Leofotoの三脚 LS-365C&ギア雲台 G4をレビュー。コンパクトさと強度を両立した三脚!!

みなさんこんにちは。

LeofotoのLS365C(三脚)とG4(雲台)購入してから8ヶ月経ちましたのでレビューしたいと思います。

もしも検討されている方の参考になりましたら幸いです。

もしギア雲台がわからない方はこちらをご覧ください。

三脚の上に取り付ける{雲台}の種類と用途に応じた選び方。
みなさんこんにちは。 雲台の種類とそれぞれのメリット・デメリット、用途に応じた選び方について解説する試みです! 4本立てで三脚と雲台についてを解説しています。 ①「雲台」とは?主なメーカーや取り付け方法 ②雲台の種類と用途に...

スポンサーリンク

Leofotoとは?

ここ最近頭角を表し始めた中国の三脚メーカー。
Leofoto自体は2014年に設立されましたが、それ以前に10年以上OEMで三脚製作をしていたそうです。

安価な三脚のパーツは鋳造で製造されることが多い。

鋳造製造のイメージ

鋳造とは
材料を熱で溶かして液体にし、その液体を型にはめ込み、そのまま冷えて固まり部品完成!といった感じです。

わかりやすく例えると、たい焼き機やたこ焼き機を想像してください。
たい焼きの型がありそこに液体を流し込み固形にする。

この方法だと安価に大量生産が可能な一方、製品によってバラつきが発生してしまったり液体を流し込んだときに気泡も入ってしまうので強度が低下してしまうのです。

一方Leofotoの三脚はCNC旋盤で製造されています。
これは完成後の形や大きさなどをあらかじめプログラムしコンピューター制御によって、素材が固形のまま削り出しが行われます。
これによって強度が保たれ、品質のばらつきも少なくなります。

かなり品質にこだわりを持って製造されているなといった感じです。
実際にLeofotoはプロへ向け作ってるといってます。

決して低価格ではないのですがGITZOに比べると1/2~1/3といった感じです。

質的には金額差ほど違いはないと思いますが、製品っていうのはそういうものである一定の価格を超えると少しの性能アップやブランドイメージで価格が2倍!といったことになるんですよね。こういうのは三脚に限らずよくあります。

それでも需要があるからGITZOは売れます。

僕のようなGITZOの三脚が欲しいけど金額的にちょっと・・・というハイアマチュアの方にはとてもいい選択肢なんじゃないかなと思います。

スペック

LS-365cのスペック

全伸長
1,835mm
伸長
1,520mm
最低高
80mm
収納高
480mm
段数
5
耐荷重
20kg
重量
パイプ径
36/32/28/25/22mm
材質
10層カーボン
1,770g

36mmなのにも関わらず480mmという収納高を確保しているのは5段であるが故だ。

一番⇦がLS-365c。当然だが隣の3段よりも収納高が短い。

耐荷重は20kgと、このパイプ径になれば5段であっても関係ないといった感じだ。

ちなみに品名の「LS」とはLeofotoの三脚のラインナップであるレンジャーシリーズの略で、このモデルはコンパクトさと剛性を兼ね備えている。

ネットでのレビューなどを見る限り人気なのは圧倒的にこのシリーズですね。

コンパクトの理由はセンターポールが取り外し式だからだ。

そして品名の「365」は36mmの5段ということです。

他の商品もそのような商品名表記になっており、径と段かなりわかりやすくなっている。

G4のスペック

高さ
108mm
ベース径
60mm
素材
超々ジュラルミン
カメラ取付ネジ
UNC 1/4″
三脚取付ネジ
UNC 3/8″-16
付属プレート型番
NP-60
耐荷重量
20kg
重量
690g

あまり馴染みのないギア雲台。
中々の重量になっているがこれでもまだ軽い方で、ギア雲台は1kgといったのが当たり前の世界です。

同じLeofotoさんのギア雲台でG2というモデルがあり、それであれば半分の重量ですが、G2はそのままだとかなり使い勝手が悪いので、別に自由雲台などを取り付ける必要があります。

そうなると結局重量でのメリットはないなという印象でしたのでG4にしました!

LS-364C,LS-324C,LS-323Cと比較

 LS365CLS364CLS324CLS323C
希望商売価格60093円55000円49500円35647円
全伸長1835mm1800mm1625mm1835mm
伸長1520mm1480mm1305mm1520mm
最低高80mm80mm85mm95mm
収納高480mm540mm485mm650mm
段数5443
耐荷重20kg25kg15kg20kg
重量1770g1770g13901520g
36/32/28/25/22mm36/32/28/25mm32/28/25/22mm32/28/25mm

同じLeofotoのLS-324CやLS-323Cと迷いましたが、324は32mm/28mm/25mm/22mmなので365から36径の上段部分だけを抜いた仕様ですね。

逆にいうと、365の最下段(22mm)を出さなければ36/32/28/25となり、完全に324の上位互換となってしまいます。

365mmの最下段を出さなければ364と同じ径となり、もはや365Cの耐荷重は364の25kgと思って頂いていいんじゃないですかね。
(最下段を出さなければ)

逆に324も最下段を出さなければ耐荷重が20kgと思っていただいていいと思います。(保証はしませんw)

油断は禁物だが、段数が多い方が汎用性を持った三脚であるという風には思っていただいていいんじゃないかなと思います。

ちなみに僕の身長では最下段出さなくても大丈夫そうです。
アイレベルまで上げる必要って別になくてなるべく三脚を短くして安定を確保したほうがいいと思いますね。

では収納高が大きすぎる323Cを選ぶ価値はないのかというとそういうわけではなく、圧倒的な価格の安さとなっています。

それに3段三脚って収納高さえ気にならなければかなり使いやすいんですよね。安定しますし、組み立て収納がかなり楽ですしね。

付属品や外観

LS-365C

フックは撮影するの忘れていて、あとから合成してます。

・三脚本体
・説明書
・石突
・センターポール
・六角
・ケース
・フック

説明書には日本語表記はなかったが、図を見るとノリでわかりますw

ちなみにこのケースは余裕を持たせた作りになっておりG4を装着した状態で三脚を収納することができました。自由雲台なら大体は入るんじゃないかなと思います。

センターポール専用のスペースもあり


おぉー非常にかっこいいと思います。
「レオフォトーー!」の主張が激しいので気になる方は気になるかもw

3/8の状態ですが、ネジの外側だけ伸縮するようにできていまして、縮めると1/4モードになる。

雲台接続部のネジは1/4と3/8両対応です。

裏面に1/4の雌ネジあり。付属品のフックはここに取り付ける。

錘用のフックは非常に便利だ。
だけど少しチープなのと、固定されずにブラブラする仕様。常時つけっぱなしにするとゆらゆら揺れてすこし気を遣う。ブレの原因にもなりそうですしね。

通常はカラビナを取り外しネジだけ差し込んでおいて必要な際にすぐにカラビナを取りつけれる状態にしとくというのもありだと思います。

側面に1/4の雌ネジを装備

ここは外部パーツを固定するのに使うらしい。(スマホホルダーなど)

日本製10層カーボンの質感

脚は取り外し可能
石突は差し替える仕様。割とめんどくさい。



ベルボンの可変石突セットにしようか迷っていますw
ゴムとアルミが自在に変更できるのでこちらだとかなり便利ですね。

85°。最低高は脅威の8cm。

55°

23°

EV取り付け、伸縮の有無

筆者の身長は170cmだ。ダル着ジャングルですみません。

まぁしかしセンターポールを持ち歩いたことは一度もありませんw
僕の身長(しんちょう)だと伸長(しんちょう)だけで普通に賄えます。

・・・

はい。

そういう意味でもセンターポールをつけない前提の仕様のレンジャーシリーズは僕に合っていますね。

G4


届いた時の状況を再現w

G4(雲台本体)
NP-60(アルカスイスプレート)
説明書

あ、あと六角もあったような気がします。

思ったよりプレートが小さかったですね。Lブラケットを使っていますので、こちらのプレートは自宅謹慎です。

もちろんプレートは指で回せる仕様になっている。

では雲台

内部のギア部分がかろうじて見える

LS365cの付属品を使って六角を回すと

クランプが外れますのでお好きなクランプに変更可能

実際のG4の動きや挙動についてはこちらの記事で動く写真でわかりやすく紹介してます。

使用した感想

買って良かった!

三脚雲台ともに大満足です。

合わせて10万円ちょいぐらいしまして自分にとっては決して安い金額ではありませんでしたが、三脚って頻繁に買い替えるものでもないので、少し背伸びをしましたw

自分の使用環境で言いますと、フルサイズa7Riiiと24-70mmF2.8 DG DNなどを載せて雲台の重量も考慮して、ざっと2170gになります。
それでもまだまだ余裕がある感じです。

角形フィルターシステムを搭載することもある。

36mmにもなるとかなり太い。

ギア雲台G4もかなり使っていて、風景に物撮りにと大活躍です。些細な構図のズレが致命的になる風景や物撮り。固定された状態で微調整が可能なのはものすごいアドバンテージですね。
もう手放せないものになってます。

LS-365C+G4 超望遠600mm(2.1kg)のレンズでブレチェック

LS-365C+G4にシグマ150-600mm DG DNを搭載し、ブレのチェックを行いましたーー!

150-600mmDG DN2.1kg+a7Riii 700g

状況は↑の写真の通り。
セルフタイマーは5秒で撮影していますので、シャッターでの手ブレもさすがに収束してると思われます。

それではみていきましょう!

シャッタースピード5秒でかなりブレて「なんじゃこりゃ!?」と思っていましたが、レンズの手ぶれ補正がONになっていました。

なるほど!そう。三脚に載せて撮るときは手ぶれ補正はOFFにしないといけないんですね。

今まで広角や標準ズームではボディ内手ぶれ補正ONにしたまま三脚で撮影していることもありまして、そこまで影響はないイメージだったんですが、望遠レンズのレンズ内手ぶれ補正ではONにしているとかなりブレるんですね。

仕切り直し!

先程のままではわかりにくいので拡大します。

F6.3 SS0.4秒

F6.3 SS1

F9 SS2

F13 SS4

F16 SS6

F8 SS30 ND2枚重ね。

全てND64を使って撮っていますがSS30秒のものはND16も重ね付けしているため解像度低下もあるかもしれません。
F値も若干異なっていますのでブレのチェックだけお願いします!

こう見るとSS2秒のときが一番ブレていませんね。
このときは風が吹いていました。めちゃくちゃ強い風!ってわけではありませんが。
SS2秒の時に風が少し弱まったのかもしれません。

逆に言うと風の影響をかなり受けるんだなと思いました。超望遠の宿命かもしれませんね。

風のない状況で他社雲台と比較したものがこちらになります。

600mmSS8秒

600mmSS15秒

600mmSS30秒

ちなみにこちらの雲台の比較で使用した三脚はLS365Cではなくベルボンシェルパ635iiを使用していることをご留意願います。

Velbon シェルパ635

こちらはすべて全く風のない同じ条件でF14で撮影していますので少しは参考になるんじゃないかなと思います。

少し後悔している点

少し後悔していることもあります。

それはLS-365Cを買うお金に1万円足すとLS-284CLS-323Cを二つ買えてしまう点です。

LS365CLS323CLS284C
実売価格49500円25,800円32,670円
重量1770g1520g1120g

LS-365Cはとても良い三脚ですが、1,77KGあります。
ギア雲台も合わせると、2.46kgですね。

ここまでくるといくらコンパクトな5段でも重量は関係なくのしかかります。

一方LS-284Cは1120gでコンパクトな上に軽量です。

つまり、

車移動LS323C
徒歩移動LS284C

といった使い方ができるのです。

というわけでLS-284CLS-323Cを二つ買うのも相当ありなんじゃないかなと思いますね。

そんな感じです!ここまでお読みいただきありがとうございました!!


コメント

タイトルとURLをコピーしました