種のオリンパスE-M1シリーズやパナG9などはGX7MK2より二段階くらい高性能なセンサーが積んでいますのでご検討ください。
フルサイズを買うよりかは圧倒的に安くつきます。

その他にも

①ストロボを使う。 (8000円)
②露出ブレンドをする。(Lightroom or Photoshop)
③画像スタックする。 (Photoshop)
④ハーフNDフィルターを使う。(25000円)
⑤DxO PureRAWを使う。 (12900円)

合成に抵抗なければ、手軽さと汎用性の面から露出ブレンドはおすすめですが、静止物にしか使えません。

総合的に見るととりあえず⑤が最強といった感じです。

DxO PureRAWという最強ソフト。写真をRAWで撮る人は全員購入するべき理由
タイトルの通りですが、半端ないソフトが出てきました。 みなさんご存知ですかね。 このDxO PureRAWというソフト。 DxO社によって2021年4月14日に12900円で発売されたソフトです。 ...

マイクロとフルサイズの中間に位置するAPS-Cは良く言えばバランスがいい。悪く言えば中途半端でどっちつかずといったフォーマットです。

APS-Cを販売する各社はフルサイズカメラも製造しているため(富士を除く)APS-Cはどこか妥協したような設計になってる感じがあります。本気を出していないというか。レンズ開発しかり。

マイクロフォーサーズは利益率が低いため、開発設計費に余裕がないことが予想されますが、オリンパスもパナソニックもマイクロフォーサーズにはかなり力を入れている為、コストパフォーマンスは結構いい印象です。

スマホに食われそうな未来が心配ではありますが、どうなんでしょう。撮る楽しさはスマホでは味わえません

ここまでお読みいただきありがとうございました。
今回の話が役に立ちましたら幸いです。
僕の結論↓

大半のユーザーにフルサイズは必要ない。マイクロフォーサーズでも十分な写真が撮れる。
みなさんこんにちは。 フルサイズとマイクロフォーサーズを使ってきた自分が、大半の方にフルサイズカメラが不要という話をしていきたいと思います。 渋たか フルサイズが不要というよりか、まずカメラのスペックより大...

カメラは高価なのでレンタルサービスを利用して使ってみたりすることをおすすめします。

コメント

タイトルとURLをコピーしました