INPON 小指掛け専用クイックリリースプレートを使用しなくなった理由5選。プレートの形には注意。

地面に置いた時に斜めになる。

みなさんこんにちは渋たかです。

カメラのグリップ補助として、カメラメーカー純正商品や、RRSやSmallRigなどを検討されると思います。

これらのメーカーに関しては

INPON L型クイックリリースブラケットをレビュー。RSS Leofoto SmallRigとも迷いました。
みなさんこんにちは。 今回は自分がa7iiiとa7Riiiに装着しているINPON製のL型クイックリリースブラケットをレビューします。 所謂Lブラケットというものです。 a9にも使用可能です。 結論からいいま...

こちらの記事で考察しております。
そして、上記の記事ではInponL型クイックリリースプレートをレビューしています。

今回登場するInponではなく他社のプレートの購入を検討されている方でも、プレートの形が使用感に直結して非常に重要になってきますので、今回の記事をご参考ください!


結論からいいますと、↑のL型クイックリリースプレートが良過ぎたため、
もう一つ同じものをリピート購入しました。
※a9専用になっていますが、a7iiiやa7Riiiにも使えます。


そして、こちらの小指掛け専用クイックリリースプレートは使用しなくなりました

そのことについて深掘りしていきます。

スポンサーリンク

Inpon 小指掛け専用クイックリリースプレートを使用しなくなった理由

地面に置いた時に斜めになる

←が小指掛け専用。→はL型ブラケット

この写真のように小指掛け専用はグリップ部分だけ間延びしたデザインになっており、これに関しては人によってはデメリットに感じない人もいると思います。自分はカメラを置いてブログ用の写真を撮ったり、そもそも物撮りとしてカメラを撮るのが好きなので置いたときに斜めになるのは好ましくありません。

↑の写真はL型ブラケットなのでフラットにして撮影できます。

その分グリップ力は抜群なので長所に感じる方もいらっしゃると思います。

やはり三脚で縦構図にできないのは辛い

近年ブームのインスタグラムは縦構図の写真が相性がいいため縦構図で撮る方が増えたと思います。

小指掛け専用ということは、サイドにプレートがないため縦構図で三脚に固定することができません

厳密にいうとできるのですが重心がかなり傾くため、安定性が悪く三脚が転倒してカメラを壊してしまう危険性もあります

Lブラケットなしでも 雲台の向きを変えれば一応縦構図で撮れる。

そのため常用するのは危険であくまで緊急用といったところでしょうか。

このときにLブラケットを装着していれば安定します。

L型プレートを使用

ちなみにこれで左右のバランスは中心にきましたが、前後のバランスは、レンズが大きければ大きいほどフロントヘビーになります。

ですのでベースプレートを使って重心をずらせばさらに重心は完璧になります。

Leofotoのベースプレートを使用

 

重心を整えると長秒露光で風の影響を受けづらくなります

小指をかける部分の厚みが厚いので嵩張る

タイトなバッグで出し入れがしにくい。

重い

←が小指掛け専用94g。→はL型ブラケット73.3g

なんとLブラケットより重いです。たかが20g、されど20g
小指掛け専用は六角レンチを収納できるためその分の重量があるのかもしれません。

防水性が心配

Lブラケット バッテリーカバーはカメラ本体に装着したまま。

小指掛け専用 プレートにバッテリーカバーを取り付ける。

これにより水が内部に侵入する可能性は上がると思います。

以上5点が不満になり、Lブラケットを購入し大満足なのでもう一つリピート購入しました。

まとめ

自分はこのような結論になりましたが、人によっては逆になるとも思いました。

例えば小指掛け専用は小指部分のスペースが膨らんでいなくて、縦に長いため、かなり持ちやすくなります。

本質的には持ちやすくするためのアイテムなのでサイズは二の次といったところでしょう。

ですので縦構図をあまり使用しないといった方にとっては、その他欠点を理解したうえで、グリップ力が安定している小指掛け専用をチョイスするのがいいと思いました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました