INPON L型クイックリリースブラケットをレビュー。RSS Leofoto SmallRigとも迷いました。

安定している

みなさんこんにちは。

今回は自分がa7iiiとa7Riiiに装着しているINPON製のL型クイックリリースブラケットをレビューします。

所謂Lブラケットというものです。

カメラを購入したら絶対に{L型ブラケット}も必要な理由。
カメラをエンジョイするみなさんL型ブラケットはご利用ですか? これからカメラを始める方に向けて、まずはじめにL型ブラケットがなにかというお話からさせていただきます。 L型ブラケットとは? カメラの周りに取り付けるパーツになります。...

a9にも使用可能です。

結論からいいますとこの商品最高です。

一応L型プレートの有名どころはRRSというメーカーさんなのですが、3万円以上とかなり高価です。

それに続いてLeofotoさんが約1万円。

もっと安価なSmallRigさんの商品が約5000円でかなりの人気を誇っています。

自分はさらに安いINPONさんのL型クイックリリースブラケットを選びました

その理由と使用した感想を記事にします。

スポンサーリンク

カメラプレート各メーカー特徴

まずはじめにSONY純正なのですが、a7iii用のグリップ補助は2種類販売していて


どちらもL型プレートではありませんので今回はスルーします。

恐らくNikonさんやCanonさんなどの純正部品も価格が高く、種類が少ないと思いますので、SmallRigさんのLブラケットを検討される方も多いと思いますのでこの記事をご参考ください。

INPONさんはSONY用に多くの商品を投入していて、CanonとNikon用はあまり数が多くありません。
Inponさんは無名なので他の無名の中国製LブラケットにあてはめていただいてもOKかと思います。
質や使用感は似たものが多いと思いますので。

では先ほど申し上げた、RSS,Leofoto,SmallRig,Inponについて特徴を書きたいと思います。

ここから紹介する商品は全てa7iii,a7Riii,a9用のLブラケットになります。

RSS

RSSは1990 年にBryan Geyer(ブライアン・ガイヤー)が、流通しているカメラプレートの品質に満足できず、自らプレートを作って販売したことから始まったメーカーです。

もうこれを聞くだけで品質がいいんだろうな〜と想像できますね。

BA9-LSet ¥36,850

しかし価格が高すぎる、、

Leofoto

残りの3社は中国製です。
中国製の中でもランクがあり、LeofotoはスマホでいうとHUAWEIのような、決して安かろう悪かろうではなく、かなりの商品力があるメーカーです。


中国製にしては高価ですがそれでも品質はかなり高いと評判です。
三脚を中心に販売しており、自分も三脚を所有していますがコスパ最高です^^

SmallRig

SmallRigはモバイルバッテリーのAnkerのような、安くてそこそこの品質の商品を出していてコスパの高い人気なメーカーというイメージです。
名前の通りリグを中心に販売しており、L型プレート製造も朝飯前でしょう。


ただこれに関しては大きすぎるかと。

Inpon

Inponは中国製の中の中国製です。

無名だけどなんとなく自分の肌感覚で信頼できる中国メーカーってありませんか?
モバイルバッテリーでいうAnkerほど有名ではないCheeroとかRAVPOWERのようなイメージです。(完全に主観です)
僕個人的なINPONの印象は、名前は卑猥だし、SmallRigほど有名ではないけれど、なんとなく信用できます。

4社のL型プレート特徴

まずはこちらをご覧ください。

※全てa7iii,a7Riii,a9用のL型プレートの比較です。

 RRSLeofotoSmallRIgInpon
価格36,850円(ヨドバシ価格)10820円(Amazon価格)5,416円(SmallRig直販)3,390円(Amazon価格)
生産国アメリカ中国中国中国
ランク(ノリ)
底の厚み厚い薄い厚い薄い
小指のせる部分膨らみなし(握りやすい)膨らみあり(握りにくい)膨らみあり(握りにくい)膨らみあり(握りにくい)
重量142g76g245g73.3g
知名度有名有名有名無名
バッテリーの蓋プレートに取り付けカメラ本体につけたままカメラ本体につけたままカメラ本体につけたまま

ご覧の通り、バッテリーに蓋を取り付けできる仕様のRSSは、小指のせる部分の膨らみをなくすことができ握りやすいです。

バッテリーの蓋をプレートに取り付ける仕様

Inpon製、小指掛け専用クイックリリースプレート

プレートに蓋を取り付ける。

プレートに蓋を取り付ける。

↑はINPONさんの小指掛け専用プレート(縦構図不可)なので今回の比較には登場しませんがこちらもRSSさんとおなじ仕様になっていて、蓋をカメラ本体から取り外しプレートに取り付けします。

小指掛け専用プレートに関してはこちらの記事でレビューしています。

INPON 小指掛け専用クイックリリースプレートを使用しなくなった理由5選。プレートの形には注意。
みなさんこんにちは渋たかです。 カメラのグリップ補助として、カメラメーカー純正商品や、RRSやSmallRigなどを検討されると思います。 これらのメーカーに関しては こちらの記事で考察しております。 そして、上...

こちらのINPON製のものは防水性が心配ですが、RSSさんの商品はパッキンシールが施されているようです。

バッテリーの蓋を本体につけたままにする仕様

バッテリーの蓋はカメラ本体に装着したまま。

蓋を開けても干渉しないように設計されている。

ご覧のようにグリップの延長部分が膨んでいると思います。

小指だけ浮き上がった状態で握ることになるため、持ちにくいです。

INPONさんのL型クイックリリースブラケットを購入した理由

価格が安い

INPONさんの商品が一番安いです。

三脚に固定して使用する部分ではあるのである程度信頼性は欲しいところですが、固定方法はどれも六角で止めるだけの同じ方法で、アルカスイスということもあり、雲台との設置面の大きさも同じです。

ですのでそこまで剛性の差別化はできないのではと思い、価格が安いSmallrigさんとInponさんに絞りました。

細かい組み立て精度、削り出し精度の違いなのか、SmallRigとInpon製にはカメラ底面に傷がついたとのレビューもありますので、そこは注意すべき点です

底の厚みが薄い

なるべく薄い方がカバンに収納しやすいので。

軽い

SmallRigは重過ぎますね。
a7iiiのコンパクトさが台無しだと思います。

購入した結果(良かった点)

やはり底が薄いほうのは持ち運びやすい

同社小指掛け専用プレートや他社製品に比べ薄型なので、本体の高さが抑えられる。

タイトなカバンでこのコンパクトさはありがたいです。

軽い

安定している

たったの73.3g
持った感じの印象はプレートをつけていない状態とほぼかわりません。

剛性に不満なし

ベースプレートを使用

雲台に固定してもまったくグラつくことはありません。

またカメラの底面(接地面)の傷も今の所ありません。

問題なく蓋を開閉できる

もちろんバッテリーの蓋は問題なく開閉しますし、ケーブル類の蓋もOK

もちろんケーブル系の蓋も干渉なく開く。

購入した結果(悪かった点)

小指部分の膨らみ

小指部分の膨らみ

やはり持った時に少し気になる
しかし、慣れるとあまり気ならなくなってきます。

側面にネジ穴がない

動画を撮影する方など、人によっては拡張性が低いと感じるかもしれません。

個人的にはなくてもOKです。

それくれいですかね〜悪い点は。

価格も安いですし、かなりおすすめです。

最後までご覧いただきありがとうございました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました