{色かぶりなし}nisi TRUE COLOR 可変NDを購入レビュー&K&Fと比較

K&F NANO X ND2-400  ¥10,990

nisi TRUE COLOR ND VARIO 1-5stops(ND2-32)  ¥25,300

※2022/10/03時点での82mmのAmazon価格です。

※2022/10/03時点での82mmのAmazon価格です。

上記の2つで「どっちを買えばいいの?」とお悩みの方もいらっしゃると思いますので、比較してみました。

結果としてnisiの方がよかったので価格差の価値はあると思います。

スポンサーリンク

外観の比較

ケース

個人的にはK&Fのケースの方が使いやすいです。オレンジの取手を引っ張ることでフィルターが上方向に出てきて使いやすいんですよね。

nisiのツマミは外せます。

nisiにはキャップも付属していますが、僕は使っていません。

nisiにはケース2つとキャップが付属していて一見豪華ですが、個人的にはK&Fくらいシンプルでいいです。

というのも、取り出すまでの手間が多いんですよね。

ケースインケースは、「過剰に保護してるな〜」と思い、僕はプラスチックケースしか使わなくなりました。

本体


 nisiK&F
厚み9mm7mm
5.2mm5mm
内枠2mm2mm

枠と内枠は↓のことです。

nisiの方が若干大きいですね。

肝心の色かぶりを比較。確かにNISIはすごい。

やはりnisiの可変は評判どおり優秀ですね。
K&Fの可変フィルタ−は明らかに黄色に色かぶりしていますが、可変といえば本来これが普通です。

nisiを購入するにあたり、Kenko Variable NDXiiと迷いました。

というのも、Kenkoもnisiと同じくらい色かぶりが少ないそうです。ただ、nisiのほうが3000円ほど価格が安いので自分はnisiを選びました。

Kenko Variable NDXii  ¥28,418 (2022/10/03時点)

Xムラを比較。両方出る。互角といっていいでしょう。

可変NDは構造上Xムラは避けられませんが、商品ごとに若干差があります。

換算16mmで撮影した写真で、Xムラを比較していきます。

まずはnisiから↓

nisi TRUE COLOR ND VARIO 1-5stops

5stopになるとさすがに若干Xムラが出ていますが、見比べないとわからないレベルですね。

次に、K&F↓

K&F NANO X ND2-400

K&Fは目盛り表記が曖昧で、1目盛り=1STOPという認識でいいのかが不明ですが、5目盛り(ND32?)まではほとんど目立ちませんでした。

今回のnisiの可変NDは5STOP(ND32)までしか調節できないよう物理的に制限してXムラが出にくい仕様です。

一方、K&F ND2-400は無限に回せますので、ND400までの減光が可能になりますが、Xムラが発生してしまい、広角域では実質ND16~32あたりまでしか使い物なりません。

ただ、望遠レンズになるにしたがってXムラが出にくくなりますので、その場合はND200以上も使用可能になります。

 

ストッパーありの可変NDの特徴
NDの減光量が少ないが、実はXムラが出ていたというカットを減らせる。
物理的な制限があることで、ある意味使いやすい。

ストッパーなしの可変NDの特徴

標準レンズ〜望遠レンズで減光量を増やすことができるが、広角レンズではXムラが出て意味がない。

今回nisiを購入し、K&Fと比較した感想。これなら使う気がでる!

可変NDはXムラと色かぶりが嫌で、動画撮影時にもあまり使うことはありませんでしたが、この色かぶりの無さなら使いたくなりますね。

僕は動画撮影時はほとんどSONY 16-35 F4 Gを使用していて、F4なので5STOP(ND32)で十分なんですよね。

もしND400まで使えたとしても、広角レンズなので結局ND32を超えて使用するとXムラが目立って使えません。

したがって、今回nisiを購入してよかったな〜と思いました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました