SIRUIの自由雲台 K-30Xをレビュー。頑丈すぎ。{コスパ最強}

みなさんこんにちは。

SIRUIとは中国の三脚や雲台を手がけるメーカーですが、この記事を読むと、SIRUIが安かろう悪かろうではないではないといったことがわかるんじゃないかなと思います。

今回はSIRUIの自由雲台K-30Xを使用した感想をレビューします。

もし雲台がわからない方はこちらの記事をご覧ください。

カメラ用三脚の「雲台」とは?主なメーカーや取り付け方法[徹底解説]
みなさんこんにちは。 三脚や雲台っていろんなメーカーと種類があって本当にどれを選んだらいいかわからなくなりますよね。 今回は「雲台」とは?主なメーカーや取り付け方法について解説します。 三脚は一般的に広く認知されていますが...
スポンサーリンク

K-30Xのシリーズ

このシリーズはK-10X~K-40Xまでの4種類があり、数字が大きいほど大きい雲台になっています。

K-10XK-20XK-30XK-40X
実売価格9900円11173円12318円14845円
ボール径33mm38mm44mm54mm
高さ93mm98mm108mm125mm
ベース径49mm54mm60mm75mm
重量380g430g560g840g
耐荷重20kg25kg30kg35kg

標準レンズならばK-10Xでもしっかり止まるが、フリクションコントロールのしやすさはK-40Xに近づくにつれ増していく

フリクションコントロール
半分ほどボールを固定した状態で手の力で押したりしてカメラを動かせる状態のことです。
なにも締め付けていない状態だと当然カメラは重心方向にお辞儀しますし、完璧に固定するとカメラは手で押しても全く動かない状態になってしまいます。したがって、ちょうどいいところに固定する必要がありますが、今回紹介するKシリーズの雲台にはボールの締め付けを調整するツマミにメモリが刻まれていますので、ちょうどいい締め付け具合のところが把握しやすいです。

フリクションコントロールは自由雲台の使いやすさを圧倒的に向上させてくれる機能です。

フリクションコントロールは安い自由雲台にはついてませんので、この価格でつけてくれているSIRUIさんには脱帽です。

K-40Xになると重量が急激に上昇する。ベース径もとても重要で、三脚のベース径とバランスは合わせた方がいいです。

雲台側のベース径の方が大きいと、頭でっかちになります。
高重心になりますので三脚の安定としてはあまりよろしくありません。
少しオーバーな例ですが↓の写真をご覧ください。

まだ右の三脚の方がバランスとしてはマシですね。

三脚の耐荷重にはもちろん雲台の重さも含みますので
そこも考慮した上で雲台を選んであげてください。

他社のK-30Xと競合する自由雲台

ARCA-SWISS Z1


本家アルカスイス製。その名の通りスイスに拠点があるメーカーだ。
スイスは人件費が高いから価格に関してはしょうがないんじゃないかなというところ。

なんと805gあり耐荷重は60kgだ。むしろ耐荷重を考えると軽い方か。

価格は2021年9月現在78000円もする。その他ボール径、ベース径の情報は載ってませんでした。

さすがに、ここまでのスペックを必要とする方は限られるんじゃないかなと思います。
使ったことはありませんが、ボールの動きの良さなどスペックには載らない違いはあるかもしれませんので、余裕のある方は候補にいれてもいいんじゃないかなといった感じです。

RRS BH-55LR

BH-55LR

●参考価格:91300円
●重量:890g
●耐荷重:23kg
●高さ:94mm
●ベース直径:73mm
●ボール径:55mm

L型プレートでも有名なRRSさん。こちらはアメリカ製で人件費が高いですね。人件費は本当価格に反映しやすいなぁ〜と本当に思います。

縦構図用のスリットが2箇所ありとても使いやすそうです。

この雲台、締め付けを調整するノブとフリクションコントロールのノブが分かれていて相当使いやすいそうですね。

K-30Xのような一体型だと、普通に固定したいだけなのに、回す量が増えてしまうという欠点があります。

Leofoto LH-40

ボール径 40mm 
ベース径 57mm 
高さ 85mm
耐荷重量 20kg 
重量 540g

ん…?先程のRRSさんの商品にそっくりですね。
機能も同じといったところでしょうか。

どうなんですかね。RRSの商品の購買層がこちらをチョイスするとは思えないんで、うまく住み分けができてるんじゃないですかね。

ある程度似るのは仕方ないとは思いますがさすがに似すぎな気がしますねw

アルカスイスさんは良くは思っていないかもしれませんが、問題があれば訴訟されていると思いますので、僕らユーザーはそんなこと気にせずチョイスしてもいいと思います。

GITZO センターボール雲台 4型

参考価格:67500円
雲台高:12.5cm 
自重:0.9kg 
最大耐荷重:30kg

ベース径とボール径に関しては記載がなかったのでわかりませんでしたが、0.9kgという重量を考慮すると相当大きいんじゃないかなと思います。

いやーしかし、GITZOのこの雲台が安く感じてしまいますね。

アルカスイスさんやRRSさんの価格を見ると・・

この雲台もかなり使いやすそうで質感も高そうです。

なぜSIRUI K-30Xを購入したのか。

先ほどご覧頂いたように競合商品はかなり高いんですよね。

それに比べてSIRUIのK-30Xはわずか1万円ちょいの価格で耐荷重30kgを実現していて、560gで耐荷重30kgというのは相当チビマッチョだと思います。

耐荷重は参考程度に留めた方がいいんですけどね。

アマチュアの自分としてはもう迷うことなく即決でした。

外観

この雲台は3/8ネジの雲台になりますが、もし三脚側が1/4であっても3/8⇨1/4にするアダプターが付属しているため問題ありません。

8/3の穴にアダプターを入れると1/4になった。

はみ出る。

ただ、付属のアダプターを使うと、はみ出てしまいます。
この状態だと雲台やカメラの重みをネジが支えることになります。

あえてSIRUIさんがこのはみ出るアダプターを採用したのはなにか理由があるのですかね?

もしかしたらブレにも影響する可能性も否めないので別売りのアダプターを買いました。


180円なので同時に購入するといいんじゃないかなと思います。

長さが違う。付属品の方が剛性は高そう。

はみ出しがなくなり、しっかり三脚側に均等に重みがかかるようになりました。

よし完了。

それではManfrottoのトラベル三脚の雲台と比べてみます。

これがボール径30mmと44mmの違い。14mmでこの差

ベース径もかなり違う。海外製の三脚や雲台は3/8が多い。

K-30xは手が触れるところすべてに凸凹加工がされている

緩めた時にカメラが落下しないようにつっかえがあります。過信はできません。

使用感

いやーとにかく頑丈ですね。
Amazonでは固定してもカメラが少しずつ動くとのレビューがあったのですが、そんな感じは一切ありません。もしかしたら個体差はあるかもしれません。

僕の手元にあるK-30Xは僕が体重のほとんどをこの雲台に込めても動きませんね。耐荷重30kgは強ち間違いないと思います。

そして、フリクションコントロールが便利です。
ただし、フリクションコントロールと通常の締め付けが同じノブのため、固定したいだけのときに余分に回さないといけないというデメリットはあります。RRS、GITZO、Leofotoの独立型が羨ましいです。

でも価格が数倍しますからね。

フリクションコントロールの使用感をあげるために

ベースプレートを使用しています。もし搭載するカメラとレンズの合計が500gを下回るとかの軽い機材の場合はいらないかもしれません。

ベースプレートを使用。ボールを緩めた状態にも関わらず倒れることもなく水平を保っている。

この状態の方が三脚が安定し、ブレにくくなるのは誰が見てもわかると思います。雲台にかかる負担も少ないと思います。

ちなみにこれは650gほどのカメラと1.09kgです。この重さだとベースプレートなしでは流石に厳しいです。

厳しいというか、例えば風景などの静止物撮影であっても、バランスが撮れていないと、固定したあとにほんの数ミリお辞儀したり(その数ミリのために再調整しないといけない)緩めて構図の調整といったときに手に負担がかかったりします。

ボールを緩めた状態でもしプレートを使っていないと完全にお辞儀する。

三脚座がある場合はある程度重心は保たれるかもしれませんが、ないレンズの場合はプレートを絶対に装着したほうがいいですね。※特にフルサイズF2.8ズームなどの場合は。

フリクションコントロールができるように半固定

例えば↑の写真の場合。
半固定して、完全にカメラが静止しているが、手でカメラを持って動かすと普通に動く。フリクションコントロールができる状態だ。
もしベースプレートがなければもっと重心は前になるため、確実に重力に負けてしまう状況だ。

ちなみにこれより前に倒すとベースプレートがあってもバタンと倒れてしまう。理由はバランスがもう後ろに残っていないからだがそれは致し方ないだろう。

それを踏まえてもベースプレートがあれば、フリクションコントロールの制御幅が広がることは明らかだ。

マクロ撮影や、ちょっとした俯瞰撮影もできてとても便利です。

僕はLeofotoのNR-140を使っているが、もっと安価なモデルもあります。


シグマの超望遠レンズ(2.1kg)を固定

150-600mmの2.1kgの望遠レンズを買う予定なので載せた感想をまた追記しますね。

シグマの150-600mm DG DNを買いました!
150-600mmレビュー記事

600mmにズームしてバランスを取ろうとすると三脚座が若干はみでる。

三脚座ってズームしていないときに一番バランスがいいように設計されてるっぽいですね。望遠レンズなのだから望遠側に合わせて設計で良かった気がする・・・
だがこれだけホールドできればアルカスイスの強度なら大丈夫じゃないかなと思います。もし解決するならば長めのアルカスイスプレートを使えばOK。

そして↑の写真の状況で固定しなくても完全に静止しました。先ほども言いましたが、この状態になれば固定してからレンズが若干したを向いて画角がズレるといったことも起こりにくいです。
ある程度固定すると、全然フリクションコントロールで制御できました。

長秒露光で他雲台と撮り比べ

家の中なので無風ですが、600mmで雲台別の撮り比べをしました。
逆に風が吹くとフェアじゃないのでこれでよかったかもしれません。

600mmSS8秒

600mmSS15秒

600mmSS30秒

思ったよりベルボンPHD-65Qという3way雲台がすごくてびっくりです。

いやーK-30Xも十分なパフォーマンスです。

G4は大丈夫か?

まとめ

今回K-30Xを使用してSIRUIの製品には感銘を受けました。
この価格でこのクオリティで作れるのかと。

締め付け強度や剛性に関して全く文句がありません。

フリクションコントロールは独立ノブで操作できたらもっとよかったかもしれませんけど、そこは価格を考慮すると仕方がないといったところでしょうか。そこまで不満には思ってません。

いやーSIRUIさんの三脚も欲しくなってきました。しかし、SIRUIさんの三脚はLeofotoに比べるとかなり安いのですが、全体的に少し重いんですよね。

ここまでご覧いただき、ありがとうございました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました