カメラを購入したら絶対に{L型ブラケット}も必要な理由。

カメラをエンジョイするみなさんL型ブラケットはご利用ですか?

これからカメラを始める方に向けて、まずはじめにL型ブラケットがなにかというお話からさせていただきます。

スポンサーリンク

L型ブラケットとは?

カメラの周りに取り付けるパーツになります。

カメラ保護、三脚との連携、小指あまり解消などかなりのメリットがありますので、順に解説していこうと思います。

これはもう必需品と言ってもいいです。

個人的にはカメラストラップより重要w

ちなみに価格は3000円〜30000円程となっています。個人的な意見ですが3000円のものでも十分です。

L型ブラケットの選び方について詳しくはこちらの記事をご覧下さい。

INPON L型クイックリリースブラケットをレビュー。RSS Leofoto SmallRigとも迷いました。
みなさんこんにちは。 今回は自分がa7iiiとa7Riiiに装着しているINPON製のL型クイックリリースブラケットをレビューします。 所謂Lブラケットというものです。 a9にも使用可能です。 結論からいいま...
小指あまりとは
グリップが小さいカメラを持った時に、グリップから小指がはみ出している状態のことです。

外観

安定している


僕はa7iiiとa7Riiiにこちらを使用しています。
※a9専用と書いてますが同じボディ形状ですので、a7iiiやa7Riiiでも使えます。
専用設計なので当然ですがポン付けできます。
底部分は横構図で使用し、側面部分は縦構図で使用します。

Amazonなどで、「(ご自身がお使いの)カメラ名 Lブラケット」などと調べると出てくると思います。

もし専用品がない場合は汎用品にする必要がありますね。

自分が購入したINPONさんのLブラケットについては↓の通りです。

バッテリーの蓋はカメラ本体に装着したまま。

蓋を開けても干渉しないように設計されている。

もちろんケーブル系の蓋も干渉なく開く。

同社小指掛け専用プレートや他社製品に比べ薄型なので、本体の高さが抑えられる。

同社小指掛け専用はこちらのことです。

タイトなカメラバッグにも入りやすいです。

レンズを装着したイメージ

Lブラケットを使用するメリット

そのまま三脚に固定できる。

L型プレートの底はアルカスイス互換になっているため、アルカスイス互換に対応した雲台へそのまま装着できます。

別途プレートが不要のため底だけが膨れた形状にならずスッキリしますね。

縦構図で使用できる。

L型プレートなしでも↓のように一応縦構図にはできるのですが・・・

L型プレートなしでも雲台の向きを変えれば一応縦構図で撮れます。

重心がかなり傾いているのがわかると思います。

この状態だと三脚転倒の原因になりカメラを壊してしまう原因にもなりますし、ブレが発生しやすくなります。

L型プレートを使用

安定性が一目瞭然だと思います。

ちなみに自分はこれでも前後の重心の偏りが気になるため、Leofotoさんのベースプレートを使用しています。

ベースプレートを使用

これで重心はかなり安定する。

↑は足の最大径が22mmの細い三脚ですがこの三脚にフルサイズカメラをのせて使用していますが30秒露光でもブレずに撮影できます。

ですので今ではこの三脚が一番使用頻度が高いです。

しかし、過信は禁物で風が強かったり脚を伸ばしてEVを伸ばして望遠レンズを使うなどするとやはり厳しさがあります。

そのような状況ですと脚が太い三脚がベストです。

ですが太い三脚はその分、重量がKG単位で変わってきます。

36mmの三脚も所有していますが、自分は車移動のときにしか使いません。

小指あまりを解消できる。

ミラーレスカメラは小型化に成功した分、一眼レフカメラに比べてグリップも小型化している傾向にあります。

そのため手が大きい男性が使うと小指の置き場がなくなるという状況が発生します。

通常はそれでも問題ないとは思うのですが、フルサイズカメラだとレンズが巨大なため、グリップ力が必要になってきます。

そのときに、L型プレートを使用すると、グリップが延長され小指を置けるようになりますので握りやすくなります。

特に小型軽量モデルを使ってる方はグリップの延長はかなり恩恵を受けるはずです。

カメラボディの保護になる。

直接地面に置くことも気軽にできるようになりますし、万が一落下した際にもブラケット部分から落ちた場合にはカメラのボディが保護されることになります。これはとんでもないメリットです。

三脚に固定したときに緩んで構図がズレるってことがない。

プレートが緩んで向きが変わる

このようにLブラケットを使用せず普通にプレートを取り付けた場合、緩んでくることがあります。
三脚に固定していると負荷がかかりますので緩みやすい状況になります。
緩むと構図がかわってしまうので、再び強く締める必要がありますがその作業がめんどくさいんですよね・・
六角レンチを持っている必要がありますしね。

しっかりと専用のLブラケットを使用すると、カメラのボディのくぼみに合わせてLブラケットも作られていますので
六角ネジだけに負荷がかかることがないので緩みにくいんですよね。
仮に緩んだとしてもすぐに構図が動くといったことは起きにくいです。

横構図から縦構図への変更時に構図が変わらない。

雲台で縦構図にした場合

この場合、構図がずれてしまう。

Lブラケットを使用した場合。

三脚位置を変える必要がありませんので便利です。

Lブラケットを使用するデメリット

サイズが大きくなる。

単純にLブラケットを装着した分大きくなりますのでバッグへの収納など持ち運び面で不利になります。

物によっては200gくらいの物もあります。

その領域まできちゃいますと、例えばミラーレスカメラに装着した場合、小型軽量の恩恵が消えてしまいますので本末転倒に、、

ですので自分は73.3gと、比較的軽量のものを選びました。

カメラとの設置面にすれ傷がつく可能性がある。

装着してから半年以上経つ自分のカメラはまだついていませんが、たとえ高価なLブラケットだとしてもカメラに接している以上、傷がつく可能性はゼロとは言い切れないんじゃないかなと思います。

自分が使っているINPONさんの商品にも実際にそのようなレビューも見受けられました。

しかし、そのまま裸で使っていたとしたらもっと傷がつくと思います。
いくらカメラを大事にしている人でも毎回確実に、カメラをそっと置くといったことをできる人は少数派だと思うからです。仮にできたとしてもかなり神経を使いますしね。

まとめ

ご覧の通りメリットだらけなんですよね・・!

近年はインスタグラムの登場で一眼レフでも縦構図はもはや当たり前になってきましたね。

三脚にカメラを固定して縦構図にする場合、Lブラケットがあった方が絶対に便利です。

まだお持ちでない方はぜひ検討してみてください^^

コメント

タイトルとURLをコピーしました