同じ露出で撮影する場合にF値とシャッタースピードの値でノイズが変わるのか検証してみた。

みなさんこんにちは。

①ISO4000-シャッタースピード上げ-F値下げ

②ISO4000-シャッタースピード下げ-F値上げ

①と②が同じ露出になるように撮影した場合、ノイズの量に差異があるのかを検証してみました。

結論からお話しますと、ノイズ量は同じと思って頂いてOKです。

ISOを固定した際、シャッタースピードとF値の値でノイズ量は変わるのか

この記事で貼る全ての写真は、RAWを無編集でJPGに書き出していますのでなんの補正もかかっていません。

こちらの写真を比較していきます。

F値を下げてシャッタースピードを上げた場合(ISO4000 F1.2 1-4000)

F値を上げてシャッタースピードを遅くした場合(ISO4000 F7.1 1-100)

←スライドできます→

ほぼ同じですね。

ほかにもISO200の場合やISO2000の場合なども撮り比べてみたのですが、結果は変わらなかったので写真掲載は省略させていただきます。

部屋の照明をON.OFFしたときの適正露出でのノイズの違い

このままではあっけないので、以下の比較もしました。

部屋の照明をONにしてハイスピードで撮った時

部屋の照明をOFFにして遅めのシャッタースピードで撮った時

←スライドできます→

若干色の違いはありますが、ノイズ的にはまったく変わりません。

まとめ

ISOが同じで最終的な露出が同じであれば、F値とシャッタースピードはノイズに影響をもたらさない。

そのような検証結果となりました。

↓のような比較もしましたので興味がある方は是非御覧ください。

撮影時にISOを上げた場合と編集で露光量をあげた場合でノイズの量は変わるのか。
ISOを上げるとノイズが増えるのはご存知ですよね。 そして、編集で露光量を上げ、暗い写真を明るくしたときにもノイズが出ますよね。 基本は現地でシャッタースピードやF値でISOを抑えながら適正露出で撮るのが一番ですが、どうしても光が足らな...
「衝撃」被写界深度の深さと背景ボケの大きさは比例しない。
よく望遠ほど被写界深度が浅いといわれていて、なおかつ被写界深度が浅い=背景がボケると言われていますが、必ずしもそうなるわけではありません。 実は被写界深度が浅い写真と深い写真を比べて、深い写真の方が背景がボケているという状況はあり得ま...

コメント

タイトルとURLをコピーしました